てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

doa

【ネタバレ】doa "3WAY STREET" 2017 in 茨城!!

ついにdoaが茨城に来ました!3WAY STREETが始まった6年前からずっとずっと待っておりました!ここからネタバレしてますので、ネタバレだめな人は見ないでね。











続きを読む

大田紳一郎 Acoustic Live “I am a singin' man” 2017

image

行ってきました、Singin' man!やっぱり大田さんってかわいいな~って思えたライブです楽しかった!
ここから私の覚書みたいなものです。レポとは呼べません。曲順もMCの順番もめちゃくちゃですが、なんかこんなこと喋ったな~みたいな感じで書きました。1st ステージです。

終わらないYesterday
o:こんばんは!
客:…こんばんは??(現在午後3時半)
o:…あ。こんにちは、ですね…(早速間違える)

o:昨日発表になったんですよね?Singin' man's the bandwagonという、今度は僕のソロのバンドでのライブの日程が決まりました。今回記念日が2回入っているんですね。7月14日、この日はdoaのデビュー記念日で。doaのデビュー日なのに僕のソロのライブをやっていいのかって感じなんですけど。あと、8月2日僕の誕生日、パンツの日にやりますので、みなさんもパンツを履いて来てください。僕の区切りの年になるんですよ。ね~…38歳になるんです。…なんかいつも38、38って言ってたらこの前ニュースで60なん歳の人が自称38歳と言って、悪いことして捕まってましたよね。だからもう言うのやめようかなって思ってるんですけど。

o:doa初のライブDVDが発売されます。なぜ今まで出さなかったのかわかりませんが。ちなみにブルーレイはないそうです。VHSもないです。

o:3WAY STREETの日程も決まりました。鹿児島、福岡って。鹿児島は1日しかいられないのか~って。で、そのあとすぐ茨城、千葉、と。スケジュールもスマホで入れてるんですよ。
客:えー!?
o:それ見ると、うわ~ここ中一日しか空いてないのか~って分かるんですよね。
それと、僕もLINEを始めたんですよ。

客:えー!?
o:でもスタンプはまだ買ってないから使えないんですけど。いろんな人に送って。でもdoaのメンバーにはまだ教えていない、という。3WAY STREETが始まる前までには教えたいと思っています。

o:doaの曲をセルフカバーしたいと思います。「真冬の冬」…違う(笑)真冬の冬じゃおかしいですね。「真冬の花」です(笑)。

真冬の花

o:ゴールデンウイークはみなさん、どこかに出かけるんですか?
客:ここ、ここ(笑)
o:あ、ここに出かけたんですね。…なんか徳永君、あの人渋滞につかまってましたね。真庭市ってところに行くみたいなんですけど…まにわわない(間に合わない)んじゃないの?

o:僕は東横線MY LOVEで、ちょうどこの学芸大学駅に住んでいたんですよ。こことは反対側の西口側の商店街の方だったんですけど。窓開けると隣のマンションの窓が目の前で、お互い窓を開けると簡単に飛び移れるぐらい近かったんです。で、そのお隣は家族で住んでいたんですけど、どうやら熱狂的な巨人ファンで。
客:よかったじゃん。
o:僕以上にうわーーー!!って絶叫してましたね。昨日は菅野投手がいい記録出しましたね。…ね。(小さい声で)みんな興味ないですよね。
学芸大に7年、祐天寺に4年住んで、そのあと大阪に引っ越して。アート引越センターで。いや、サカイだ。7年前に代官山でI am singin' manライブやって、そのときに「東横線MY LOVE」という曲をやったので、今回もそれやろうと思ったんですけど。…どんなメロディだったっけ?って(笑)。なんか思い出そうとすると「(AMEMIYAの)冷やし中華~始めました~」になっちゃう。スタッフの人にそのときのライブとかリハの音源とか残ってない?って聞いたんですけど、ないみたいで。

客:えー!?
o:あ。毎回こういう音源って録ってると思った?違うんですよ~。ないんです。だから今回こんな感じだったかな~?って。歌詞は残ってたから新たな歌詞を追加して、「東横線MY LOVE2017」として歌いたいと思います。

東横線MY LOVE2017
マイナーコードの、ほんと「冷やし中華始めました」と同じようなコードでしたが、7年前のはメジャーコードのもっと明るい感じだった気がするんですが、どうだったかな?「学芸大学7年、祐天寺4年住んでて(だったっけ?)レコーディングで終電逃したときは六本木から頑張って歩いた。けれどだいたい中目黒でバテてラーメン屋さんに入ってラーメン食べて。次の日胃がもたれた」みたいな内容でした。

o:稲葉さんのソロツアーを徳永君と一緒に参加して、そのときの曲を久々にやりたいと思います。やっぱりこの曲歌ってみると高いですね。でも一生懸命練習してきたのでがんばります。聴いてください。

I AM YOUR BABY

どの曲をやろうかなって考えた時、一回しか歌ったことがない曲があって。徳島のビアガーデンで僕と徳永君と一緒にやったライブ。お酒飲んで、浴衣着て。そこで歌った曲です。

LOVE LOVE LOVE

o:ここからゲストの方をお呼びしたいと思います。なおけんバンドのお二人です。どうぞ!
なおけんバンドの二人が登場するとき「笑っていいとも」のテレホンショッキングのジングルが流れる。
o:…髪切った?(タモリさん風に)
岩水:…え、あ、はい(笑)
o:登場するときのジングルがね
藤田:ジングルベル?
o:「ジングル」。「ベル」いらない(笑)
藤田君とはもう30年ぐらいからの仲、親友です。藤田君は普段はサラリーマンの仕事しながらこういうバンドもやってるんだよね?僕がまだB'zともZARDとも仕事をする前に、ギターとコーラスの仕事をさせていただいたのが藤田君だったんです。

藤:あ!そうだったの?いや~それじゃあお仕事にだいぶ貢献したね(笑)。
o:その頃はまだギターもいいやつ持ってなくて、藤田君のギターをお借りしました(笑)。

o:で、(岩水さんの方を向いて)実は今日初めて会ったんですけど。
岩:そうなんですよ、実は。いや~むっちゃ緊張してます、はい。
o:今は台湾の方で活躍してるんだよね?
岩:いや、まぁ。そうなんです。最初はみんな僕にめっちゃお金かけてデビューさせてくれたんですけど、全く売れず、それならもう台湾になら仕事があるって言うから台湾に行って。そこでなんとか…
o:台湾で人気が出た?
岩:いや、人気って言ってもちょこ~っと!ほんとにちょ~っとだけ、まぁ、はい。

岩:最初僕がラジオのホストで、こっち(藤田さん)は隔週のパーソナリティー。
o:ホストだったら客じゃないの?
藤:…うん、まぁ客で(笑)。そこで出会って、じゃあちょっと組んでみない?ってバンドを組んでみました。

Standard
初めて聴いたんですが、すごくいい曲でした。歌詞も「だからスタンダードなのか!そういう意味か!」みたいな感じがすごく好きです。

藤:この曲の上をハモるってなかなか新鮮ですね。
岩:上の上をいってる。
藤:もともと主線の上をメインで歌ってもらって、元のメロディを僕が下でハモるみたいな形なんですよ。だから上の上!
岩:上の上!
o:あ、そうなんだ!

o:曲作りってどんな風にやってるの?
岩:3パターンあって。まず、どっちかが作詞作曲したものを持ち寄るパターン。2つ目が作詞か作曲か、どっちかをしてあとは相手に曲か詞を任せるパターン。
藤:3パターン?3つ目って何?
岩:3つ目は、行き詰ってどうにもならないことあるじゃないですか。そのどうにもならない曲を相手に投げるパターン。「あとよろしく」って。だいたいその3パターンでアルバムできてますね。

岩:僕が小さい頃三重に引っ越して、そのとき生まれて初めてトンビを見たんです。その時の衝撃と、僕が失恋したときの衝撃が、同じぐらいだったんです。そこを繋げて歌詞にしました。この曲はみなさんも一緒に歌ってください。サビは簡単に歌えるところなんで。まず僕が歌いますね。♪Oh~yeah~oh yeah~チキチキチキチキ、はいっ!
客:♪Oh yeah~oh yeah~チキチキチキチキ(笑)
岩:(ゆったりとした口調で)トンビが、虫を、捕まえるとき、「チキチキチキチキ」って鳴くんです。

トンビ

o:ここからもう一人のゲスト、鶴屋君にも来てもらいたいと思います。どうぞ!
鶴屋君、「ツルヤ屋」と書かれた画用紙を持って登場。
鶴:それでは、本日水曜日のトピックスはこちら!
o:いや~僕、もうそろそろこのネタ飽きてきてるんですけど。
藤:何?彼、いじめられてるの?大丈夫!?(笑)
o:鶴屋君がツアー中に髪を坊主にしてきたことがあって。そのとき誰かに似てるな~って。あ!宮根誠司に似てる!って思ったらツボにはまっちゃって。その日はドラムの方見れなかった。
鶴:…さみしかったです。
o:そこから僕の宮根誠司いじりが始まりました。

o:なおけんバンドと何か一緒にできる曲ないかな~って考えてメールでやり取りしてたんですけど。そこで思いついたのがザ・タイマーズって知ってる?
客:???
o:あ。じゃあ「デイ・ドリーム・ビリーバー」は知ってる?あのセブンイレブンの曲。この曲改めて歌詞を読むと切ない歌詞なんですね。
岩:これ、忌野清志郎さんのお母さんのことを書いた歌詞らしいですよ。忌野さんは3歳の時にお母さんが亡くなられて、写真を見ながらいろいろ想像したり思い出しながら書いたみたいです。
o:あ~そうなんだ。そう思いながら聴くと余計に…でもしんみりじゃなくて明るく聴いてくださいね(笑)。

デイ・ドリーム・ビリーバー
家に帰ってから改めて歌詞を読んでみたら、確かに切ないです。明るいメロディだから気づかなかったです。そう聴くといい曲だな~って好きになりました。

ここからなおけんバンドの二人は一旦はける。

最高の日々

君が好きだと叫びたい

酔っぱライアー

アコースティックバージョンも雰囲気が違ってかっこよかった。

o:次で最後の曲になります。
客:えー!?
o:次はセブンイレブン…じゃない!コンビニマドンナです。(←天然?)

コンビニマドンナ
鶴屋君の「ドンナ!ドンナ!」が可愛かった。

-ENCORE-
アンコールでなおけんバンドを呼ぶ。藤田さんが大田さんの後ろを通るとき、大田さんの肩をもみもみしながら入ってきました(笑)。
o:今回、告知があるんですよね。
岩:はい。台湾凱旋ライブということで、原宿のミュージックレストラン、ミュージックを食べるわけじゃないですよ?ミュージックを聞きながら食べれるレストランでライブをします。これがびっくりするほど余っていて。一人何席も使えるくらい余裕があります。
藤:川崎球場みたい。o:いや、みんなわかんないから(笑)

o:藤田君は僕と同じペースで飲める友達ですから。
藤:そうなんですよ。僕が「今日こっちのほう来たんで一緒に飲みませんか?」って誘うと絶対来てくれるんですよ。別に暇なわけじゃないですよ?忙しいはずなのに必ず来てくれる律儀な方なんです。お互い「今日は抑えておこう」って言いながら飲むときもあるんですよね。
o:そうそう。今日は抑えておこうって言って結局飲んじゃう。

Stand by me

曲が終わってみんなあいさつ。最後大田さんが残って手を振りながら去ろうとするとき、マイクにぶつかってしまう。一生懸命マイクを直して、直し終わると
o:チキチキチキチキ…
と言って去っていきました(笑)。

Route109 Vol.7 in 横浜 1st Stage -その1-

Motion Blue Yokohamaへ行ってきました。
ここから先ネタバレになりますので、見たくない人は見ないでね。



image






続きを読む

Singin' man's "The Bandwagon" 2016 in 長野

まずはネタバレなしの話。

会場に少し早めに到着して待っていました。外はお祭りで、会場はショッピングセンター(?)の地下です。すると階段から大楠君と鶴兄ぃが飲み物を持ってフツーに下りてきたんです!!あまりに突然の出来事だったのでパニックになってしまい思わず身を隠してしまいました。人間パニックになると何にも行動に起こせないんですね。勉強になりました…。二人に気づいた何人かのファンが「こんにちはー!」って話したら嬉しそうに本当に優しそうな感じで「こんにちは!」って返してました。そうか、そう言えばよかったのか。また一つ勉強になりました。

そうだよな~。これは千載一遇のチャンスだったよな…。まだ会場に人も集まってなかったから握手もできたかもな~。なんかツイッターで大楠君が「コーヒーこぼして手がべたべたになっちゃった」みたいなことをつぶやいてたから、

大:「さっきコーヒーこぼしちゃって手がべたべたしてるけどいい?」
鶴:「(笑)」
私:「全然平気です(笑)!」

みたいな和やかな会話もできたかもな~…。と、ぶっちゃけライブ中も引きずってました。が!そんな後悔も吹き飛ぶ出来事がありました!

それではここからライブのネタバレになります。ネタバレオッケーの方だけ続きをどうぞ。


2016-08-06-16-23-26




続きを読む

稲葉浩志「羽」とdoa「FREEDOM×FREEDOM」

稲葉さんの「羽」が発売され、そして稲ソロのツアーも始まりましたね。さっそくどうでもいい話なんですが、iPhoneで音楽入れてるとアーティストの写真がいつの間にか新しいのに変わりますよね。稲葉さんも前回の首痛めてる写真からTシャツ脱ぎかけの写真へと変わってました。なんかこれって


「あ~首痛いなぁ・・・」


「(Tシャツを脱ぎながら)ねぇ。湿布貼ってくれない?」


みたいな妄想を掻き立てられました。



まぁそれはそれとして。4曲ともすごくいいです。いっぱいで来てある曲の中から選んだだけに結構濃い4曲です。

「羽」は、まずアレンジが結構ツボ。音が鋭くてすこく歌詞とあってるな~って思いました。

「Symphony #9」は、「答えを生みおとす母なる数式」がもう絶妙。どっからそんなフレーズ出てくるんでしょう!最後に「energy」「enemy」「elegy」…と英語で畳みかけるところもかっこいい。

「BLEED」「自分のことを嗤ってみせるけど 謙遜でもなんでもない 諦めたふりして楽になりたいだけ ほんとは誰にも負けたくない」って歌詞が好き。すごく共感できます。「ならば」じゃなく「さらば」なのもなんか稲葉さんっぽいって思いました。

「水路」も聴けば聴くほどはまります。あのアコギの音がすごく好きです。優しくて柔らかいけど芯がある音…。なんだろう?何かに似てるんだよなぁ…。ってずっと思ってたんです。何回か聴いてるうちにわかりました。灯台下暗し。稲葉さんの声と似てる!って思いました。私がそれを思ったとき「そうだ!稲葉さんの声だっ!」と結構感動したんですけど、私のこのつたない文章じゃおそらく伝わらないと思います(笑)。うまく言えないんですけど、柔らかいのに凛とした、相反するような音が一つになってる感じがっぽいなって思いました。「過去を変えたいなら 今を重ねるしかない」って歌詞がいいです。「重ねてみよう」とかじゃない。「重ねるしかない」ってところが、ね。でも「過去は変えられない」というのが一般的な考えなのに今を重ねることで過去を変えられるのか、と少し前向きな気もするし。とっても深い歌詞です。


そしてこの4曲のアレンジを手掛けたのがdoaの徳永暁人。ということでdoaのニューアルバム「FREEDOM×FREEDOM」についても。まず一番グッときたのが「拳」でした。初めて聴いたときは泣きました。こういう歌詞に弱い。やっぱり年かな(笑)。子供のころ憎しみから拳を握り、大きくなってから悔しさから拳を握り、さらに大人になってこみ上げる喜びから拳を握り。こうやって主人公が成長していくごとに拳を握る意味が変わっていって。何ていうんだろう?こういう時系列的な歌詞がすごくグッとくる。余談なんですけど、SUUMOの「足跡」のCMも見ていて泣きそうになります。息子と一緒にお父さんの過去をたどっていくCM。息子が生まれて「絶対に守りたいものができた」と言って家を建てる決意をして、もっとさかのぼって今の奥さんに人生一番の大勝負に出てプロポーズ、もっとさかのぼって初めて一人暮らしをして母親に強がったあと涙が込み上げてくるところを今の息子に慰められるってストーリー。なんかこれと似てる…っていうとちょっとアレかな(笑)。でも「拳」は歌詞だけじゃない、サビの「Ah Ai Yai Ya…Wow…」のところでもジーンときます。車の中でアルバムを聴いてますが、「拳」は運転しながらも泣いちゃう(笑)。

あと、「Kiss Me」は、もう徳ちゃんの反則技。


「酔っても大丈夫だって 俺がついてるって」


いや!だから大丈夫じゃないんだって!!
ウイスキーで酔わせてどうするつもり!?


みたいな!みたいないやらし~歌い方なの!!そこがいい(笑)。

他も大好きな曲ばっかりなんですが、またあとで書けたら書きたいです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ