てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

LOVE PHANTOMとHINOTORI

外出自粛が続いて時間があり、なんか猛烈にHINOTORIツアーのLOVE PHANTOMからのHINOTORIが見たくなってブルーレイを見ました。うん。やっぱりかっこいいです。LOVE PHANTOMからHINOTORIへなだれ込むときの炎に包まれる稲葉さんと後ろのセットも炎に包まれるあの演出はかっこいいし、HINOTORIから再びLOVE PHANTOMのギターソロに戻る瞬間は何回聴いてもゾクッとします。そしてラストのダイブ。ロープで上に登っていくときの、おそらく初めて見たのであろうファンの「え?何何??」みたいなあのリアクションがかわいい。私も同じファンという立場でありながらその素直なリアクションを見て愛おしく思えます。

このツアーのLOVE PHANTOMは演奏のカッコよさも、演出のカッコよさも、B'z史上最高ランクのライブパフォーマンスだったと思います。

HINOTORIの歌詞は、稲葉さん曰く「LOVE PHANTOMの裏というか、LOVE PHANTOMは男の人、HINOTORIは女の人の歌詞」らしいです。

「PHANTOM」は「亡霊」という意味で、「火の鳥」は不死鳥、つまり死なないものなので「亡霊」とは対極にある物を表している気がします。だからLOVE PHANTOMは男の弱さの部分、HINOTORIは女の強さの部分を歌っているように聞こえます。

私が初めて「LOVE PHANTOM」を聞いたのが中学生ぐらいの時で、中学生でもあの歌詞の主人公の後悔とか空虚感とか切なさみたいなのがガシガシ伝わってきて結構衝撃を受けたのを覚えています。

腹の底から君の名前を叫んで飛び出したIt's my soul
カラのカラダがとぼとぼとはしゃぐ街を歩く


なんて歌詞が切なくて歌詞カードを何度も読み返しました。

LOVE PHANTOMは「なんてことしちゃったんだろう」という後悔がひしひしと伝わってきます。一方「HINOTORI」もLOVE PHANTOMの主人公のように退屈な日々の空虚感や、戻りたいと思う未練もほのめかしているのに、同じ状況下にいるはずなのに力強い。けれど楽観的な前向きさじゃなく、必死に痛みに耐える力強さだからとても切ないです。同じ後悔や未練の感情を描きながら、亡霊と不死鳥という対極的な二人を描けるなんて、あいかわらず稲葉さんってすごいなって思います。

HINOTORIは、今なら期間限定でYouTubeで見れるぜ!

INABA/SALAS全公演延期

みなさま、ご無沙汰しております。かな~り久々の更新になりました。よく考えたら2020年になってから一度も更新しておりませんでした。みなさま、明けましておめでとうございます(笑)。

2020年はソロ活動で、イナサラも再始動。前回のイナサラは私はチケットが取れず苦い思い出がありました。が、今年は運よくチケットが当選し楽しみにしておりました。ところが皆さんご存じの通り、世界中で新型コロナウイルス感染症拡大によりイナサラの公演はすべて延期となってしまいました。イナサラに限らず、ほとんどの音楽のライブは中止となっております。

普段ライブに行くことのない人にとっては「別に水や食料がなくなるわけじゃないんだから、ライブに行けないことくらい大したことじゃないでしょ」って思われるかもしれません。けれどね。私にとってはNO LIVE NO LIFEなわけですよ。仕事してお金を貯めているのもライブのため。ご飯食べるのもライブのための体力のため。ライブに行けないことはもはや死活問題なわけです。ライブのない人生なんて何のために仕事頑張ってるかわかんないじゃーん。


前は1つのツアーに何公演も行っていた時期があったけど、ここ最近は1つのツアーに1公演にしていました。体力的に疲れるということとやっぱり金銭面を抑えたいという思いがあって。でもやっぱりツアーは行ける公演は行っておくべきだと思う。だって今回みたいに、必ずライブが開催されるとは限らないから。今回のような感染症対策もあるし、自然災害だってある。B'zのお二人やサポメンたちの体調などで公演がキャンセルされることだってあり得る。ライブが必ず開催されることをどこかで当たり前だと考えていたのかもしれません。これからはスケジュールや金銭面で無理がなければなるべく多くの公演に参加したいと思います。


どうかコロナウイルスの感染拡大が収まりますように。みんなが安心してライブを楽しめる環境に戻ることを祈っています。

B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- in さいたまスーパーアリーナ

さいたまスーパーアリーナの2日目に参加してきました。今回のツアーはこれが最初で最後です。ライブビューイングのチケットが取れればそれにも参加しますが。なので悔いのないように、体調を万全にして参戦しました。

外はまだまだ暑かったんですが、会場内は涼しくなっていてホッとしました。去年の日産スタジアムでは命に係わる暑さだったからね。さいたまスーパーアリーナも始まっちゃうと会場の熱気で結局暑くなりましたが、去年に比べたら全然マシです。

席は200レベル。さいたまスーパーアリーナは2階席、3階席ではなく「レベル」なんですよね。たとえ4階席でも「ステージが遠い…」とがっかりしないよう、「うわーレベル高ぇ!ラッキー!」って思わせるために「レベル」で呼んでるのかしら?(たぶん違う)

近くはないですがステージ正面でまあいいんじゃない?って思ってたんですが、ライブが始まってみんなリズムに乗ると床が揺れる。何?ここだけ4DX?いや、そんなことより酔いそう…^^;酔ってしまったらどうしようって思ったけど何曲かやったところでその揺れにも慣れました。よかった。

では、ここからネタバレしますので、ネタバレダメな人は見ちゃだめだよ。あといろいろ間違いまくってるレポだと思うので、それでもよければどうぞ。

IMG_0612





続きを読む

B'z「NEW LOVE」の感想

ツアーも始まり、発売から結構経過してしまいましたが、B'zのニューアルバム「NEW LOVE」の私の感想なんかを書いてみようと思います。

1.マイニューラブ
レニー・カストロのパーカッションがめちゃくちゃいい味出してますね。この曲の軸にもなってるような気がします。「愛しすぎちゃったらそれは愛じゃなくなる」って歌詞がなかなか深いですね。

2.兵、走る
これぞB'zって感じの曲だな~って思ったら、この曲はシェーンとバリーが演奏してるのね。なんだかんだいってやっぱりこのリズム隊は安心するわ。最後のサビの「ここじゃない」のところで「ダン!ダン!ダン!ダン!」ってなる部分が好き。主人公が机をバン!って叩きながら立ち上がってる感じですごく好きです。

3.WOLF
ここは何と言っても稲葉さんの「ワオーーーーン」という雄叫びがかわいい。猫になったり、犬になったり、オオカミになったり稲葉さんは何にでもなれますね。でもこの雄叫びが「オオカミ」というより「頑張ってオオカミになろうとしている子犬」のように聞こえるのですよ。そこが良い。最後のサビ「君のために本音だけ吠える」のあと、「あれ?もう雄叫びやってくれないの?」と思いきや一拍おいて「アオ!アオ!ワオーーーーン!」と多めに吠えてくれるのが、なんか「じらしプレイ」というかそういうのが好き。でもやっぱり原曲(…と言っていいのかわかんないけど)のシェリル・リンの「Got to be real」の方が強くてなんか未だに慣れません。ホーンセクションの曲は大好きなんですけどね。

4.デウス
イントロは結構激しめですが全体的にさわやかな曲ですね。Blue Sunshineのような、この曲聴きながら湾岸線を運転したいです。

5.マジェスティック
玉田豊夢さんは結構好きなドラマーさんなのでどんな感じなのかな~と思ってました。まったりした曲だけど結構ドラムがしっかり入っていて。それでいて全然違和感ないのがすごいですね。

6.MR. ARMOUR

これめっちゃ好き!!

「Hey, Mr. Armour」のところはなんか一緒に言いたくなる。1回目のサビが終わって次のAメロの始まりが「倫理的に見て」ってフレーズなのが良いです。

7.Da La Da Da


おいおい!最高かよ!!



もう重厚なイントロから心を掴まれたんですが、間奏のところでその重厚な音にストリングスが重なって、さらにギターが重なってくところとかっ!!もうっ!!!ストリングスが入るロックの曲大好物です。(MONSTERとか)

さらに稲葉さんの歌詞ですよ。

「何度元旦に誓ったの」




“元旦”!!!





この曲に「元旦」というキラーワードをぶち込んでくるのは稲葉さんの妙技。素晴らしすぎる。最後のサビで「それがなに?」「それがどうした?」「だからなんなの?」と追撃の手を緩めない歌詞も大好きです。ダイナミックで分厚い音にこのフレーズを歌われると、自分の悩みがものすごく小さなことに思えてすごく鼓舞されます。

8.恋鴉
たぶん稲葉さん歌詞あるあるだと思うんですけど。「女々しい歌詞ほど、一人称『俺』になりがち」っていう。せめて自分のことを「俺」っていうことで虚勢を張ってるところが女々しくて愛おしいわ。あと、ブライアン・ティッシーのドラムがすごくかっこいいです。特に最後のサビの「可笑しいくらいに疼いている」のところの「ドコドコドコドコ」が好き。

9.Rain & Dream
この曲にはエアロスミスのジョー・ペリーが参加してるのがびっくり!どういう経緯でそうなったのか会報で読めるかな?

華のある夢持てないことが
いけないことだと思っていた
それでもどうにか私なりに
小さな決断を為してきた

あちこちぶつかりながら
あなたに会えたんだ


という歌詞にちょっとうるっときました。

10.俺よカルマを生きろ
「お釈迦様ものたまう」が好き。あと「戻るもんか」のフレーズも耳に残っていいですね。

11.ゴールデンルーキー
「社会ってのは」って言い方が学校の先生みたいで稲葉さんらしいなって思います。「生きてること自体がHOPE 忘れないでいて」ってすごく素敵な言葉だと思います。本当にたくさんの若い人にこの曲聴いてほしいです。

12.SICK
「好きだから嫌い ていうか大嫌い」ってフレーズ、いいですね。駄々っ子みたいな感じが。「自律神経」とか「血圧」とか、あまり歌詞には使わなそうな単語を使うところが素敵。ベースソロがかっこいい。あ、あとアウトロの稲葉さんの「カカカカウカウカウ!」ってシャウトもいい。Don't Leave Meみたいな「カカカカカウカウカウ!」っていう稲葉さんのシャウト好きなんです。

13.トワニワカク
最初タイトルだけを見たとき、「永遠に若くなんてできないんだから、若くいたいなんて思わなくていいんだよ」的な歌詞だと思ったんです。「GO FOR IT, BABY - キオクの山脈 -」「若かりし日の美貌ずっと求めてるんでしょう 今だから見える希望あること知っていても」みたいなことだと思ってました。ところがふたを開けてみれば「永遠に若く願うことは恥じることじゃない」と、そう願うことを肯定しているんですね。それはそれでまた深い意味の歌詞だな~って思いました。


やっぱり個人的には「Da La Da Da」がヒットでしたね。すごい胸撃ち抜かれました。歌詞といい、曲といい、まだそんな引き出しあるのかっていう。まぁニューアルバム出すたびにそう思うのですが(笑)。ライブが非常に楽しみです。



【Amazon.co.jp限定】NEW LOVE (初回生産限定盤) (CD+オリジナルTシャツ) (特典: オリジナルクリアチケットホルダー)

ZIPでB'z特集

5/31(金)に朝の情報番組「ZIP!」にてB'zの特集がオンエアされました。朝の準備でバタバタしながらもしっかり見ることができました。いや~素晴らしかった!ありがとう!ZIP!!(ポーズ付き)思ったよりもがっちり特集してくれたので嬉しかったです。

そのZIPの感想を書いてみます。

まずは過去のヒット曲を振り返る。ナレーションで「お二人の特徴的な服装にも注目」伝説の短パン衣装についてもいじられてます。「今夜月の見える丘に」が流れるとDAIGOさんと枡さんが「あ~!!」という「懐かしい!」みたいなリアクションが何気に嬉しかったです。ちなみに今、私がこれ書きながら「丘に」だっけ?「丘で」だっけ?と迷ってググったことは内緒の方向で。

TAKUROさんの好きな曲を聞く前に、「B'zファンに好きな曲を聞くと有名曲をあげることが多い中…」ってナレーションがあったけど、いやいや!ファンだからこそマニアックな曲もあげるでしょう!オンエアしなかっただけでしょっ!私だったらLOVE IS DEADって答えるけどねっ!!なんて思ったりなんかして。まぁファンになったきっかけの曲=好きな曲、の人も多いから必然的に有名曲になるのかもしれないけどね。

TAKUROさんの好きな曲は「MOTEL」だそうで。特に「勢いないぬるいシャワーで体を洗い流して」のところが好きで「稲葉さんは絶対勢いのあるシャワーででっかいバスタブに浸かってるはずなのに、どうしてこういう普遍的な感情をうまく表現できるんだろう」と思ったんだとか。なるほど~。確かに言われてみればそうですね。さすが作詞されてるTAKUROさんだからこそ気づくポイントかもしれませんね。
余談ですが、私は「根雪のような思い出が夢に出て」って歌詞が好きです。「根雪のような」という絶妙な比喩表現がたまりません。この歌詞を29とか30の年齢で書いたんでしょ?今の私だったら年下の子が書いた歌詞なんて信じられない。そしてこの男くさい雰囲気は女性では絶対表現できない世界観で、めちゃくちゃかっこいいなって思います。

T.M.Revolutionの西川貴教さんは「イチブトゼンブ」をあげてました。のちにツイッターで「スイマーよ!!」も言ったんだけどな~って呟いてました。「スイマーよ!!」も聞きたかったな~。
「イチブトゼンブ」は「愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに」のフレーズがお気に入りだそうです。ブラマヨ小杉さんも同じところが好きだって言ってましたよね。今の奥さんと結婚するきっかけにもなったフレーズだって。このフレーズは名言ですよね。「ひとつありゃいい」だったらそこまで私は好きじゃなかったかもしれません。「ひとつありゃいいのに」と、「ひとつありゃいいのに(でもできない)」みたいな反語的な意味を含むようなこの「のに」がすごく好き。

ZIPの話から脱線しちゃった。
B'zと言えば「ライブ」ということで、TAKUROさんがこんな話。「ドームで見てたらバイクが飛んでるんです!曲に関係あんのかな!?」と度肝を抜かれたそうで。BIG MACHINEツアーで「アラクレ」を演奏したときの演出ですね。ナレーションで「歌詞には一度も『バイク』は出てこないんです」というツッコミに笑いましたwおっしゃるとおりです。バイクの演出に驚いたのと「なぜバイク!?」という矛盾に二人を見てなかったのはおろか、私は曲も聴いてなかったです。大好きな曲なのに…。

CIRCLE OF ROCKの高速回転ステージの演出も流れて、スタジオで「うわ!すごい!!」というリアクションが聞こえると「ね?うちのB'z凄いでしょ?」と、マネージャーでもなんでもないのになぜか鼻高々になります。アメトーーク!でもそうでしたが、B'zを知らない人がB'zを見たときの新鮮なリアクションを見ると、この人たちのファンであることを誇らしく思いますね。

「B'z二人の信頼関係」について語るとき、映像が恋心の振りを間違えて照れ笑いする稲葉さんの姿が。グッジョブです。

最後は「Brotherhood」の「どこかであいつがべそかいて」からが流れます。ここのフレーズをチョイスするなんてすばらしい!!分ってらっしゃる!!

VTRからスタジオに戻り、B'zについてDAIGOさんが「進化してる」と言った言葉を拾って枡さんが「あ。『変わらない』じゃなくて『進化してる』ということですね」と言っていました。そう!進化し続けているB'zのニューアルバムが発売されました!!「NEW LOVE」ぜひみなさんも聴いてください!このアルバムの感想もあとで書きたいと思います。


【Amazon.co.jp限定】NEW LOVE (初回生産限定盤) (CD+オリジナルTシャツ) (特典: オリジナルクリアチケットホルダー)

HINOTORIのドキュメンタリーの感想


B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (BD) (「HINOTORI」CD収録) [Blu-ray]


ドキュメンタリーの方を見ました。
とても素晴らしかったです。

まず、私が行った日産スタジアムの「love me, I love you」の映像。野外ライブって、その時の空の色ってよく覚えてるんですよ。開演前のちょっと暇なとき、何の気なしにぼんやり空を見てるんですよね。だから日産の映像でまず「あ!そうそう!この日ってこんな空の色してた!!」って思いました。

イントロのところでお尻ペンペンしながらリズムをとる稲葉さんがかわいい。この表情もなんとも言えない。なんでそんな顔してお尻を叩いてリズムとってるんでしょう?シャツの裾が片っぽだけズボンから出てるのもなんか稲葉さんらしい。

ライブ映像の方には収録されていない曲らも素晴らしいのですが、やっぱり福岡公演のドキュメンタリーがもう…素晴らしいのです。

声が絶不調の稲葉さん
「BLOWIN'」では水を飲みながら必死に声を絞り出して、動揺しているのかテンポもずれています。「ミエナイチカラ」ではさらに辛そうになっています。「良い部分」だけじゃなく、こういう部分も映像化してさらけ出すのがすごいですね。

一旦中断からの観客の拍手
裏のスタッフの声が生々しいですね。おそらく内心ハラハラしていると思うんですが、とっても冷静です。千秋楽では稲葉さんが「プロフェッショナルな仕事をしてくれた最高のクルーに拍手」と言うけど、そう言ってる意味がこのほんのちょっとの会話だけでも理解できるような気がします。
「申し訳ございませんが…」のアナウンスに「え!?」とどよめく観客。からの「いったん中断させていただきます」のアナウンスに観客から拍手が沸いていました。「中止じゃなくてよかった」という拍手だと思いますが、なんかこの拍手が温かくてちょっとうるっときました。待っている間も煽るわけでもなくただ静かに待っているところが、福岡のファンはなんてお行儀がいいのでしょう…。素敵です。

「じゃあ俺弾いておくよ」
バックステージのメンバーの声。メンバーもとても冷静です。「音がないと歌えない」という稲葉さんに「じゃあ俺弾いておくよ」という増田さんがめちゃくちゃかっこいい…。その声のトーンからは心配してるような素振りはなく、でも「俺がバックで支えてるから」みたいな頼もしさや優しさが含まれていてすごくグッときました。

「皆さんに頼るつもりはありません」
こうきっぱりと言い切る稲葉さん。稲葉さんの体は心配だけど、何万人のいうファンが遠くから来て、一つのライブにたくさんのスタッフが携わっていて、この日のためにたくさんの練習を積んできたメンバーがいて、そんな中「体調が悪ければ休んでもいいよ」なんて言う方が逆に酷かもな、って思いました。そのときの精神的ダメージって想像絶するものなんじゃないかって思います。だれにも頼らず、一人で闘う姿が寂しくもかっこいいです。こういう人が歌う歌だから説得力があるんだなって改めて思います。

裸足の女神からの復活
まさに火の鳥の如く復活してる!!なぜ!?すごすぎる!!歌いだしのところではめっちゃ鳥肌が立ちました。たぶんB'z史上最も感動的な裸足の女神だったんじゃないでしょうか。

「恋心」のあとの松本さん
会報でも言っていた稲葉さんが惚れ直した瞬間ですね。ちゃんと親指グッ!と立ててるところも見れてよかったです。

「みなさん凄いや!」
いやお前だよ!!と、たぶん見てる人全員心の中でツッコんだでしょう。なんと謙虚な方なんでしょう。こんなすごい復活劇を見せておきながら、ここまで復活したのはみんなのおかげだとおっしゃるのでしょうか。けれどあのガラガラ声からあそこまで回復したのはやっぱりみんなのサポートのおかげなのかな。復活できた理由が他にないですもんね。

「すいません」
終演後、松本さんの顔を見るや否やそう言う稲葉さん。なんだか切ないなぁ…。申し訳なさとか、悔しさとか、いろんな感情があったんだろうなぁ。それに対して松本さんが「いえいえ。また明日!」と言う優しさが素敵。次の日、稲葉さんが「すいません、セットリスト」と言うと、「いえいえ。現場でも全然対応していくんで」と言うのが優しくて頼もしい。松本さんの下で働きたい、と思いました。


稲葉さんも言ってたけど、この福岡公演はB'zの歴史に伝説として刻まれる出来事でしたね。このこともアメトーーク!で話してほしいわ。小杉さん、このドキュメンタリー見て泣いてるかな?
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ