てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018-HINOTORI- in 日産スタジアム(8/5)

日産スタジアムに行ってきました。

この日は猛暑日。「命にかかわる暑さ」というけど、本当にそれを体感しました。水分はもちろん、保冷剤、ヒヤロン、塩飴(タブレット)は必須です。私はこれらに救われました。マジで。夏のライブは今まで何回か参加したけど、人生で体験したことない暑さでした。

席はアリーナFブロック。スタジアム全体からすれば近い方だと思います。席に着くと涼しい風が吹いて気持ち良かったです。私のところは日が当たっていませんでしたけど、1階席の一部では17時ごろでも日が当たっていて、あそこの席は大変だな~って思いました。

では、ここからネタバレになります。
ネタバレダメな人は見ちゃだめだよ!

では、どうぞ。

BlogPaint






続きを読む

真夏の通り雨

NHKのSONGSという番組で宇多田ヒカルさんが出演したとき、小田和正さんがVTRで宇多田ヒカルさんの「真夏の通り雨」という曲について次のようにコメントをしていました。

最後にそのすべてを象徴するように、
突然『止まない真夏の通り雨』と歌います。
息をのむようでした。
そうか。通り雨なのに止まないのか。
何度聴いてもそう思いました。


それについて宇多田さんはこう言っていました。

「私がもしその瞬間死んじゃったら私にとってはそれは「降りやまなかった雨」になるんで。次の瞬間があるという前提がないということですね。」

この二人の話を聞いてぶわっと鳥肌が立ちました。
なぜか「映画ドラゴンボールZ 神と神」というタイトルを思い出しました。

真夏の通り雨の歌詞

「真夏の通り雨」という曲はイントロなしに次の歌詞から曲が始まります。

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界 もう幻


夢は、夢を見ている間はそれは夢とは認識しておらず、夢から覚めて初めて「今のは夢だった」と認識します。それは、通り雨は雨が通り過ぎてからようやく「通り雨」と認識できるのと同じように。冒頭の歌詞と後半の歌詞はこのようにつながっていたんですね。


「降り止まぬ」と「通り雨」というのは矛盾します。「通り雨」と認識しながらもそれが「降り止まない」と思っています。その瞬間死んでしまうかもしれない「私」の主観的な視点であれば「降り止まない真夏の雨」となっていたでしょう。これは、客観的な時間軸(未来を思っていつかこの雨はやむだろうと思う人の時間軸)と、主観的な時間軸(次の瞬間があるという前提がない「私」の時間軸)にずれが生じる自己矛盾みたいなものを「降り止まぬ 真夏の通り雨」と表しているんじゃないか、と。それは、月日は次々と変わっていくのに思い出にしがみついて悲しみから抜けられない私。夢から覚めたにもかかわらず、再び瞼を閉じて夢に戻ろうとする感情ともリンクすると思います。

ざっくり言うと「君の名は。」のトリックを歌詞に取り入れた、みたいな。小説や漫画が好きな宇多田さんならではの歌詞なのかもしれません。よく読むとこの曲の歌詞には、そういう時間軸のずれがあるフレーズがいくつも出現しています。

さっきまであなたがいた未来

「未来」という言葉を過去形で修飾していたり、

揺れる若葉に手を伸ばし

木々が芽吹く 月日巡る

「真夏の通り雨」というタイトルでありながら、「若葉」や「芽吹く」と初夏に使うような季語が出てきます。また、「初夏」と「真夏」のずれというのが絶妙だと思うんですよ。春、夏、秋、冬、それぞれ1cm間隔だとすると初夏と真夏は2.8mmぐらいの職人技。気づく人は気づくけど、気づかない人は気づかない微妙で繊細なずれ。

複雑になればなるほど説明を加えたくなって言葉を足してしまいそうですが、歌詞って文字数が制限されています。こんなにも複雑な感情を短いフレーズに当てはめていくのは本当に匠の技です。もはや「天才」という言葉が陳腐になってしまうくらいの才能をお持ちの方だな~と番組を見て思いました。


Fantôme

B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018 -後期-

B'zのエキシビション後期に行ってきました。

本当はもっと前に行く予定で、シアターも見る予定だったんですけど当日に体調を崩して行けなくなってしまいました…しくしく…。でも無事にエキシビジョンも見れたし、シアターは映画館で見れると思うし、とりあえず良かったです。

今回はオーディオガイド中心にレポを書いてみました。が、記憶を頼りに書いているので間違ってると思うし、多少捏造されてると思います。雰囲気が伝わればいいかな、と思ってます。それでは、ネタバレOKな方だけ、どうぞ!


IMG_0442


BlogPaint



続きを読む

B'z 30th Year Exhibition "SCENES" 1988-2018 -前期-

ゴールデンウイーク中にB'zのエキシビジョン、行ってきました。

IMG_0428

↑写真の撮り方が下手くそでごめんなさい(笑)

連休中なのでものすごく混雑することを覚悟してましたが、入場はそれほど待たずに入ることができました。エキシビジョン初日は入場で待ち、オーディオガイドの受け取りでも待たされた、と聞いていましたが、オーディオガイドもスムーズに受け取ることができました。初日以降いろいろ改善してくれたのかもしれないですね。

シアターのチケットが取れなかったので、ミュージアムの感想を書きたいと思います。




続きを読む

Blue Sunshine

誰もが光と影の間を彷徨い続けて
少しでも明るい方へと手を伸ばして涙流す(Blue Sunshine/B'z)


このフレーズ、とても好きなんですけど抽象的な表現だから「どういう意味なんだろう?」って思っていたんです。いろいろ考えたけれどイマイチしっくりくる解釈ができなくて。

それから十何年後かに発売された曲にこんなフレーズがあります。


ヘッドライトが照らす 謎めく美しい闇 (CHAMP/B'z)

この表現で、稲葉さんって「光」の方ではなく「闇」の方を美しいと捉えるんだって思ったんです。光を照らして闇の方を美しいって言うって、ちょっと視点を変えただけなんですけどそれがすごくないですか?「信じる者は救われる」という神様を「信じるものしか救わないせこい神様」と捉える稲葉さんらしいなって思ったんです。

「バックミラーはいらない」で始まるこのCHAMPという曲の歌詞は、過去の栄光なんかにとらわれず、とにかく前へ前へとグイグイいってる感じがします。光り輝いてた過去よりも、誰も踏み入れたことのない領域、謎めく闇の未来の方が美しいと感じているんですね。

で、「Blue Sunshine」なんですけど。「光」というのは楽しく光り輝いていた「過去」のことで、「影」はまだ見ぬ何か恐れや不安のある「未来」で、「現在」はまさにその間を彷徨っている。未来へ進まなきゃいけないんだけど、会いたいけれど何らかの理由で会うことができない人のことを想って、楽しかった思い出に手を伸ばして涙を流してしまう。そういう事なんじゃないかなって、ふと思ったんです。

「Blue Sunshine」の歌詞、最初はこの車を運転する主人公の方を気持ちを考えて切ないな~って思ってたんですけど、車に乗せてる「あなた」の気持ちを考えても切ないですね。

もう戻ることのできない過去。どうやったって会うことのできない人。そっちに手を伸ばしても結局現実に戻されて傷ついてしまうのに、どうして誰もがそうしてしまうのでしょう。戻ることのできない過去を表現する稲葉さんの歌詞っていつも切ないです。


GREEN

アメトーーク!B'z芸人

オフィシャルでもアメトーーク!を宣伝していたので、「まさか本人たちがVTR出演とか…?」とほんのり期待しましたが、さすがにそれはなかったですね(笑)。でも楽しかった!音楽業界の人たちがB'zの良さが語られることがあっても、芸人さんたち(金爆は芸人じゃないけど)がB'zの良さを語るとどんな切り口になるんだろうと思っていました。結果、普通のファンと変わらないですね(笑)。でもそれが良かった!ちゃんとファンのツボを掴んでいて、「それそれ!分かる!!」っていうのばかりでした。

アメトーーク!でB'z芸人をやるって知ったとき、「もしも私がB'z芸人に出るとしたら、あのことを喋ってこういうトーク展開をして…」と無駄に考えてましたが、私が言いたいことをほとんど言ってくれてました。雨上がりや陣内さんも世代なのか、結構B'zの曲を知ってるみたいだったので、いろいろ興味を持ってくれてたのが良かったです。

細かく「アメトーーク!B'z芸人」の感想を書こうと思うんですが、この記事を読んでくれてる方でアメトーーク!を見てB'zに興味を持って「ライブに行ってみようかな…」とか思っている方に向けてもちょっと補足的なことも書きたいと思います。

まず、金爆の鬼龍院さんが「ultra soul」の「己の限界に気づいたつもりかい?かすり傷さえもないまま終わりそう」という歌詞に励まされた、という話について。ultra soulって「ウルトラソウル!ハイ!」の部分が印象的で、それだけ知ってると明るい、ハイテンションな曲だと思われるかもしれませんが、歌詞を読むと結構ネガティブなフレーズが多いんです。「祝福がほしいのなら哀しみを知り一人で泣きましょう」の歌詞は初めて聞いたとき衝撃を受けました。ぜひともまだultra soulの歌詞を知らない方は、これを機会にじっくり読んでみてください。
ultra soul歌詞

そしてB'zの衣装。spirit looseの時の衣装をナレーションでは「スケスケ」という言い方をしてましたが、これは「網タイツにTバック」というB'z史上でも伝説的な衣装です。この映像の使用許可も出てるなんて、事務所側もすごいですね!やっぱり30周年だから?

いろいろなパターンの「B'zのライブジムにようこそ」について。ブラマヨの小杉さんは2011年C'monツアーのが特にお気に入りのようで、何年か前のアメトーーク!でもこのことを話してました。でもその時は映像の許可が出てなかったからファン以外の人にってはキョトンとしてたけど、ファンだけは「分かる!分かるよ小杉!」と思ってました。今回はちゃんと映像で見れたからうまく伝わってましたね。松本さんの手からひもを引っ張る演出も「あんなおっきいスタジアムでちっちゃい演出!」というツッコミが面白かった(笑)。宮迫さんも「意外とお茶目なんですね」と言ってたのが嬉しかったです。そうなんです!稲葉さんも松本さんもとってもお茶目なんです!

22秒のロングトーン。映像で稲葉さんがこのロングトーンの後すぐさま「せーの」とレスポンスを要求すると、小杉さんが「いや無理やろ!」と突っ込んでたのが面白かった(笑)。あの場にいた7万人の気持ちを代弁してくれてありがとう。そのあとの真栄田さんの2秒のロングトーンも。いや、比較の対象が極端すぎる(笑)。
これは10年前の映像ですが、今はさらに進化してます。高音のロングシャウトとか、走りながらのロングトーンとか。興味を持ったからはぜひとも生で体感してほしいです。

井戸の演出について。この部分はちょっと寒い感じにならないかひやひやして見てました。井戸が出てきた瞬間、「え?何?何?」ってなったと思いますが、会場もそんな雰囲気で何なら若干滑り気味です。あの井戸に特にオチはないんです。私はそのあとが好き。井戸で特にオチもなく、滑った感じになった後いきなり曲が始まるあのかっこよさ!!できればここまで語っていただきたかったけど、こうなるとアメトーーク!じゃなくて関ジャムの方がいいかな(笑)。普通、ブレイクの後はドラムのカウントから曲を始めたりするものですが、そういうカウントもなしにいきなり始まるんです。おそらくイヤモニからカウントは出てると思うんですが、裏打ちのあのリズムをいきなり始められるのがすごい。バンドのメンバーだけじゃなくてPAさんとの息も合わせなきゃいけないだろうし。ちなみに井戸が出てくる「誰にも言えねぇ」はDVD「Ain't No Magic」に収録されてます。さらに言えばB'z芸人での真栄田さんの衣装はこのAin't No Magicのときの衣装です。興味のある方はぜひ買ってみてください。

高速回転するステージ。これね、高速回転の中歌える稲葉さんもすごいけど、一緒に回ってるカメラマンもすごい!ブレずによく撮れるな!

革パンをべりっとはがして短パンになる演出。鬼龍院さんが「短パンのことはタブーになってるのかと思った」と言ってたけど、すごくよくわかる。言い方悪いですが、B'zのことを馬鹿にするネタとして短パンネタを使ってる感じも無きにしも非ずだったと思うんです。でもB'zの二人って自分たちのことを周りの人たちはどう思ってるか、ちゃんと客観視できてるんだと思います。「ファンの人たち」じゃなく「周りの人たち」がどう思ってるか、です。それは批判的な言葉もあるだろうけど、そういうのもちゃんと受け止めているんだろうな、と思います。じゃないと「Dinosaur」とか「CHAMP」みたいな歌詞は書けないと思う。短パンネタを自分のネタとしてやって観客を喜ばせるって結構奥が深いんです。たかが短パン。されど短パンです。

20周年のとき、RUNの前のMC。これをチョイスしてくる小杉さんはやっぱり本物だわ。小杉さんが思わず男梅になっちゃうくらい感動するMC。陣内さんも「歌ってるみたいな…」と言ってましたが、イントロに合わせてMCの言葉も徐々に力強くなっていく、歌のようにグサグサ心に刺さるんですよね。

そして30周年の今年Pleasureツアーが始まるという話。真栄田さんはこれまでの集大成ということで、稲葉さんが井戸にダイブするんじゃないかと予想。私の予想は革パンをべりっとはがしたら網タイツにTバック、かな。(予想と言うより希望)

B'zのLIVE-GYMはB'zだけじゃなく、バンドのメンバーもめっちゃうまい人たちばかりです。さらに「これ何日がかりで作ったの?」って感じのステージセットだったり、ドームや野外でもきれいな音で聞ける音響さんとか、それこそ高速回転の遠心力にも飛ばされないカメラマンとか、稲葉さんと入れ替わってダイブしたスタントマンとか(あ、言っちゃった)。B'z LIVE-GYMとはそういうプロフェッショナルの人たちが作り出す最高傑作です。これを体験しないのは人生損してると思います!ぜひ一度は体験してみてはいかがでしょうか?
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ