てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

B'zの曲について

MY LONELY TOWN

MY LONELY TOWN、本日ゲットしました!…本来なら昨日手に入れてるはずだったんですが、昨日発売だってことをすっかり忘れてました^^;いや、発売日はわかってたんだけど、今週月曜日が休みだったじゃん?だから「♪今日が何曜日か思い出せな~い」状態になって昨日が月曜と勘違いしちゃってたわけよ。まぁでも無事に手に入れて聴いてます。本当はもうちょっと聴きこんでから感想を書こうと思ったんですが、最初のインパクトが結構強かったのでちょっと書いてみます。

「MY LONELY TOWN」は、タイトルを聞いたときはバラードなのかなと思ってましたが、バラードじゃないけど…なんなんだろうこれ?みたいなメロディが好きです。そしてストリングスが絶妙ですよね。
さらに稲葉さんの歌詞。

「人はバラバラな生き物」

「ひとりずつみんな 歩いてるこの街で」


一般論としては「みんなひとりじゃない」「みんなつながってる」みたいな言葉になりがちだと思うんです。特に落ち込んでるときとかはこれらの一般論を肯定して自分を励まそうとするんじゃないでしょうか。だってひとりってことを肯定するのはつらいじゃん。でも稲葉さんは一般論を否定して、なおかつ前向きな答えを導き出してます。一般論を否定することはできても、そこから自分なりの答えを導き出すのって結構難しいし勇気がいることじゃないでしょうか。やっぱり稲葉さんって頭いいな~。

これも私の勝手な妄想ですが。稲葉さんが「人はバラバラで、みんなひとりずつ歩いてる」って考えでも前向きに感じられるのは「もうひとりの自分」の存在が大きいからじゃないかな、と思ってます。前々から書いてますが、稲葉さんの歌詞に出てくる「神様」はなんだかとても不完全な存在にみえます。
どんな神様にも救えない(Soul Station)
無限の可能性 未知の未来 神さえ予想不能(X)
「National Holiday」でも「神様がいるなら感謝したいよ」と、「もしもいるなら…」っていう慎重な言い回しがとっても好き。こういう考えも一般論にとらわれてないですよね。でも神様の存在を否定するのは結構つらいと思うんです。本当にひとりになったとき頼る存在がいなくなるから。それに神様の存在って結構都合がいいもので、運の悪さも神様のせいにできますよね。うまくいかないことが続くと「神は私を見放した」なんて言ってね。
でも稲葉さんは神様のかわりに「もうひとりの自分」って存在がいて、絶対に自分を見捨てないというしっかりとしたものがあると思います。神様に責任転嫁せず全部自分のせいにできる稲葉さんだからこそ「人はみんなバラバラ」という答えを肯定したとしてもしっかり前を向いていけるんじゃないでしょうか。

…とはいえ、「みんなひとり」というのが正しく、「みんなつながってる」っていうのが間違い、と言っているのではなく。かろうじて繋がろうとしてるんですよね。こんだけ長いこと書いておいて結局一周しちゃったみたいな結論ですが(笑)。でも、こういう一般論を否定するようなものの見方とか、それゆえの矛盾、みたいな歌詞がとても好きなんです。とっても深い歌詞ですが
旅にでも出ればいいじゃん
っていう軽い言い方がかなりツボです。稲葉さんは天才だ~。


2nd beatの綺麗な涙

ぶるぶる震えてなぜか止まらない なにも寒いわけじゃない
そのままでいいよ 止めなくてもいいよ きっと体が正しい


って歌詞に鳥肌が立ちました。寒さではない体の震えを稲葉さんも体験してきたのでしょうか。うん、あるに違いない。稲葉ソロのライブのときだっけ?インタビューで「ステージに出る前は久々に体が震えた」みたいに言ってたような気がする。チャラチャラやってない稲葉さんだからこそこんな歌詞が書けて、説得力もあるんですよね。で、「そのままでいいよ」って言葉がすごく優しいですね。稲葉さんらしい優しい言葉です。

イチブトゼンブのバラードバージョンは、なんか全然違う雰囲気になってて意外に好き。たいていバージョン違いって好きにならないんですが、「ひとつありゃいいのに」っていう反語的な言葉がバラードバージョンになってさらに切なく聴こえます。


もっと何度も聴き込んでみよっと。

イチブトゼンブ

ここ1~2週間ぐらい体調を崩してました;夏には弱くて…。やっと快復してきたかな。これから休みに入るのでゆっくり体を休めたいと思います。よく女の人なんかは「あと2~3キロはやせたいな~」なんて思ってる人も多いと思うし、私もそう思ってたほうですが、「理想の体重+2~3キロ」ぐらいがちょうどいいな~と思いました。こんなふうに体調悪くして食欲がなくなると2~3キロなんてすぐだもん。そんなときのためにプラス3キロぐらいが健康でいいですね。健康が一番だ!

そんな中「イチブトゼンブ」が発売されて、「National Holiday」の「心配ばかりしてたら体がおかしくなった」がぴったりでちょっと感動しました(笑)。…と言いつつ通して聴いて3曲の中で一番好きなのは「イチブトゼンブ」かな。もちろん3曲とも好きなんですけど。なんていうかありそうでなかった感じ…って新曲出るたびに言ってるかもしれないけど。さわやかだけど軽くない感じがすごく好きです。

イチブトゼンブで好きなフレーズが
困った時 少しまゆげを曲げてみせたり
ってとこ。いや~稲葉さんってそういうとこ見てるんだ~って思って(笑)。稲葉さんって結構女の人の細かいポイントをよく見てますよね。指だったり爪だったり目だったり。長い髪をつたい落ちる滴だったり首すじをちろりと汗がはって落ちる様子だったり。けれど「まゆげ」はなかなか新しいポイントですよね。さっき書いた指とか爪とか首筋とかは色気を感じるようなポイントだけど、好きな女の子に対して「困った時まゆ毛を曲げてみせるところが好き」っていうのは中学生男子あたりが言いそうな感じがして。まゆげが好きとか言ってる稲葉さんがすごくかわいいと思いました(笑)。

あと
愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに
も好きです。「ひとつありゃいいのに…(でもできない)」みたいな反語的な意味も含まれてる気がしてなんか深いな~って。ただ単純に「好き好き~♪」な歌で終わらないのが「さわやかだけど軽くない」ところかもしれないですね。
あと「愛しぬく」という言葉がなんかいい。「愛する」とか「愛し合う」とかじゃなく「愛しぬく」って…なんかいいよね。うまく説明できないけど。あと「ひとつあれば」じゃなく「ひとつありゃ」って言い回しも稲葉さんらしいですよね。「飛びだしゃいい(さまよえる蒼い弾丸)」とか「答えにゃならないよ(HOME)」とか、違和感なく自然なのがいいんだよね~。


そんな新曲が出たところで、本日はサマソニですね。お留守番チームは明日かあさってあたりニュースで映像が流れるかどうかが楽しみなところですね。ゼンブは見られなくてもほんのイチブが見られれば…♪それだけでいいのに~…


おあとがよろしいようで。


イチブトゼンブ/DIVE
イチブトゼンブ/DIVE
クチコミを見る

ウルプレゲットです!

ベストが出ることにそんなに興味はなかったんですが、WonderGOOのポイントがたまってたんで「それじゃ買うか」って感じでした。そういえばPleasure2のときもワングーのポイント貯めて買ったんだよな~。ところで抽選会開催の店舗を見てみると茨城のCDショップってWonderGOOが主流なのね。私が行ったお店もこの開催してる店舗のはずなんだけどできませんでした。夜遅くて予約とかしてなかったから終わっちゃってたのか、店員さんが忘れてたのかよくわからないんですけど。っていうか私も抽選会のことすっかり忘れてたから聞けなかったんだよね(爆)。わざわざ「抽選会やってないんですけど…」ってお店に行ってステッカーだったらなんか恥ずかしいし、まぁ別にいいと思ってるんですけど。いらないと思っててももらえないとなんか気持ち悪いですよね(笑)。まぁいいや。ポイントは1,517ポイント貯まっていたので、2,683円で購入♪ウルトレまでまたポイント貯めるぞー。

そして、発売まで全然興味を持ってなかったし買ったときもそれほどテンションも上がったりしなかったんですが。いい!これはいいぞ!!


DVDが!!


なんでこんないいものを隠し持ってるんだ!!CIRCLE OF ROCKなんていつも小出し小出しじゃん。あぁ、それでもこの特典はうれしいですね☆

巷じゃ千葉マリンよりlove me, I love youのときの稲葉さんの網タイツにTバック姿の話題で盛り上がってるとか(?)。いや、確かにあれはすごいですね。私はリアルタイムで知らないのでもちろん生で見てないですが、そのほうがよかったです。生で見てたら絶対歌なんか聴いてなかったと思う。現にDVDで見ても歌なんか聴いてないで稲葉さんのケツばっか観てたもん(爆)。もしライブで見てたら歌どころじゃない!「稲葉さーん!後ろ向いて後ろー!!」って感じだったでしょう^^;よかった…現場にいなくて…。当時の稲葉さんも「ファンの視線が痛くて恥ずかしくて、一回だけ普通の衣装で出たときがあった」って言ってましたよね。稲葉さんは間違いなく、最高で最強の残像を一個置いてってます。

いや、その話じゃなくて。それもいろんな意味で凄かったけど、やっぱり千葉マリンで歌った「LOVE PHANTOM」は凄かったですね…。つい祈りながら見入ってしまい、また泣きそうになりました。前奏のところで雷で空が明るくなるところ、「カラの身体が」あたりの雷鳴と観客の悲鳴、そのときの稲葉さんの心配そうな顔、もうドキドキしてしまいました。このときに近くに落ちたんですね。私が思わずしゃがみこんじゃったところです。この雨は見てのとおり、雨というよりですからね。滝の中で歌ったり演奏したり、よくできましたよね。


さて、もう一回見よ♪
そういえば稲葉さんの顔って年々ちっちゃくなってません?(笑)

「ACTION」感想

ラジオの書き起こしに夢中で「ACTION」聴けてなかったんですが、やっと聴きました。全部聴き終わった後は「…すごい」と思わず独り言を言ってしまいました(笑)。いつもは全部で50分くらいですよね。でも今回は67分だっけ?時間もたっぷりあるし、曲数もたっぷりあるし、その上一曲一曲が濃いからもうおなかいっぱいな、すご~く満たされた感じがします。好きとか嫌いとか、気に入る気に入らないとかなんかそんな次元じゃないような気がする。こんなアルバム作れるのは日本ではB'zしかいないだろうなって。とにかくこのアルバムを一言で言うなら「…すごい!」です(笑)。
全曲じゃないけど私の感想をちょいちょい書こうと思います。

・純情ACTION
こういう曲は文句なしに好きになります。こういう曲調の音楽が好きだからB'zが好き、みたいなところもありますしね(笑)。この曲は聴けば聴くほどどんどん好きになってきます。「じっとしているだけならそれも大きな罪」って言葉がすごいですね。ズブリ胸に突き刺さります。前奏とか間奏の「ACTION」はライブで言いたいですね!

・パーフェクトライフ
やっぱりこの曲いいです。歌詞がすごくいいです。「一夜漬け」のところの「いっちゃづけ」という歌い方がすごく好き(笑)。「君の甘い香りに矛盾はない」と嗅覚で物事のつじつまを図る野生的な感じがとっても稲葉さんっぽい。「何かに向かい手をのばし」のところで手をのばしながら歌ってる稲葉さんの姿がもう見えてます。あぁ…早くライブ行きたい…。

・一心不乱
「がむしゃらにひきこもれ」って言葉がすごいですね。「がむしゃら」と「ひきこもる」という言葉をいっしょに使おうなんて考えるの、日本中どこを探しても稲葉さんしかいないと思ってます(笑)。

・FRICTION -LAP2-
「Won't be scared to lose everything」のあとの、シングルバージョンよりも高い声の「yeah!」なんかかわいくないですか?

・わるいゆめ
「毛布のような平和」がヒット。こんな比喩表現出てくるの、日本中どこを探しても稲(以下省略)。

・HOMETOWN BOYS' MARCH
こういう曲調好きです。なんて言うんだっけ?こういう♪タンタ タンタ のリズムの曲。B'zの曲でそういうタンタタンタのリズムの曲好きなんです。MY SAD LOVEとか旅☆EVERYDAYとか。明るい曲調だけどどこかちょっと切なくなる歌詞もいいです。「別に」のところで某女優を思い出してしまったことは内緒です(爆)。前にこの記事で稲葉さんの「ん~♪」って声が好きだけど最近はあんまりない、みたいなこと書きましたが、「ヒマツブシ」のあとにコーラスとかぶってるけど、この「んん~♪」がツボです。復活してくれてありがとう!(笑)

・光芒
これも好き!こういう激しめのバラードも好きです。Raging Riverとか。そして稲葉さんの声域をフルに生かした曲ですよね。「行く道を閉ざそうとする」のあとの「自分を救う」と1オクターブ(?)一気に上がるところなんかぞくぞくします。この記事で稲葉さんは母音の特徴を生かして言葉を使ってる、と書きましたが。この曲も「狂う」「苦痛」「Blue」「救う」「Truth」と「内向的で閉鎖的な印象」を与えるウ段を使ってるんですよね。これも曲調とか、歌詞全体のイメージにぴったりの母音を使ってるんですね。さすがです。これもライブで聴きたいな~。

・オレとオマエの新しい季節
前に「稲葉さんは過去より未来より今を大事にしてる印象がある」と書きましたが、ここでも出てきてますね。「昨日より今日 明日より今日 いつも今のオマエを見よう」なんか自分の考察どおりの歌詞が出てくると嬉しいですね(笑)。

・BUDDY
去年からCD化を待ちわびていたのですごく嬉しかったです。やっぱりこの曲好きだな~。


まぁこんな感じかな。全体的に稲葉さんの歌詞、自虐的な感じが多いですよね。最近減ってきたかな?って思ってたんですが、まだまだ稲葉さんは自虐的なようですね。「誰に望まれて生まれたの ボクが欲しいなら手をあげて 何人いるかな」とか、「あると思いこんでた友情はそこになかった 笑える話じゃないか?」とか。…レコーディング、かなり追いつめられてたのかな…^^;そこも含めて好きです。っていうかそこが好きかも。これからバンバン聴き込みたいです。それにしても歌詞カード、じっと見てると目が悪くなりそうですね。目がチカチカします^^;

ここから

SUPER LOVE SONG買いましたよ♪


さてさて。やっぱりさっそくDVDからですよね~(笑)。で、見てみたんですが…まあまあ、こんなもんか、という感じ。いろんなところで同じような意見があったと思いますが、このDVD、ライオネル色が強いですよね。なんていうか、落ち着いて見れないところとか最後は何の余韻も残さずいきなりぶった切るところとか(笑)。SPLASH!の特典DVDの方がよかったかな~と思います。でもでもいいけどね。これでも十分。っていうかこれは「特典」で「メイン」じゃないし(笑)。まだ一回しか見てないからもうちょっと見てみよう。

そしてメインを。SUPER LOVE SONGはやっぱりかっこいいですね。稲葉さんの言葉の入れ方がすごく好きです。
またも/や季節が終/わる~
みたいなとこ。うまく説明できないんだけど。文節で区切って歌うんじゃなくて、音で区切って歌ってるとこ。あと、
そんな行為は粋じゃない
っていう言葉の音が好き。これもうまく言えないんですけど、なんかよくないですか?「じゃない」の感じがメロディとぴったりあってる感じが。あとあと、
狂信的な
の「信」のところでキーがあがってるとこが好き。これもまたうまく言えないんだけど。


そして3曲の中で一番好きなのは「ここから」かも。最初に歌詞を読んだとき、なんだか胸がドキドキしました。痛みをリアルにさらけ出す歌詞は結構久々のような気がします。

間に合わせの言葉で
埋めつくされた死んだ歌
そんなものばかり必死こいて
歌っていたのかもしれない


この部分が一番ドキッてしました。SLSでも思いましたが、「歌手、稲葉浩志」の姿は今まで歌詞の中では出てこなかったように思います。が、今回はSLSの「一度でいいから歌ってみたいんだ」と、「ここから」のこの歌詞。歌手としての稲葉さんの姿がリアルに現れて、しかもそれが歌手として苦悩する部分だからなんだかドキドキしてしまいます。「泣ける」というよりドキドキするんだよな~…。でもこれだけのキャリアを積んだ人が「死んだ歌」なんて自虐的な言葉を使うところが稲葉さんらしいですね。そして歌手としての稲葉さんが
声が枯れはててもかまわない
なんて言うのはすごい覚悟を表してますよね。歌手であっても「声が枯れはててもいい」という決意。そういう「歌手、稲葉浩志」がモロに見える曲って今までになかった感じですごく新鮮です。本当にいい曲だ~。「この曲に出会えてよかった」って思える一曲かもしれないです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ