てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

「コンビニ人間」を読んで稲葉浩志「マグマ」の歌詞を思い出す

この前「コンビニ人間」という本を読みました。


コンビニ人間 (文春文庫)


とてもおもしろかったです。
あまりネタバレはしたくないので詳しい内容は書きませんが、主人公は大学を卒業してから正社員で働いたことがなく、ずっとコンビニでバイトをしている36歳の独身女性。この主人公の女性を通して「普通ってなんだろう?」と考えさせられる本です。

最近、「○○じゃないと幸せじゃない」みたいなことが多い気がします。
正社員じゃなきゃダメ
結婚しなきゃダメ
子供を産まなきゃダメ
多数派を善、少数派を悪として多様性を認めないこの世の中に疑問を感じている方はぜひともおすすめしたい一冊です。

この小説の中で、主人公が「普通」になろうとし、その様子に主人公の妹や友達が安心する場面があります。その場面を読んで、なんか既視感があって。そう。われらが稲葉さんの歌詞です。


波風なしで暮らせば 親戚中も安心するし
フツーなことにこしたことはない
そんなの承知してる してるけどだけど (灼熱の人/稲葉浩志)



マグマ

この曲が収録されているアルバム「マグマ」は、「一般的にこうするものだから」とか「周りがこう言うから」ではなく自分の心に従った生き方をする、という歌詞がたくさんあるような気がします。


自由とは僕だけに都合いいことでしょう (冷血)


僕の魂は僕の 君の魂は君のいうことしか聞かない (Soul Station)


どこまでも楽しんでいける 自分の道ならば
ときにはげしいさみしさと戦いながら (愛なき道)


「コンビニ人間」を読んで、「マグマ」の曲を思い出したりして、無理して多数派のやり方をしなくても、自分の思うとおりに生きればいいんじゃないか、と。そう思ったんです。

自分の思うとおりに生きる、というのは「自由」ともつながっていくと思うんです。最近の嵐大野君の決断を見て思ったんです。会社が作ったレールの上で生きるのではなく、自分が選んだレールで生きる、という決断を。


自分の中にある選んだレールの上にしかないもの
それこそが自由 (Freedom Train/B'z)


自由とは長く、さびしく、そして険しいのです!と言っていますがそれでもやはり憧れて、そこに行こうとしてしまうのかもしれません。


話がだいぶ飛躍してしまいましたが、一般論で誰かを縛ることなく、そして一般論で自分自身の首をしめることなく、誰もが自分らしく生きられる世の中になればいいな、と思うのです。

2014年読んだ本

2014年の読書メーター
読んだ本の数:33冊
読んだページ数:12592ページ
ナイス数:478ナイス

邪魅の雫 (講談社ノベルス)邪魅の雫 (講談社ノベルス)感想
再読だけどこれだけのボリュームがあると新鮮な気持ちで読める。私的にはシリーズの中でこの作品が一番泣ける。益田と榎木津が話してるところや、最後の榎木津の言葉など、榎木津が榎木津らしくないところが泣ける。核となる人物の行動は間違ってるけど気持ちは分かる。勝ち負けとか善し悪しじゃない。そんなことよりただ単純に、ただ素直に「好き」とか「逢いたい」気持ちだけを伝えていればこんなことにならなかったのにね。
読了日:1月2日 著者:京極夏彦
青春を山に賭けて (文春文庫)青春を山に賭けて (文春文庫)感想
B'zの稲葉さんが2013年によく読んだ本としてこの本を挙げていたので私も読んでみた。正直「え?なんでこんな辛い思いするの?何が楽しいの?」って思うような(笑)過酷な状況でさえも、思い出としては楽しい思い出として残っている。子供のような純粋無垢な想いが文章から伝わってくる。「世界中を回ってきて悪い人は一人もいなかった」と書いてあるけど植村さんの人柄がいい人しか寄せ付けないんじゃないかと思う。謙虚でありながら、目標を達成した直後にもう次の目標を見据えてるバイタリティがすごい。いろんな人にお勧めしたい本。
読了日:1月12日 著者:植村直己
東京ドリーム東京ドリーム感想
愛情あふれる話にほろりときたり、ユーモアあふれる文体に思わずくすっ^^と笑ってしまったり。面白くて一気に読んでしまった。「おくればせながら」は泣いた。全部読み終わると心がぽかぽか暖かくなる、なんかそんな本です。
読了日:1月12日 著者:Cocco
ジェノサイド 上 (角川文庫)ジェノサイド 上 (角川文庫)感想
面白い!「え?なんで?」と思う謎が徐々にほどけていく感じもいいですが、ハラハラさせられる展開も非常にいい。研人に謎の電話がくるあたりなんてドキドキしながら読みました。下巻にも期待。
読了日:1月25日 著者:高野和明
ジェノサイド 下 (角川文庫)ジェノサイド 下 (角川文庫)感想
下巻もあいかわらずスリルのある展開。だけどそれだけじゃなく、研人がどんどん変わっていくさまが面白い。無気力で惰性で研究を続ける学生が、命を救いたいと熱を帯びて没頭するところがいい。戦争の場面は読むのが辛くなるほど残虐だけど、こういうのは小説の世界だけじゃなく、今現在ある現実世界にも起こっていることだと、目をそらしてはいけないと思った。
読了日:2月16日 著者:高野和明
輪違屋糸里 上 (文春文庫)輪違屋糸里 上 (文春文庫)感想
あの男くさい新選組の話を女性目線で展開させるのが斬新。芹沢が結構いい奴なのもまた斬新。そして土方が最低な奴だ(笑)。でも「鬼の副長」と呼ばれてたんだからこれの方が案外リアルなのかも。そしてこんな土方も嫌いじゃない(笑)。けれどこの上巻の終わり方は後味悪い。下巻に期待。
読了日:3月2日 著者:浅田次郎
輪違屋糸里 下 (文春文庫)輪違屋糸里 下 (文春文庫)感想
ここに登場してくる女性がみんなかっこいい。新選組を女性視点で描くとこんな感じになるのか。糸里が土方に「わけものうおなごを斬るのはおなごがおとろしいからや。」と言うところがカッコイイ。そして「おゆき」と呼んだ瞬間には涙が出る。沖田目線の章も結構好きだな。
読了日:3月13日 著者:浅田次郎
ツナグ (新潮文庫)ツナグ (新潮文庫)感想
生者が死者に逢える、という話だけだとベタな展開を想像しがちで、実際私も第二章まではそんな印象だった。けれど「親友の心得」で一転。号泣してしまった。そのあとに出てくる言葉だけど、「失われた誰かの生は何のためにあるのか」「必要なことを伝えなかったせいで一生そのことを引きずらなきゃいけなくなった人もいる」の言葉にグッときた。ただ泣かせるための物語ではなく、生とは何かを考えさせられる話だ。
読了日:3月23日 著者:辻村深月
花の鎖 (文春文庫)花の鎖 (文春文庫)感想
まったく交わりのない3人なんですが…なるほど、こういうからくりがあったのね!と、心地よくだまされました(笑)。あとがきに書いてあるようにもう一度読み返してみたいなぁ。読み終わってもまだ混乱してる。とりあえずきんつばを食べたいw
読了日:4月1日 著者:湊かなえ
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)ようこそ、わが家へ (小学館文庫)感想
勝手に大どんでん返しを期待してしまったため、う~ん、普通かなぁ…と思ってしまった。二つの事件が同時進行で進むのでどこかでつながるのかと思いきや、「あ。ただ運が悪かっただけ?」みたいな。倉田も優しすぎるので「もっといけよー!」って思ってしまった私は半沢直樹の方が合ってるかもしれない(笑)。
読了日:4月6日 著者:池井戸潤
月と蟹月と蟹感想
前半は読んでてちょっとだれてしまったけど、中盤あたりからが私は好き。鳴海が慎一の家を飛び出すところは昭一の気持ちを考えると辛くて涙が出た。慎一が車に乗り込むところはこっちもドキドキしたし、最後のシーンも「だめー!やめてー!」ってハラハラした。後味悪い感は確かにあるけど、私は結構こういう作品は好き。
読了日:4月12日 著者:道尾秀介
憤死憤死感想
「トイレの懺悔室」が、まさかこういうホラーテイストになってるとは思わなかった。「人生ゲーム」もそんな感じかと思いきやちょっとほろっとくる展開。徐々に年をとっていくさまがまたいい感じ。「憤死」はこれぞ綿矢りさワールドって感じかな(笑)。くすっと笑わせながらも奥が深い、という。綿矢さんの作品に出てくる女の人って基本、性格悪いんだけどなんかどこか憎めないんだよな~。
読了日:4月17日 著者:綿矢りさ
魔王魔王感想
これは何小説と言ったらいいんだろう?いろいろ奥が深くて面白かった。「魔王」の章の最後の展開は予測できなかった。「え?嘘!?これで終わり!?」って。「呼吸」の章の「強がって頑固な人ほど何かのきっかけで倒れちゃうじゃないか」はなんか納得。
読了日:4月26日 著者:伊坂幸太郎
球体の蛇球体の蛇感想
読了後は、なんかとんでもない小説を読んだ!って感じ。いろんなことが次々と起こって、それが一つ一つ救いようがない。でも、え?あれ?っていう道尾さんらしい展開が。読み終わってもまだいろいろ考えちゃいます。
読了日:4月30日 著者:道尾秀介
こころ (新潮文庫)こころ (新潮文庫)感想
再読。「先生」のやり方は明らかに間違っているけど、私は共感できるところもある。自分のエゴを他人に見せたくないから一人で背負い込んでしまう。けど、誰かに話してみると大したことじゃなかったりするんだよね。恋愛とエゴは切り離せない部分もある。もしかしたら先生の妻もKの自殺の理由は察していたんじゃないかと思う。何が悪いとか断定出来ないから読了後もいろいろ考えてしまう。そこが魅力的で何度も読み返したくなる本。先生と遺書の章が印象的だけど、「私」も結構ナイスキャラで、先生との出会い方がなかなか面白い(笑)
読了日:5月4日 著者:夏目漱石
去年の冬、きみと別れ去年の冬、きみと別れ感想
続きが気になるのとページ数の割に文字数が少ないこと、そして暇だったこともあり1日で読み終わってしまった。「え?どういうことどういうこと??」とどんどん読み進めてしまう。タイトルからは想像できない内容でありながら、タイトルとつながったときちょっとぞっとした。【ここから大いにネタばれ】ただ納得できないのが、あんなことしておきながら雪絵と結婚するってなんかなぁ~って。っていうか雪絵の存在意義がよくわからなかった。
読了日:5月5日 著者:中村文則
しょうがの味は熱いしょうがの味は熱い感想
どっちの気持ちも分かる。もしも私が20歳かそこらの若いころにこういう話を読んでもただただ二人の行動にイライラするだけだったと思う。26歳あたりって、仕事が忙しくなったり、周りは結婚したり子供が生まれたりして、自分のこれからの人生について考えてしまう時期だと思う。「結婚したらとりあえず一人前になれる」とか「大人になってからの自分のことは自分で決めないとどんどんだめになっていくプレッシャー」はすごくよく分かる。
読了日:5月7日 著者:綿矢りさ
ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)感想
まったくバラバラのストーリーなんだけど、最後一気につながっていくからそれが面白い。「あー!これが!」「あー!ここが!」みたいな(笑)。豊田の今後が心配だったけど、最後少し望みがある終わり方でよかった。
読了日:5月25日 著者:伊坂幸太郎
夜行観覧車 (双葉文庫)夜行観覧車 (双葉文庫)感想
ドロドロなのが好きな人はおすすめ。私もそんなに嫌いじゃない(笑)。けれどただのドロドロ劇じゃなく、家族とは何かを考えさせられる話。ずっと一緒にいても気持ちや感情って伝わりにくいものだと思う。ただ、いろんな登場人物が出てくるけど真っ当な人がほとんどいないというのもすごい^^;
読了日:6月2日 著者:湊かなえ
重力ピエロ重力ピエロ感想
昔と今が混じりながらストーリーが展開されていく形がいい。次の展開が気になるのに昔の話が介入してきて、でもそのじれったさが心地いい(笑)。兄弟愛もいいし、父親もいい人で、謎の美人の正体もまたいい。癖のある人ばっかりなんだけど登場人物がとても好きです。
読了日:6月15日 著者:伊坂幸太郎
あやし (角川文庫)あやし (角川文庫)感想
再読。やっぱり何回読んでも面白い。時雨鬼が1番好き。最後、まさかそんな展開になるとは思わなかった。
読了日:6月28日 著者:宮部みゆき
お文の影 (角川文庫)お文の影 (角川文庫)感想
読みながら「ん?なんか読んだことあるような…」と思ったら「ばんば憑き」からタイトル変わったのね。再読だけど面白かった。「ばんば憑き」は相変わらずぞっとする。一番好きなのは「野槌の墓」かな。手間賃が泣けるねぇ…。そして宮部みゆきさんは小さな子を描くのがうまいですね。「よく化ける猫はお嫌いですか」で始まるストーリーが素敵。
読了日:7月13日 著者:宮部みゆき
前巷説百物語 (角川文庫)前巷説百物語 (角川文庫)感想
読むのにと~っても時間がかかってしまいましたが、読了。今までのシリーズでは又市が謎のままだったからこれを読んですっきりするかと思いきや…。確かに又市の過去が知れて謎は少し解消できたものの、ここまで重たい展開になるとは思ってなかった。けれど後半の「え?何これ?どうなっちゃうの!?」的な展開はさすが。
読了日:8月15日 著者:京極夏彦
書店ガール (PHP文芸文庫)書店ガール (PHP文芸文庫)感想
面白い!本好き、書店好きなら絶対楽しめるはず。また働く女性という視点でも共感できる。「私の仕事を軽く見てない?」という亜紀の言葉もすごくよくわかる。あと「電子書籍は本じゃない。データだ」というのも同感。ストーリーの中には実際存在する本も出てきて、私もついアマゾンとかで本を買ったりするけど、書店へ行きたくなった。
読了日:8月22日 著者:碧野圭
【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
一日で一気に読み終えてしまった。続きが気になって勢いが付くと止まらなくなる。後半あたりだんだん謎が解けてきて「ふふん。やっぱりね。」って思うんだけど、ラストのどんでん返し。思わず「え!?」と叫んでしまった(笑)。
読了日:8月24日 著者:乾緑郎
書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)書店ガール 2 最強のふたり (PHP文芸文庫)感想
1同様に、ますます本と書店が好きになる本。私としては敵が多い1の方が面白かったかな。けれど働きながら子供を育てることについて考えさせられる。
読了日:9月8日 著者:碧野圭
おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)感想
「ラフマニノフ」といえば浅田真央ちゃんが使ってた曲だな~と思ってタイトルに惹かれたのと、前作のさよならドビュッシーも面白かったので読んでみた。音楽の描写とどんでん返しは相変わらず好き。そして「マリファナ吸って傑作が書けるなんて妄想か錯覚だと思うし、そもそも薬に頼らなきゃものを創れないなんて普通以下」ってセリフが最近のニュースとかぶるところがある。あと避難所でのライブシーンの「たった一人でも音楽を必要とする人がいるのなら奏でるべきだ」のセリフは胸にしみる。ラストに本のタイトルとつながるのがいいね。
読了日:9月20日 著者:中山七里
大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)感想
面白かった!本当に夏の甲子園の熱さ(暑さ)が伝わってくる。後半は「え?どうなるのどうなるの??」ってハラハラしながらページを進めていった。ちょこちょこ読むよりは一気にガッ!って読むほうがお勧めかな。
読了日:10月8日 著者:堂場瞬一
西巷説百物語 (角川文庫)西巷説百物語 (角川文庫)感想
辛い話が多かったけど、唯一と言っていいのかな?、「豆狸」はじ〜んとくる話で私は一番好きな話。最終章はいつものメンバーが続々と登場してくるところに「おっ!キタキタ!!」となんだか嬉しくなってしまった(笑)
読了日:10月26日 著者:京極夏彦
書店ガール 3 (PHP文芸文庫)書店ガール 3 (PHP文芸文庫)感想
今回は震災と絡めてストーリーが進んでいくのがよかった。震災のことを妙にドラマチックに演出するわけじやなくリアル。「星空だけがいつもと同じように輝いていた」というのが、震災の日私も同じことを思った。そして本って、他の例えばその人が使っていた鉛筆や消しゴムとかとは違う、特別なものだと思う。今回も本好き、書店好きにはたまらない一冊だと思う。こういう書店、近所にないかなぁ…。
読了日:11月4日 著者:碧野圭
チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)感想
陣内のキャラが最高!ああいうキャラは大好き。そして個人的には「イン」が好き。目が見えない人の世界と、永瀬くんの温かい雰囲気の世界観が素敵で。で、ちょっとだけ謎解きみたいなのがあるストーリーが魅力的。
読了日:11月19日 著者:伊坂幸太郎
晴天の迷いクジラ (新潮文庫)晴天の迷いクジラ (新潮文庫)感想
絶望感に満ちたストーリーなんだけど、いや、だからこそほんの些細な出来事がとても幸せに感じる。どうしようもない絶望感と最後にほんのり現れる希望がいい。「ソーダアイスの夏休み」が好きで海老くん好き♪
読了日:12月1日 著者:窪美澄
すべてがFになる (講談社文庫)すべてがFになる (講談社文庫)感想
一度読んだはずなのに「Fって何だっけ?」と思いながら再読(笑)。「7は孤独」という言葉が好きで一番印象的。そして四季のキャラが好きで謎が多いからすごく気になる。もっともっと四季のことを知りたくなった。けれど焦って四季シリーズを読むと訳分かんなくなるらしいので、とりあえず封印再度と有限と微小のパンは読みたいと思う。
読了日:12月21日 著者:森博嗣

読書メーター

10月に読んだ本

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:1048ページ
ナイス数:9ナイス

大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)感想
面白かった!本当に夏の甲子園の熱さ(暑さ)が伝わってくる。後半は「え?どうなるのどうなるの??」ってハラハラしながらページを進めていった。ちょこちょこ読むよりは一気にガッ!って読むほうがお勧めかな。
読了日:10月8日 著者:堂場瞬一


西巷説百物語 (角川文庫)西巷説百物語 (角川文庫)感想
辛い話が多かったけど、唯一と言っていいのかな?、「豆狸」はじ〜んとくる話で私は一番好きな話。最終章はいつものメンバーが続々と登場してくるところに「おっ!キタキタ!!」となんだか嬉しくなってしまった(笑)
読了日:10月26日 著者:京極夏彦

読書メーター

8月に読んだ本

2014年8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1370ページ
ナイス数:26ナイス

前巷説百物語 (角川文庫)前巷説百物語 (角川文庫)感想
読むのにと~っても時間がかかってしまいましたが、読了。今までのシリーズでは又市が謎のままだったからこれを読んですっきりするかと思いきや…。確かに又市の過去が知れて謎は少し解消できたものの、ここまで重たい展開になるとは思ってなかった。けれど後半の「え?何これ?どうなっちゃうの!?」的な展開はさすが。
読了日:8月15日 著者:京極夏彦


書店ガール (PHP文芸文庫)書店ガール (PHP文芸文庫)感想
面白い!本好き、書店好きなら絶対楽しめるはず。また働く女性という視点でも共感できる。「私の仕事を軽く見てない?」という亜紀の言葉もすごくよくわかる。あと「電子書籍は本じゃない。データだ」というのも同感。ストーリーの中には実際存在する本も出てきて、私もついアマゾンとかで本を買ったりするけど、書店へ行きたくなった。
読了日:8月22日 著者:碧野圭


【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)【映画化】完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
一日で一気に読み終えてしまった。続きが気になって勢いが付くと止まらなくなる。後半あたりだんだん謎が解けてきて「ふふん。やっぱりね。」って思うんだけど、ラストのどんでん返し。思わず「え!?」と叫んでしまった(笑)。
読了日:8月24日 著者:乾緑郎

読書メーター

6月に読んだ本

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1024ページ
ナイス数:53ナイス

夜行観覧車 (双葉文庫)夜行観覧車 (双葉文庫)感想
ドロドロなのが好きな人はおすすめ。私もそんなに嫌いじゃない(笑)。けれどただのドロドロ劇じゃなく、家族とは何かを考えさせられる話。ずっと一緒にいても気持ちや感情って伝わりにくいものだと思う。ただ、いろんな登場人物が出てくるけど真っ当な人がほとんどいないというのもすごい^^;
読了日:6月2日 著者:湊かなえ


重力ピエロ重力ピエロ感想
昔と今が混じりながらストーリーが展開されていく形がいい。次の展開が気になるのに昔の話が介入してきて、でもそのじれったさが心地いい(笑)。兄弟愛もいいし、父親もいい人で、謎の美人の正体もまたいい。癖のある人ばっかりなんだけど登場人物がとても好きです。
読了日:6月15日 著者:伊坂幸太郎


あやし (角川文庫)あやし (角川文庫)感想
再読。やっぱり何回読んでも面白い。時雨鬼が1番好き。最後、まさかそんな展開になるとは思わなかった。
読了日:6月28日 著者:宮部みゆき

読書メーター

読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ