てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

HINOTORIのドキュメンタリーの感想


B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (BD) (「HINOTORI」CD収録) [Blu-ray]


ドキュメンタリーの方を見ました。
とても素晴らしかったです。

まず、私が行った日産スタジアムの「love me, I love you」の映像。野外ライブって、その時の空の色ってよく覚えてるんですよ。開演前のちょっと暇なとき、何の気なしにぼんやり空を見てるんですよね。だから日産の映像でまず「あ!そうそう!この日ってこんな空の色してた!!」って思いました。

イントロのところでお尻ペンペンしながらリズムをとる稲葉さんがかわいい。この表情もなんとも言えない。なんでそんな顔してお尻を叩いてリズムとってるんでしょう?シャツの裾が片っぽだけズボンから出てるのもなんか稲葉さんらしい。

ライブ映像の方には収録されていない曲らも素晴らしいのですが、やっぱり福岡公演のドキュメンタリーがもう…素晴らしいのです。

声が絶不調の稲葉さん
「BLOWIN'」では水を飲みながら必死に声を絞り出して、動揺しているのかテンポもずれています。「ミエナイチカラ」ではさらに辛そうになっています。「良い部分」だけじゃなく、こういう部分も映像化してさらけ出すのがすごいですね。

一旦中断からの観客の拍手
裏のスタッフの声が生々しいですね。おそらく内心ハラハラしていると思うんですが、とっても冷静です。千秋楽では稲葉さんが「プロフェッショナルな仕事をしてくれた最高のクルーに拍手」と言うけど、そう言ってる意味がこのほんのちょっとの会話だけでも理解できるような気がします。
「申し訳ございませんが…」のアナウンスに「え!?」とどよめく観客。からの「いったん中断させていただきます」のアナウンスに観客から拍手が沸いていました。「中止じゃなくてよかった」という拍手だと思いますが、なんかこの拍手が温かくてちょっとうるっときました。待っている間も煽るわけでもなくただ静かに待っているところが、福岡のファンはなんてお行儀がいいのでしょう…。素敵です。

「じゃあ俺弾いておくよ」
バックステージのメンバーの声。メンバーもとても冷静です。「音がないと歌えない」という稲葉さんに「じゃあ俺弾いておくよ」という増田さんがめちゃくちゃかっこいい…。その声のトーンからは心配してるような素振りはなく、でも「俺がバックで支えてるから」みたいな頼もしさや優しさが含まれていてすごくグッときました。

「皆さんに頼るつもりはありません」
こうきっぱりと言い切る稲葉さん。稲葉さんの体は心配だけど、何万人のいうファンが遠くから来て、一つのライブにたくさんのスタッフが携わっていて、この日のためにたくさんの練習を積んできたメンバーがいて、そんな中「体調が悪ければ休んでもいいよ」なんて言う方が逆に酷かもな、って思いました。そのときの精神的ダメージって想像絶するものなんじゃないかって思います。だれにも頼らず、一人で闘う姿が寂しくもかっこいいです。こういう人が歌う歌だから説得力があるんだなって改めて思います。

裸足の女神からの復活
まさに火の鳥の如く復活してる!!なぜ!?すごすぎる!!歌いだしのところではめっちゃ鳥肌が立ちました。たぶんB'z史上最も感動的な裸足の女神だったんじゃないでしょうか。

「恋心」のあとの松本さん
会報でも言っていた稲葉さんが惚れ直した瞬間ですね。ちゃんと親指グッ!と立ててるところも見れてよかったです。

「みなさん凄いや!」
いやお前だよ!!と、たぶん見てる人全員心の中でツッコんだでしょう。なんと謙虚な方なんでしょう。こんなすごい復活劇を見せておきながら、ここまで復活したのはみんなのおかげだとおっしゃるのでしょうか。けれどあのガラガラ声からあそこまで回復したのはやっぱりみんなのサポートのおかげなのかな。復活できた理由が他にないですもんね。

「すいません」
終演後、松本さんの顔を見るや否やそう言う稲葉さん。なんだか切ないなぁ…。申し訳なさとか、悔しさとか、いろんな感情があったんだろうなぁ。それに対して松本さんが「いえいえ。また明日!」と言う優しさが素敵。次の日、稲葉さんが「すいません、セットリスト」と言うと、「いえいえ。現場でも全然対応していくんで」と言うのが優しくて頼もしい。松本さんの下で働きたい、と思いました。


稲葉さんも言ってたけど、この福岡公演はB'zの歴史に伝説として刻まれる出来事でしたね。このこともアメトーーク!で話してほしいわ。小杉さん、このドキュメンタリー見て泣いてるかな?

「コンビニ人間」を読んで稲葉浩志「マグマ」の歌詞を思い出す

この前「コンビニ人間」という本を読みました。


コンビニ人間 (文春文庫)


とてもおもしろかったです。
あまりネタバレはしたくないので詳しい内容は書きませんが、主人公は大学を卒業してから正社員で働いたことがなく、ずっとコンビニでバイトをしている36歳の独身女性。この主人公の女性を通して「普通ってなんだろう?」と考えさせられる本です。

最近、「○○じゃないと幸せじゃない」みたいなことが多い気がします。
正社員じゃなきゃダメ
結婚しなきゃダメ
子供を産まなきゃダメ
多数派を善、少数派を悪として多様性を認めないこの世の中に疑問を感じている方はぜひともおすすめしたい一冊です。

この小説の中で、主人公が「普通」になろうとし、その様子に主人公の妹や友達が安心する場面があります。その場面を読んで、なんか既視感があって。そう。われらが稲葉さんの歌詞です。


波風なしで暮らせば 親戚中も安心するし
フツーなことにこしたことはない
そんなの承知してる してるけどだけど (灼熱の人/稲葉浩志)



マグマ

この曲が収録されているアルバム「マグマ」は、「一般的にこうするものだから」とか「周りがこう言うから」ではなく自分の心に従った生き方をする、という歌詞がたくさんあるような気がします。


自由とは僕だけに都合いいことでしょう (冷血)


僕の魂は僕の 君の魂は君のいうことしか聞かない (Soul Station)


どこまでも楽しんでいける 自分の道ならば
ときにはげしいさみしさと戦いながら (愛なき道)


「コンビニ人間」を読んで、「マグマ」の曲を思い出したりして、無理して多数派のやり方をしなくても、自分の思うとおりに生きればいいんじゃないか、と。そう思ったんです。

自分の思うとおりに生きる、というのは「自由」ともつながっていくと思うんです。最近の嵐大野君の決断を見て思ったんです。会社が作ったレールの上で生きるのではなく、自分が選んだレールで生きる、という決断を。


自分の中にある選んだレールの上にしかないもの
それこそが自由 (Freedom Train/B'z)


自由とは長く、さびしく、そして険しいのです!と言っていますがそれでもやはり憧れて、そこに行こうとしてしまうのかもしれません。


話がだいぶ飛躍してしまいましたが、一般論で誰かを縛ることなく、そして一般論で自分自身の首をしめることなく、誰もが自分らしく生きられる世の中になればいいな、と思うのです。

「B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」Blu-ray&DVD発売

ついにPleasure2018-HINOTORI-のBlu-ray&DVDが発売されることが発表されました。

WOWOWでライブ映像を放送した時、期待以上の完成度の高い映像でした。例えば、B'zのことをよく知らない人からしたら「これはカットだろう」と思われがちだけど、ファンにとってはそこがツボとなるグダグダな稲葉さんのMCまでカットされずにきちんと入っているところとか。そんな完成度の高さに、「DVDが発売されても、もしかしたら買わないかも。このWOWOWの映像だけで十分かも。」なんて内心思っていました。

ところが、そんな私の気持ちを見透かしたように今回のBlu-ray&DVDならではの魅力が。

その1.オリジナルの新たな編集
わざわざこの言葉が入っているのは絶対WOWOW意識してる。「WOWOWの映像とはまた違いますよ!」って強調しているんだと思う(笑)。


その2.最終日には演奏しなかった曲も収録
私が行った日産スタジアムの映像が見られるのがうれしい。「love me, I love you」ってことは、イントロでおしりぺんぺんしながらリズム取ってた稲葉さんが見られるってことかな?(あのときのなぜかドヤ顔の稲葉さんの表情はぜひもう1回見たい)


その3.ドキュメンタリー映像
今回は稲葉さんが喘息を発症し体調が万全ではない中、それでもメンバー全員でサポートして最後まで走り抜けたツアーです。そんなツアーのドキュメンタリーと言ったら…想像しただけでも泣いてしまいます。ゲスト出演したキムタクやブラマヨ小杉さんは出てくるのかな?と思ったんですがドキュメンタリーで収録される日替り曲の中に「ZERO」が収録されていないのでやっぱり権利か何かの関係でドキュメンタリー映像の方でも入ることはなさそうですね。


その4.「HINOTORI」をCD化
途中からLOVE PHANTOMに変わるバージョンじゃなくて、フルってことかな?HINOTORIからLOVE PHANTOMのギターソロに変わる瞬間はぞくっとするほどかっこいいんですがやっぱりこの曲のフルも聴いてみたいかも。


…というわけで、買います。

これだけのボリュームで1万円切ってるなんて安いもんさ…。

↓アマゾン、楽天では特典でクリアファイルが付くそうです。

【早期購入特典あり】B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (BD) (「HINOTORI」CD収録) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]



【先着特典】B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-(オリジナルクリアファイル付き)【Blu-ray】 [ B'z ]

ツアー日程&サポメン発表

ついにツアー日程が公式に発表されましたね。

年明け早々「B'z」というロゴと、日付、地名だけの意味深な掲示を各地のビジョンに映し出し、焦らしプレイ。そして放置プレイ。それが昨日やっと発表です。

6月8日(土)鹿児島アリーナ
6月9日(日)鹿児島アリーナ
6月14日(金)三重県営サンアリーナ
6月15日(土)三重県営サンアリーナ
6月19日(水)神戸ワールド記念ホール
6月20日(木)神戸ワールド記念ホール
6月22日(土)神戸ワールド記念ホール
6月23日(日)神戸ワールド記念ホール
6月28日(金)サンドーム福井
6月29日(土)サンドーム福井
7月3日(水)大阪城ホール
7月5日(金)大阪城ホール
7月6日(土)大阪城ホール
7月9日(火)横浜アリーナ
7月10日(水)横浜アリーナ
7月16日(火)Zepp Nagoya
7月18日(木)Zepp Nagoya
7月19日(金)Zepp Nagoya
7月26日(金)愛媛県武道館
7月27日(土)愛媛県武道館
7月30日(火)さいたまスーパーアリーナ
7月31日(水)さいたまスーパーアリーナ
8月3日(土)Zepp Fukuoka
8月4日(日)Zepp Fukuoka
8月8日(木)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
8月10日(土)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
8月11日(日)宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
8月24日(土)高崎アリーナ(群馬)
8月25日(日)高崎アリーナ(群馬)
8月30日(金)真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(北海道)
8月31日(土)真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(北海道)
9月3日(火)幕張メッセ 幕張イベントホール(千葉)
9月4日(水)幕張メッセ 幕張イベントホール(千葉)
9月7日(土)広島グリーンアリーナ
9月8日(日)広島グリーンアリーナ
9月10日(火)マリンメッセ福岡

さて、考えるのはどこの会場に行こうかな、ということ。
関東は平日が多くて、唯一群馬は土日だけど8月の群馬、暑いだろうな…。あと、会場のキャパが心配です。横浜アリーナとかは激戦だろうし。うーん。悩みます。


そしてもう一つ驚いたのがサポメンを全員変更。そろそろあるんじゃないかと思っていましたが、まさか全員とは思わなかったです。せめて増田さんは残るんじゃないかと思っていました。前のサポメンはもちろん大好きですが、変更には大賛成です。ブライアン・ティッシーが結構楽しみだな…。でも、シェーンのインスタのコメントを読むと…やっぱりさみしい…。なんか今生の別れのような…。B'zでもソロでもいいから、いずれはまた戻ってきてほしいな。

そしてもう一つはちょっと残念なニュース。

バリーのインスタの件を知らない人へ。

良いニュースではないのでそういうのは読みたくない、という人はつづきは読まないでくださいね。







続きを読む

あけましておめでとうございます

始まりました。2019年。

昨年はB'zのアニバーサリーイヤーだったのでライブにエキシビジョンにライブビューイングなど、いろいろ楽しませていただきました。昨年のベストはやっぱりB'zのライブにブラマヨ小杉さんが登場した瞬間かな。驚いたし、笑ったし、感動もしたし、という感じです。

そして本日2019年1月1日に公式さんから「#Bz2019」という謎のメッセージがSNSにアップされていました。一体何ぞや、と思っていると各地の街頭ビジョン?などに「B'z」のロゴ、日付、地名が映し出されている模様。それらを全国のファンの人が見つけてはこのハッシュタグをつけてアップしているようです。1月1日16時現在は

鹿児島 6/8(土)9(日)
三重 6/14(金)15(土)
神戸 6/19(水)20(木)22(土)23(日)
大阪 7/3(水)5(金)6(土)
愛媛 7/26(金)27(土)
福岡 8/3(土)4(日)9/10(火)
宮城 8/8(木)10(土)11(日)
札幌 8/30(金)31(土)
千葉 9/3(火)4(水)
広島 9/7(土)8(日)


が告知されているようです。
新聞の全面広告ではなくこういう形で告知するのは斬新ですね。こんな告知の仕方も楽しいです。

やはりこれは普通に考えてツアー日程かな?だとすると関東は千葉と言うのが意外。東京じゃないんだ。そして火曜と水曜ってド平日じゃないか。…いやいや、元日からそんなネガティブなこと言っちゃいけない。楽しみ!楽しみです!!今年はなるべく多くライブに行けたらいいな。


本年もよろしくお願いいたします。

光芒

今年のPleasureツアーでやってくれた「光芒」。ファンクラブで募集した「ライブでやってほしい曲」でも上位にきていた曲です。B'zの曲の中でもかなり音域が広い曲だと思います。確か稲葉さんのコンディションが悪いときはこの曲は外したと聞いています。それぐらい全身全霊を込めて、全力で歌わないとできない歌だから、さらに感動してしまうのでしょう。(もちろんどの曲も全力で歌っているとは思いますが…)

どこかで狂う 夢の時計の歯車
押し寄せる日々の流れ


これ、すごいフレーズだよな~。若い頃は努力や情熱だけでどんどん前に進めたけど、現実を知ると自分の中では全く前に進めない、でも時間はどんどん進んでいく。自分の心の中の時間と実際の時間のずれとか、矛盾を表現しているすごい歌詞だなって思います。


それとこの曲、B'zの曲では珍しいと思うんですが、「大サビ」と呼ばれる部分があります。
これ、最近気づいたんですが。

光を求め歩き続ける
君の情熱がいつの日か
誰かにとっての光となるでしょう
誰かにとっての兆しとなるでしょう


ここから曲調もマイナーからメジャーに変わって、歌詞も前向きに変わって本当に暗闇の中から光の筋が見えてくるような、そんな雰囲気です。そこまでは分かってたんですが。大サビに入る前は「僕」だったのが、大サビに入ると「君」になっています。

崩れ落ちそうな気持ち、それでも光を探して半歩でも進もうとしている。そして大サビから主体が変わり、それを見ている「誰か」がその姿に心打たれている、と。つまり大サビの部分は、頑張っている「僕」の姿を見守ってくれている「誰か」の視点の歌詞だったのか、と。それに気づいたときまたさらに感動しちゃいました。

曲全体を聴くと一つの舞台を見終わった後みたいな。なんかすごく心が満たされる感じがあります。いろんな人に聴いてほしいな~と思う曲の一つです。



ACTION



B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION- [Blu-ray]
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ