てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

稲葉さん

AISHI-AISARE

久々のブログ更新です。特別忙しかったわけではありません。稲葉さん、松本さん両方ともチケットが取れなかったので拗ねてました。

そんな中で買いました。「CHUBBY GROOVE」。

CHUBBY GROOVE(初回限定盤)(DVD付)
INABA / SALAS
バーミリオンレコード
2017-01-18



ここを読んでる方で「買おうかな~どうしようかな~」と思っている方がいるかどうか分かりませんが、もし迷っている方がいたら、これはiTunesとかではなく是非CDで購入していただきたいです。歌詞カードを読みながら聴くとまたさらに楽しめるアルバムです。「SAYONARA RIVER」の「雄風」とかね。英語かと思いきや実は日本語だったっているのも面白いです。あと「WABISABI」も私の中では結構センセーショナルな歌詞です。「詫びて」と「身から出た錆」で「WABISABI」かぁ~。それに「詫びて詫びてさ頭下げて じっと耐えるしかない 身から出た錆…」なんて言葉を、こんな内容を歌詞にすることがすごいなぁと思いました。聞いてるかー!?狩野英孝ー!!

今のところ「AISHI-AISARE」が私の中ではお気に入りかな。こういう跳ねた歌い方って稲葉さんは合わないと思ってたけど、また新しい稲葉さんの歌声に出会えたなという感じです。特に「自分勝手ならごめんなさい」の歌い方が好きです。「自分勝手な/ら」という区切り方がなんか良いです。ありがとう、サラス。歌詞では、一番インパクトがあったのがこのフレーズです。

春の陽のように優しい
夏の雨のように優しい
秋の予感のように優しい
ゆずれない感触


これ、「あれ?冬は?」って思いますよね。稲葉さん、絶対、敢えて不完全にしてると思うんですよ。敢えて空白を作ることによって、聴き手側にその空白を埋めさせてる気がします。この計算の仕方が、しかもサラスから細かい注文を受けながらの(笑)コレは巧妙だなって思いました。

なんで冬はないんだろう?っていろいろ考えちゃいますよね。「取り戻したい」と言ってるんだから、今は「君」はいないってことですよね。だから春、夏、秋と一緒にいたけど、冬にはいなくなってしまったのかな~なんて想像してます。

痛いほどわかってるんだよ
何が1番悲しいのか


というフレーズも好き。「わかったんだよ」じゃなく「わかってるんだよ」っていう現在進行形なのがすごく切ない。こういう細かいところが絶妙なんだよな~。

もっと聴き込みたいと思います。

はぁ…。ライブ行きたい…。

【ネタバレ】KOSHI INABA LIVE 2016~enIII~ in 広島グリーンアリーナ(2/6)-前編-

行ってきました!広島!!この時期に、しかも稲葉さんのライブだから雪とか降らないか心配でしたが珍しく快晴でほっとしました。ライブビューイングを含めないと久々の稲ソロです。何年ぶりだろう?enII以来です。(←めんどくさいから調べない・笑)

今回一般で取ったチケットで座席は全然期待してなかったんです。予想通りスタンド席のどんどん上まで登っていき「なんだよ~後ろから3番目じゃん。まぁいいか~」と思って座席に座った瞬間「近っ!!」。ステージの真横でした。バミリがよく見える。全体的なステージの演出がよく見えないんですが、これならメンバーのリアルタイムの様子が見れる。全然悪くないです。ただちょっと残念だったのが、私の席の右側は通路になってたんですけど、ライブが始まると隣の人がどんどん私側に寄ってきて私は完全に通路に追いやられてしまいました^^;通路側の宿命なのかもしれないけど、なんか私だけ通路に飛び出てて私がマナー違反してるみたいに思われてないかと、ちょっとひやひやしました。


それではここからネタバレです。ネタバレがダメな方はここから先は読まないでくださいね~。



2016-02-06-16-13-33

2016-02-06-16-14-30

続きを読む

稲葉浩志「羽」とdoa「FREEDOM×FREEDOM」

稲葉さんの「羽」が発売され、そして稲ソロのツアーも始まりましたね。さっそくどうでもいい話なんですが、iPhoneで音楽入れてるとアーティストの写真がいつの間にか新しいのに変わりますよね。稲葉さんも前回の首痛めてる写真からTシャツ脱ぎかけの写真へと変わってました。なんかこれって


「あ~首痛いなぁ・・・」


「(Tシャツを脱ぎながら)ねぇ。湿布貼ってくれない?」


みたいな妄想を掻き立てられました。



まぁそれはそれとして。4曲ともすごくいいです。いっぱいで来てある曲の中から選んだだけに結構濃い4曲です。

「羽」は、まずアレンジが結構ツボ。音が鋭くてすこく歌詞とあってるな~って思いました。

「Symphony #9」は、「答えを生みおとす母なる数式」がもう絶妙。どっからそんなフレーズ出てくるんでしょう!最後に「energy」「enemy」「elegy」…と英語で畳みかけるところもかっこいい。

「BLEED」「自分のことを嗤ってみせるけど 謙遜でもなんでもない 諦めたふりして楽になりたいだけ ほんとは誰にも負けたくない」って歌詞が好き。すごく共感できます。「ならば」じゃなく「さらば」なのもなんか稲葉さんっぽいって思いました。

「水路」も聴けば聴くほどはまります。あのアコギの音がすごく好きです。優しくて柔らかいけど芯がある音…。なんだろう?何かに似てるんだよなぁ…。ってずっと思ってたんです。何回か聴いてるうちにわかりました。灯台下暗し。稲葉さんの声と似てる!って思いました。私がそれを思ったとき「そうだ!稲葉さんの声だっ!」と結構感動したんですけど、私のこのつたない文章じゃおそらく伝わらないと思います(笑)。うまく言えないんですけど、柔らかいのに凛とした、相反するような音が一つになってる感じがっぽいなって思いました。「過去を変えたいなら 今を重ねるしかない」って歌詞がいいです。「重ねてみよう」とかじゃない。「重ねるしかない」ってところが、ね。でも「過去は変えられない」というのが一般的な考えなのに今を重ねることで過去を変えられるのか、と少し前向きな気もするし。とっても深い歌詞です。


そしてこの4曲のアレンジを手掛けたのがdoaの徳永暁人。ということでdoaのニューアルバム「FREEDOM×FREEDOM」についても。まず一番グッときたのが「拳」でした。初めて聴いたときは泣きました。こういう歌詞に弱い。やっぱり年かな(笑)。子供のころ憎しみから拳を握り、大きくなってから悔しさから拳を握り、さらに大人になってこみ上げる喜びから拳を握り。こうやって主人公が成長していくごとに拳を握る意味が変わっていって。何ていうんだろう?こういう時系列的な歌詞がすごくグッとくる。余談なんですけど、SUUMOの「足跡」のCMも見ていて泣きそうになります。息子と一緒にお父さんの過去をたどっていくCM。息子が生まれて「絶対に守りたいものができた」と言って家を建てる決意をして、もっとさかのぼって今の奥さんに人生一番の大勝負に出てプロポーズ、もっとさかのぼって初めて一人暮らしをして母親に強がったあと涙が込み上げてくるところを今の息子に慰められるってストーリー。なんかこれと似てる…っていうとちょっとアレかな(笑)。でも「拳」は歌詞だけじゃない、サビの「Ah Ai Yai Ya…Wow…」のところでもジーンときます。車の中でアルバムを聴いてますが、「拳」は運転しながらも泣いちゃう(笑)。

あと、「Kiss Me」は、もう徳ちゃんの反則技。


「酔っても大丈夫だって 俺がついてるって」


いや!だから大丈夫じゃないんだって!!
ウイスキーで酔わせてどうするつもり!?


みたいな!みたいないやらし~歌い方なの!!そこがいい(笑)。

他も大好きな曲ばっかりなんですが、またあとで書けたら書きたいです。

Saturday

別の世界に続いている
たった一つの出入口みたいに
太陽が空に丸い穴をあけて
霧は吸い込まれ街は目覚めた 
(Saturday/稲葉浩志)

最初この歌詞を聴いたとき、「すげぇ…」って思いました。スポーツ選手が超人的なプレイをしたとき、「すごい!!」って感動しますよね。それに似たような感覚で感動しました。こんな歌詞、私が100年かけて勉強しても思いつかない表現です。

このフレーズってものすごく簡単に言うと「朝になった」ってことですよね。いつもの土曜日、いつもの朝が来たという日常を、「別の世界に続いている」「太陽が空に丸い穴をあけて」のような非日常的な描写で表現しています。つまり、「君がいなくなった世界」が今までとは大きく違った世界に感じているのかな~と思いました。また「太陽が空に丸い穴をあけて」というのも、太陽が「穴」に見えてるあたり、君がいなくなってぽっかり開いた自分の心の穴を投影させているのかな、と感じます。私はね。ただ、「朝になった」という言葉だけならここまで想像力は広がりません。比喩表現があるからこそいろんな想像を掻き立てられます。私は結構しつこいくらいの比喩表現が好きです。比喩表現フェチです。

あと、この歌詞って一人称がないんですよね。「君」と「みんな」は歌詞に存在しているのに「僕」だけが存在していないから、本当に世界から自分の存在がいなくなったような空虚感も漂います。そして一人称がないからこそ「君」という存在が強調されてるような気がします。


最初、この歌詞は理解するのが難しくて。「"君だけが足りない"と、そう思えることもまた幸せかも」…え~!どこが幸せなのー!?って思ってたんです。「君がいない」という寂しい歌詞なのに曲調は明るくて、しかも「幸せ」とか「明日への望み」とか前向きなフレーズがある。なんでぇ~?って思ってたんです。なんか今日突然ひらめきまして。「あぁ。そうか。失って初めて幸せに気付いたのかも。」って。君を失って「寂しい」とか「愛情」みたいな鮮やかな感情が光りだして、失ったからこそその時の幸せに気付いた。幸せとは常に「結果」で、現在形にも未来形にもなりえない。失って幸せに気付いたとき、その時点が「幸せ」なのかも、と。

「君だけが足りない」、そう思えることが「幸せ」であったり、「寂しさ」と「望み」、「孤独」と「華やか」、「絶妙」な「不完全さ」。稲葉さんの歌詞って常にマイナスとプラスが表裏一体で、矛盾した感情をダイレクトに伝えてくるからすごく深読みしちゃうし、インパクトがあります。Saturdayも結局前向きなのか後ろ向きなのかどっちかわからない感じが好きです。

新曲もどんな歌詞なのか、楽しみです。

en-ballライブビューイングレポ…を書きたかった…

いつの間にやら季節は夏。お盆です。

参加したライブはなるべくレポに残しておこうと思っていて、en-ballもライブビューイングですが参加することができたのでレポを書くつもりでいたんですが。結局…









en3.gif


これしか書いてねぇ。



だからレポは書くことを諦めたんだけど、この絵はうまく描けたと思うのでアップしました(笑)。「いやっ足踏みはいいけどなぜにその手はそこにっ!!」みたいな。

ライブビューイングは仕事が伸びてCHAINの途中から入場しました。私としてはもう、仕事は4時半ぐらいに終わらせてもう帰れる体制を作っていたんですが、そういう時に限ってめんどくさいことが舞い込んでしまって。会社から出た後はもう光の速さでシネプレックスに到着しました。ライブビューイングって形式は初めて参加しましたが、こういうのがあってよかったです。チケットも取れなかったし。それに稲葉さんも映画館にいる人たちのことを無視するわけでもなく、ときどきカメラに向かって声をかけてくれたりしてて、それが良かったですよね。

一番印象に残ってるのは「Touch」かな。この日の「Touch」は、私が見た稲葉浩志史上一番エロかった!!こんなに色気を出せるおっさんはいないです。っていうか年々エロさが上昇してる気がする(笑)。あと、「横恋慕」の「首筋をチロリと」のところで汗をぬぐうところも色っぽかったです。

ライブでの稲葉さんって「かっこいい」だけじゃない。色っぽくもあり、かわいらしくもある。天然な部分と言えばやっぱり最後ですかね。

稲:ステラボール5日間…5日じゃない!10日!
いや、それぐらい短く感じたってこと!!


が、かわいかった(笑)。あと体育座りで歌う稲葉さんもかわいかったね~。


で。
映像化はまだかな~。今年は本当にライブにenがなくて。松本ソロも稲ソロもチケット取れず、今度のdoaの3WAYも予定が合わず参加できそうもありません(泣)。なんで東京が平日なの~?
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ