てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

稲葉さん歌詞考察

Saturday

別の世界に続いている
たった一つの出入口みたいに
太陽が空に丸い穴をあけて
霧は吸い込まれ街は目覚めた 
(Saturday/稲葉浩志)

最初この歌詞を聴いたとき、「すげぇ…」って思いました。スポーツ選手が超人的なプレイをしたとき、「すごい!!」って感動しますよね。それに似たような感覚で感動しました。こんな歌詞、私が100年かけて勉強しても思いつかない表現です。

このフレーズってものすごく簡単に言うと「朝になった」ってことですよね。いつもの土曜日、いつもの朝が来たという日常を、「別の世界に続いている」「太陽が空に丸い穴をあけて」のような非日常的な描写で表現しています。つまり、「君がいなくなった世界」が今までとは大きく違った世界に感じているのかな~と思いました。また「太陽が空に丸い穴をあけて」というのも、太陽が「穴」に見えてるあたり、君がいなくなってぽっかり開いた自分の心の穴を投影させているのかな、と感じます。私はね。ただ、「朝になった」という言葉だけならここまで想像力は広がりません。比喩表現があるからこそいろんな想像を掻き立てられます。私は結構しつこいくらいの比喩表現が好きです。比喩表現フェチです。

あと、この歌詞って一人称がないんですよね。「君」と「みんな」は歌詞に存在しているのに「僕」だけが存在していないから、本当に世界から自分の存在がいなくなったような空虚感も漂います。そして一人称がないからこそ「君」という存在が強調されてるような気がします。


最初、この歌詞は理解するのが難しくて。「"君だけが足りない"と、そう思えることもまた幸せかも」…え~!どこが幸せなのー!?って思ってたんです。「君がいない」という寂しい歌詞なのに曲調は明るくて、しかも「幸せ」とか「明日への望み」とか前向きなフレーズがある。なんでぇ~?って思ってたんです。なんか今日突然ひらめきまして。「あぁ。そうか。失って初めて幸せに気付いたのかも。」って。君を失って「寂しい」とか「愛情」みたいな鮮やかな感情が光りだして、失ったからこそその時の幸せに気付いた。幸せとは常に「結果」で、現在形にも未来形にもなりえない。失って幸せに気付いたとき、その時点が「幸せ」なのかも、と。

「君だけが足りない」、そう思えることが「幸せ」であったり、「寂しさ」と「望み」、「孤独」と「華やか」、「絶妙」な「不完全さ」。稲葉さんの歌詞って常にマイナスとプラスが表裏一体で、矛盾した感情をダイレクトに伝えてくるからすごく深読みしちゃうし、インパクトがあります。Saturdayも結局前向きなのか後ろ向きなのかどっちかわからない感じが好きです。

新曲もどんな歌詞なのか、楽しみです。

ノミホソウ

近頃の傾向で、人生において足し算ばっかり重要視されてると思うんです。「才能が欲しい」「能力が欲しい」「技術を身につけたい」「実力をつけたい」。もちろんこの足し算は重要なんだけど、それと同じくらい引き算も重要だと思うんです。で、この引き算をせずに足し算ばっかりしようとする傾向があるような気がします。私自身も含めて。「変なプライドを捨てる」「過去の栄光を捨てる」そして「大切な人と別れる」ことも人生において大事な引き算。今ちょうど、卒業入学シーズンですけど、「私、友達と別れたくないから卒業し~ない!」なんて言ってたら一生前に進めないのは自明の理。これはまぁ極端な例だけど。別れがあるから新しい出会いがある。何かを足していこうと考えるなら何かを引いていかなきゃいけないんです。足し算は努力で、引き算は勇気でできるものじゃないかなって思います。

B'zのBlack Coffeeの歌詞って「引き算」になってると思うんです。

「なんとなくお互い疲れてしまうけど、明日になれば関係が修復してるといいな。笑いあえてるかな。これからもずっとうまくやっていけるかな。」という甘い夢を捨てて…。

「さよならしよう。誰も恨まない、憎まないで。優しい思い出は優しいまま、きれいにさよならしよう」という思いも捨てて。

正直な思いを残らずぶつけあい
悔いが残るほど傷つけあい
それでも少し前に進む
そんな運命 シブい運命


この「悔いが残るほど傷つけあい」って言葉がぞっとするインパクトがありました。難しい言葉は使っていないのに強烈ですよね。傷つけずに別れるって一見優しさに見えるけど、1%でも未練を残してしまうと「またやり直せるんじゃないかな…」という甘い夢に逆戻りしてしまう。自分の中の、相手の中の二人の優しい思い出もすべて削除してようやく新しく出発ができる。前進するには悔いが残るほど傷つけあうしかないのかもしれないです。

で、「ノミホソウ」という単語が甘い夢やら苦い思いやらを打ち消す役割を果たしてる気がします。飲み干したら自分の中に入るわけだから足し算じゃね?って思うかもしれないけど(笑)。う~ん、なんて言えばいいのかな。私のイメージでは

明日には変わってるかもよ?
くだらない誤解だって笑ってるかもよ?
こんな甘い夢、どうする?ずっと大事に保存しておく?
いや、ノミホソウ

だれも憎まない、恨まない
優しい思い出をそのままにさよならしたい
そんな苦い思いをどうする?保存する?
いや、ノミホソウ

と、飲み干してどんどん消去してるようなイメージ。
そして「正直な思いをぶつけて、悔いが残るほど傷つけあう」というシブい運命だけが残る。また巧いことにこのシブい運命だけは飲み干してないんです。かわりに「黒い珈琲 苦い珈琲」をノミホソウ、というわけです。そうやってタイトルとつながっていくんですね。そう思うと最後の「黒い珈琲」や、タイトルの「Black Coffee」の意味も、コクの深い味わいになりますね。


おあとがよろしいようで。

自由ってどんなものでしょう?

稲葉さんの記事目的で「音楽と人」を買ってきて、そのほかの記事もパラパラ~と読んでみたら目に留まったのがももクロの百田夏菜子ちゃんのインタビュー。

もう悪い大人たちは壁を作ってくれないんだ

これは国立競技場でのライブの最後に言った言葉らしいんですけど、結構深くないですか?「今までは周りの人が言ってくれたりしてたけど、もうそれに頼ってるだけじゃいけないんだ」と。大人になってから小学生とかを見ると「いいな~小学生は自由で~」とか思いますけど、子供は子供でいろいろ不自由が多いもんです。大人から「あれしなさい」「これしなさい」と言われて、「嫌だ!そんなのやりたくない!」なんて反発しながらもなんとか乗り越え。「これはしちゃだめ」「こんなのできるわけない」と言われて、「何を!やってやるぞ!」と反発して乗り越え。今思うとそういう壁を作ってくれた嫌な大人がいたからこそ成長できた部分もあったと思います。だけどいざ、「はい。あなたはもう一人前だからあとは自由にやって」ってなると戸惑っちゃいます。今まで課せられた課題を乗り越えていくことが目標だったけれど、これから自分で課題を見つけていかないといけない。「課題を課さない」という選択も自由だけど、どんどん自分は駄目になっていくんじゃないかというプレッシャーが生まれて、それはけして楽な選択肢ではないものです。

私は学生から社会人になるとき、戸惑いました。私は学生のころは先生の言うとおりにこなしてきた、大人から見れば「いい子ちゃん」でした。「大人の言うとおりにしてればとりあえず万事うまくいく」みたいにやり過ごしてたから、いざ「はい。あとは自由にやって。」と社会に放り出されたときは「え?何すればいいの?自分な何がやりたいんだろう?」って、いい子ちゃんからダメダメな人間になっちゃってました。私の場合はね。だから今思うと学生時代のころにもう少し反発したり、反抗はしないまでも多少疑問を持つぐらいはしておけばよかったって思います。


ももクロの記事を読んでこんな風に思ったのも、たぶん稲葉さんの記事を読んだ後だからだと思います。「自由=孤独」であり、「本当に自由になろうとするとすごくリスクがあるもの」であり。

幸せはどこにも落ちていない
自分の中にある選んだレールの上にしかないもの
それこそが自由
/Freedom Train(B'z)

「Freedom」と「Train」ってよく考えると妙な組み合わせですよね。「敷かれたレールの上を進む人生なんてまっぴらだ!」みたいな常套句(?)があるように、「レール」ってちょっと不自由さの象徴でもあるような気がするんです。急に右行くとか左行くとかもできない。出発時刻もある。引き返せないし急には止まれないし。ただ、「行き先を選ぶことが自由」であって、行き先を決めたらもうあとはひたすら走るだけ。そのあとどんな苦しみや寂しさが待ち受けていようとだれも責任をとってくれない。自分の身は自分で守らないといけない。最初にも書いたけど、大人から課題を課せられなくなっても、大人になったら自分で課題を見つけていかなきゃいけない。子供のころは「いいよな~大人って。自由に行きたいとこ行けて。」みたいに思うけど、ぜ~んぜん自由じゃないですよね~?(笑)だから自由と不自由って表裏一体なのかなって。自由ってどこでも羽ばたく感じじゃなく、レールの上をひたすら孤独に走り続けることなのかもしれないですね。

けれど、そんな孤独の中、見つける幸せは素晴らしいものなんでしょう。きっと。私にはまだ分からないんですけど。「稲葉さんはきっとそんな孤独な戦いを制して幸せを手にしてきた人なんだろう」…と思いきや、インタビューでは「でも、憧れてるままの方がいいんじゃないか、とも思うんです」って言ってるんですよね。確かに言われてみれば、新曲の「Stay Free」も「自由を手にしろー!」って感じよりは、自由に憧れて、でもなれなくて逡巡して「自由ってどんなものでしょう」って繰り返してるようにも聴こえます。

稲ソロの歌詞って「伝えたい」と言うよりは…いや、そういうのもあると思うんだけど、でもどっちかっていうとそれこそ「念書」みたいに「書き留めたい」という雰囲気がします。だから答えをバンッ!って出すわけじゃなく私たちと同様に悩んで迷って逡巡してるような歌詞。そういうのが好きです。


…好きだからさ~ライブ行きたいのにチケット取れないのよ~(泣)。ライブビューイングも申し込んでみたけど、取れるかな~?とりあえず、今の私は自由よりも稲ソロのチケットが欲しい(爆)。

心の模様が空に映ってる

白い月は刀のようにとんがり
僕のゆく道ぼんやり照らす
/ARIGATO

今さらながらこのフレーズって巧くできた言葉だな~って思うんです。「とんがり」「ぼんやり」って韻を踏みつつ意味は相反するものですよね。自分の気持ちは強く持っていたのに、何もできなかった後悔だけが目の前を映している。月と月の光にそんな自分の気持ちを「投影」させているのかなって思いました。

投影とは?

なんかWikipediaとか見ると↑とはちょっと違うような意味が書いてあるんだけど、一応こっちのホームページをちょっと参考にして書きます。

稲葉さんの歌詞に出てくる「月」って、自分の気持ちそのものを表してるような気がするんです。

あっという間に夜が来て 半分かけた月を見る
今日一日なにをした? そんなこと考えたくもない
/Time Flies

歌詞の中に「半月」を描くのって結構珍しいですよね?なんで半月にしたのかな~?って思ったんですけど、今日一日何の手ごたえもない中途半端な自分を、光に満ちた満月でもなければ、鋭くとがった三日月でもない、中途半端な「半月」と見立てているのかなって思いました。

BABY I'm BABY MOON 石になりそう
君の光を浴びないと
You're the SUN 僕だけを照らして
/BABY MOON

「絶対(的)」では「大好きだって言われたい もしくはただ抱きしめられたい」と言ってるように、稲葉さんって基本、受け身ですよね。BABY MOONも受け身満載、もてあそばれてる感たっぷりのドMな感じ?でもね、それが稲葉さんのいいところ(笑)。月って自ら光を放ってるわけじゃなく、太陽の光を浴びて輝いていて。そんなところが稲葉さんが「月」に感情を映しやすくしてるのかもしれませんね。

ミラーリング効果

心理学でミラーリング効果というのがあります。自分が好感を抱いている相手の仕草や動作を無意識のうちに真似してしまったり、またその逆で、自分と同様の仕草や動作をしている人に対して好感を抱くことを言います。(参照:好感を生み出す「ミラーリング効果」「シンメトリー効果」)聞き上手の人ってこういうことができてるのかもしれないですね。相手の話し方、話すスピードなんかを真似てるのかも。夫婦が長年ずっといると仕草や表情が似てくるというのもミラーリング効果で、相手に好感を抱いているから仕草なんかを無意識に真似しているのかもしれませんね。


そうか。そういえば…。



5年前のNHKスペシャルの稲葉さんに対するインタビューで、「B'zはなぜ売れるんですか?」という難しい質問に、的確な言葉を探すように眉間にきゅっとしわを寄せてちょっと困った表情をしてました。





♪困ったとき少し~まゆ毛を曲げて見せたり~



何よりも確実にはっきり好きなところというのは、稲葉さんと同様の仕草なのかもしれませんね。


話が飛びますが、「Baby, you're my home」の

ときどき君はいなくなる 何も言わないで
そのたびに二人で途方に暮れていた


この歌詞に引っかかったことないですか?「君はいなくなったのに、二人で途方に暮れている…。君と僕と…あと一人って誰…(((( ;゚д゚)))」みたいな。なんかちょっと怖い話風に聞こえてしまいますが(笑)。これってたぶん、本当に君はいなくなったわけじゃなく、ふわっと気持ちだけがどこかに行ってしまう様子を表してるんですよね。きっと。こういう気持ちだけどっか行ってる歌詞って他にもちょいちょい出てきます。

家出少女のように見える君 ほんの数秒の胸のつかえ
無意識なのがかえってやばい感じだよ
 (MY SAD LOVE/B'z)

この「家出少女」というのも、本当に家を出て行ったわけじゃなく、気持ちだけふわっとどっか行っちゃった様子。スムーズに話をしてる時でも、気持ちだけ「前の男」の方へふわっと行ってしまってそんな彼女のことを「家出少女のよう」とたとえてるんですね。

今宵君と 思い切りハジけたいのに
なぜに目線は微妙にずれたまま戻らない
 (今宵キミト/稲葉浩志)

こちらも彼女はうわの空の態度。「僕」を見ていながらも気持ちは別な方向へ行ってます。
MY SAD LOVEにしろ、今宵キミトにしろ、実質的には彼女を捕まえているのに、気持ちだけは捕まえきれてない。なんとかそのハートをがっちり捕まえたいと一途に思い続けるところが切なくてキュンときますね。

でもね、この「うわの空の態度」って稲葉さんがやってる仕草なんじゃないかなって思うんです。ほら。稲葉さんって人の話聞いてないし。スムーズに話できてるな~って思ったらその会話からひょいっと家出してしまう。目線は微妙にずれたまま戻らない。そんな同じことをやってる人を好きになってしまう。これがミラーリング効果ですよ。


「ミラーリング効果」って結構素敵なネーミングだなって思うんです。自分が好きな人というのは自分を映す鏡となっている。自分の長所も短所も映し出して、その人を愛することで自分も愛せる。恋愛だけじゃなくても、人を好きになるということは自分を成長させるためにも大切なことなんだな~って思いますね。
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ