てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

B'zの曲について

アルバムDINOSAURの感想

アルバム「DINOSAUR」の発売からしばらく経ちましたが、いいっすね!アルバム全体の感想としては「B'zにまだこんな引き出しがあったのか!」って感じ。B'zらしさを残しつつ、お互いのソロで得たものを加えつつ、みたいな。運転しながら聴いていて、歌詞をじっくり読みながら聴いてはいないのですが、とりあえずそれぞれの曲の感想を書いてみました。

Dinosaur
稲葉さんがガニ股で吠えまくってるMVがまずかっこいいです。で、アルバム発売前に見たMVでは「まだできんだろう」だと思って聴いてたんですが、歌詞カードを見たら「マネできんだろう」なんですよね。このフレーズが意外な言葉だったし、自虐的にも聞こえてすごく好きです。30年続けてるからこそ厚みのある曲です。全体的に歌詞は攻撃的なんだけど、その中でふっと「微笑んでくれるキミが好きさ」と歌う歌詞の緩急が良いです。INABA/SALAS「OVERDRIVE」の「覚えてるかい いつだったろう 海辺のベンチの上で」のそれみたいな、攻撃的な歌詞の中にふわりと柔らかいフレーズを入れてくるな~って思いました。

CHAMP
最初の「バックミラーはいらない 振り向くつもりもない」というフレーズから心持ってかれました。かっこいいんだけど、トップにいる人だからこその孤独感みたいなのが切ないです。

ハルカ
タイトルが「ハルカカナタ」ではなく、「ハルカ」で止めてるところが女の人の名前にも見えていいな~って思います。「君ははるか彼方の星 ひとりじめにしちゃいけない」って歌詞がなんか切なくて好き。

それでもやっぱり
タイトルだけだともっとダメダメな歌詞かと思っていたんですが、なんとも切ない歌詞でした。「仲が良い時代」じゃなくて「仲良しな時代」っていうのがなんかかわいい。

Queen Of The Night
「ただひたすら汗かいて」の「て」の稲葉さんの声が好き。

SKYROCKET
ライブで聞きたいな~って思う曲です。

ルーフトップ
派手な曲ではないけど結構存在感のある曲です。

弱い男
タイトルを知った時点でこの曲に期待していましたが、期待以上だった!大好きな曲です。「弱い」の稲葉さんの歌い方が絶妙。本当に情けない感じが好き。ラジオで福山雅治さんが稲葉さんのことを「今まであった人の中で一番いい人」と言っていたけど、心の中では「見せかけの優しさ 評判だけは結構いいみたい」と思っていたのでしょうか。そしてなんと言ってもこの曲はサックスがめちゃくちゃいい!!誰が吹いてるんだろう?って思ってクレジットを見たら「GREG VAIL」、松本さんのソロの方で参加された方ですね。このサックスソロがあるかないかで曲が全然違いますね。

愛しき幽霊
「きっとあなたが聞きたがっていた言葉もかけられず」という歌詞が結構キュンときました。「幻」ではなく「幽霊」としたのはなんでなのかな~と意味を深読みしてしまいます。

King Of The Street
これは何と言っても「そこらじゅうで始まってる工事はいつ終わるのでしょう 教えてくれ知事」という歌詞に賞をあげたい。歌詞の中に「知事」という単語をはめられる稲葉さんって天才。そしてドラムのトミー・クラフェトス。声明のドラムもかっこいいと思いましたが(イントロがめちゃくちゃかっこいいですよね)、この曲のドラムも好き。ハイハットオープンってやつですか?合間にシャン!って入るあれがかっこいい。

Purple Pink Orange
タイトルだけでは意味が分からなかったんですが、最後のフレーズを聞いたときに「あ!夕暮れの空の色を表してるのか!」と気づいてゾワッと鳥肌が立ちました。最初と最後は同じフレーズだから最初で気づいてもいいはずなんだけど、歌詞カード読まないで聞いたらなんか最後に気づきました。この曲もライブで聞きたいです。


そうか。ライブももう始まるのか。今回は1公演しか行けないけど楽しみたいと思います。あとで、特典のロッキンの映像の感想もぜひ書きたい!

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)
B'z
バーミリオンレコード
2017-11-29


EPIC DAY

EPIC DAY、発売になりましたけどいいね!
結構どの曲もツボにはまってます。松本さんが「ギターを弾いてていまだに新たな発見がある」と言ったように、B'zの曲を聴いてる私たちも「B'zにはまだこんな引き出しがあるのか!」と新たな発見があります。もう出しつくしたんじゃないか!?って思ってもまだまだまだまだ出てくる。EPIC DAYもB'zの新たな引き出しを見つけた気がします。4年ぶりですしね。改めて私、B'zの曲ってやっぱり好きだなって思いました。

Las Vegas
B'zの王道って気もするけど、ありそうでなかったような雰囲気。そしてあのMVもいいですよね。ああいうの好き。「Ahaha」が好き。

Exit To The Sun
「歩いて行くしかない」ってフレーズがいい。Pleasureの「胸を張って生きるしかない」とか、Sha la la アヤカシNIGHTの「生きるしかない この世界ずっと」とか、稲葉さんの「~しかない」という言葉の使い方が絶妙で好きなんです、私。絞り出すような勇気というか、強さというか。で、「歩いていくしかない」から「歩いて来たんだよ」になって、「I will find a way」と、徐々に徐々に前向きになっていくところもいいです。メロディも徐々に盛り上がっていく感じで。ライブで聴きたいなぁ。

NO EXCUSE
この曲はやっぱり「もう一回やらせてください」がツボ。なんでしょうあの、色っぽくもあり、いやらしくもあり、情けなくもあり、かわいらしくもあるあの絶妙な声のトーン。ああいう声の出し方って稲葉さんにしかできないと思う。
苦しいんだよ でもそれが普通
スッ転んだら立ち上がるよ
その姿にみんながシビれるのだから

この歌詞も好きだな~。

アマリニモ
CMで聴いてる部分と、そのHISっていうCMのイメージから「よ~し!旅に出ようぜ~!いぇ~い!!」みたいな感じかと思いきや…。
「I gotta go スピードをも少しあげよう」

なぜなら…

あまりにあまりにあまりにも
君がよみがえってしまうから


という倒置法の妙。
前向きにどこかに出かけようって感じじゃなく、寂しさから逃れるためにどこかに行こうとしてるんですね。「なにも辛いわけじゃない。ただ寂しい」というのがすごく切ない。

EPIC DAY
この曲聴いてシビれない奴なんているの?って感じです。もうめっちゃかっこよくて本当に神がかってる!
罠にハマらず
生きて生きて生きて生き抜いて
すべてを取り返して見せりゃいいじゃない

って歌詞が好きだな。「生きて生きて生きて生き抜いて」って言葉、確か2003年の渚園のMCで言ったんだっけ?この言葉いいですよね。
そしてあのたたみかけるようなギターソロ。そしてなんといってもシェーンのドラム、すごすぎっ!!!めっちゃかっこいい!!この曲、ライブではできることならシェーンだけをずっと見ていたい!いったい何がどうなってるのかを知りたい(笑)!

Classmate
難解な比喩表現もなく、ここまでドストレートなストーリーも結構珍しいような気がします。そして片想いの歌詞、たとえば「だれにも言えねぇ」とか「GIMME YOUR LOVE」みたいに、結果をぼかしてるようなのが多いような気がして、ここまでがっつりフラれてるのも珍しいような気もする。この曲が聴き終わると昔のアルバムをめくり終えたような、懐かしくて温かくちょっと切ない気持ちになります。
君は変わらずとてもきれいで
僕の髪は伸び放題

ってところ。なんかわかるわ~…。ユーミンのDESTINYの歌詞「どうしてなの 今日にかぎって安いサンダルをはいてた」の男バージョン、みたいな。いや、違うか(笑)。

Black Coffee
稲葉さんの伝家の宝刀、カタカナ表記。「ノミホソウ」。カタカナにしたことで無理やり飲み込もうとしてる感じがします。

君を気にしない日など
最初タイトル見たとき、なんで「君を気にしない日など『ない』」まで入れなかったんだろう?って思ったんです。この主人公ってちょっと素っ気なくて、素直に謝れない人ですよね。だから素直に「君を気にしない日などない」と言えず、中途半端なところで止めてるのかな~って思いました。

Man Of The Match
なんでしょう。この歌詞を一言で言うならばドMな天才バカボン?(笑)でも稲葉さんのこういうドMな歌詞、好きです。これも稲葉さんの伝家の宝刀か?「押し潰されるほどの重荷をわたしにください」なんて歌詞、普通出てこないですよね~。


どの曲が好き、というより全体的に楽しめるというか。すごくまとまってますよね。やっぱりB'z、カッコいいわ。惚れ直しました。ライブが楽しみです♪

アルバム「C'mon」感想

最初は車でざっと聴いて、それから歌詞を読んで改めて聴くといろいろ新しい発見があって面白いです。とりあえず一週間たって、思った私の感想なんかを書いてみようと思います。

C'mon
やっぱり歌詞が好き。前向きは前向きなんだけど、能天気な前向きさじゃなくて、かすかな、絞り出すようにかろうじて前向きって感じなのがいいです。だから軽々しく聞こえないし、きれいごとで終わらせない感じがします。「ゆっくりでいい」というのが、Brotherhoodの「走れなきゃ歩けばいいんだよ」に通じるような、稲葉さんらしい優しさですよね。
手をとり かけぬけた思い出が
今も燃えているなら
僕らは負けないだろう

って歌詞も好きです。

ひとしずくのアナタ

恋とは 互いを根こそぎ奪う戦い
というフレーズがもう私的にはホームラン。よくこんな言葉が出てくるなぁ。「SAIHATE HOTEL」の「恋に落ちるということは不安まみれで過ごすこと」というフレーズを思い出しました。「恋」をきれいな面だけじゃなく、ネガティブにとらえるところがさすがです。こういう言葉は20かそこらの小娘や小坊主には出てこないでしょう。なんつって、私は一生かけてもこんなフレーズ思い浮かばないと思うけど(笑)。

DAREKA
明るい曲調だけどなんか切ないというか。
体調をこわして何日も休んでいるというのに
電話さえもない何も滞らない 社会はクールにまわる

というフレーズが、切ないを通り越してなんかぞっとする^^;ありえる、こういうこと。でも「こたえてくれ」のところはライブで一緒に歌いたいな~って思います。あと「ひとりでいるのが楽だと・・・」じゃなくて、「ひとりでいるのが楽ちんだと」なのが、なんかいい(笑)。

ボス
会報ではケムリの世界2011とか言ってたから(稲葉さんはケムリの世界を忘れてたみたいだけど・笑)どんな歌詞なのか、まぁタイトルが「ボス」だからどんなこと言ってるかは察しがついてたけど、想像以上に皮肉ってるな~って思いました。あ、今気づいたけど「アイムソーリー」を二回言ってるわけじゃなくて、二回目は「ソーリー」って伸ばさないで「アイアムソーリ(総理)」とかけてるんですね。

Too Young
こんな曲調もB'zではできちゃうんだから、ほんと幅が広いよな~。こういうのもライブでぜひ聴きたい。稲葉さんって「黒い青春」とか「未成年」みたいに、若さを謳歌できてない歌詞がちょいちょいありますよね。頭が良くてかっこいい稲葉さんだからさぞや青春を謳歌してたと思うんだけどな~(笑)。

ピルグリム
最初の「♪テレレテレレ・・・」ってギターの音が好き。だけど私の乏しい知識ではこんな表現しかできない^^;本当に、桜が舞ってる映像が浮かんでくるような、そんな音色です。
めぐりめぐってまた 君が消えた
景色が僕をとりかこむ

って表現がいいですよね。主格が「僕」じゃなく「景色」に変える、たったそれだけで孤独感とか、寂寥感みたいなのが全然違いますよね。こういう詩的な詞は、最近ますます磨きがかかってるような気がします。

ザ・マイスター
本当に「ピルグリム」を書いた人と同一人物?と疑いたくなるくらい、ちょっとダサイ詞が魅力的です。アップアップしてヒィヒィって・・・。稲葉節炸裂!って感じ。「そうだ、オレはマイスターって信じながら」ってところが、なんか洋楽の訳詞を読んでるような。洋楽の訳詞ってなんかちょっとダサイ時ないですか?なんかそれっぽい。あ、ダサイダサイって言ってるけど私としては褒め言葉です(笑)。ダサいことをカッコ良く歌えるのはB'zのなせる技でしょう。
鉄を打つなら 打ち続けろ
「鉄は熱いうちに打て」と言いますが(余談ですが「アツイウチニウテ」が勝手にカタカナ変換される・笑)、熱かろうが冷めていようがとにかく打ち続けろ!って言うのが好きです。稲葉さんってことわざとか慣用句をちょっとひねるのが得意ですよね。「僕は打たれるほど出しゃばる杭」みたいな。

デッドエンド
世間一般としては「夢を持て」とか「夢を持つことの大切さ」みたいなことが言われてますが、稲葉さんの考え方は夢が見つからないこともありっちゃありなわけで。正しいとか間違ってるとかは別にして、こういう稲葉さんの考え方は好きです。
夢を描けないのならひたむきに待てばいい
生き続けることでしか何も生まれない

夢を持つことは本当にとても素敵なことだけど、それ以前に、生きてることだけでも素晴らしいってことを忘れちゃいけないと思います。人生自体思いがけないことなんです。

命名
正直言うとこの曲がこのアルバムの中で一番ピンとこなかった曲です。というのも、たぶん私は親になったことがないからだと思います。話がそれますが、徐々に自分が年をとると今まで常に「先輩」だった稲葉さんが、昔の曲は「年下の稲葉さん」だったり、「タメの稲葉さん」になったりして面白いです。たとえば、今私は28歳なので稲葉さんが28歳ごろの曲というと・・・RUNとかZEROとかそのあたりかな?仕事帰り考えすぎのムシがじわりじわりと湧いてくる感じ、ちょっと前の私ならいまいち理解してなかったと思うけど、そのころの稲葉さんと同年代になった今、「あぁ~わかる!」ってなるんですよ。また一方で、「月光」みたいな詞は今の私でも絶対書けないだろうなって思って、やっぱり稲葉さんってすごいなって思うし。年をとるにつれて歌詞の見方がちょっと変わってきてそれが面白いんです。
大幅に話がそれちゃいましたが、この「命名」も私がもっと年をとったとき、よくやくわかってくるのかな~と思います。別に嫌いな曲ってわけじゃなく、何となく意味も察しているんですよ?でもなんかこう、がっちりつかめない感じなんですよね~^^;


まぁざっとこんな感じです。私の感想は。「ざっと」と言っても結構長々と書きましたが(笑)。「ピルグリム」と「ザ・マイスター」が結構お気に入りかな。でもまたライブで聴くと印象が変わったりするんですよね。早くライブに行きたーい。プレミアムライブ当たんないかな・・・。

フライングゲット☆

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)MAGIC(初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:B'z
販売元:VERMILLION RECORDS
発売日:2009-11-18
クチコミを見る


無事にゲットできました。抽選会も無事にでき、トートバックをもらいました。何かに使えるかな?

とりあえず曲は聴きました。久々のオリジナルアルバム、なんかね、いろいろ浮気してきましたがやっぱりB'zが好きだ~って思いました。いや、浮気相手も好きなんですが(笑)。


明日から車でガンガン聴きたいと思いますが、曲に集中しすぎて運転がおろそかにならないように安全運転を心がけたいと思います(笑)。細かい感想はまた後で書きたいです。でもこれだけは言える。


全部ライブで聴きたいーーー!!!

MY LONELY TOWN

MY LONELY TOWN、本日ゲットしました!…本来なら昨日手に入れてるはずだったんですが、昨日発売だってことをすっかり忘れてました^^;いや、発売日はわかってたんだけど、今週月曜日が休みだったじゃん?だから「♪今日が何曜日か思い出せな~い」状態になって昨日が月曜と勘違いしちゃってたわけよ。まぁでも無事に手に入れて聴いてます。本当はもうちょっと聴きこんでから感想を書こうと思ったんですが、最初のインパクトが結構強かったのでちょっと書いてみます。

「MY LONELY TOWN」は、タイトルを聞いたときはバラードなのかなと思ってましたが、バラードじゃないけど…なんなんだろうこれ?みたいなメロディが好きです。そしてストリングスが絶妙ですよね。
さらに稲葉さんの歌詞。

「人はバラバラな生き物」

「ひとりずつみんな 歩いてるこの街で」


一般論としては「みんなひとりじゃない」「みんなつながってる」みたいな言葉になりがちだと思うんです。特に落ち込んでるときとかはこれらの一般論を肯定して自分を励まそうとするんじゃないでしょうか。だってひとりってことを肯定するのはつらいじゃん。でも稲葉さんは一般論を否定して、なおかつ前向きな答えを導き出してます。一般論を否定することはできても、そこから自分なりの答えを導き出すのって結構難しいし勇気がいることじゃないでしょうか。やっぱり稲葉さんって頭いいな~。

これも私の勝手な妄想ですが。稲葉さんが「人はバラバラで、みんなひとりずつ歩いてる」って考えでも前向きに感じられるのは「もうひとりの自分」の存在が大きいからじゃないかな、と思ってます。前々から書いてますが、稲葉さんの歌詞に出てくる「神様」はなんだかとても不完全な存在にみえます。
どんな神様にも救えない(Soul Station)
無限の可能性 未知の未来 神さえ予想不能(X)
「National Holiday」でも「神様がいるなら感謝したいよ」と、「もしもいるなら…」っていう慎重な言い回しがとっても好き。こういう考えも一般論にとらわれてないですよね。でも神様の存在を否定するのは結構つらいと思うんです。本当にひとりになったとき頼る存在がいなくなるから。それに神様の存在って結構都合がいいもので、運の悪さも神様のせいにできますよね。うまくいかないことが続くと「神は私を見放した」なんて言ってね。
でも稲葉さんは神様のかわりに「もうひとりの自分」って存在がいて、絶対に自分を見捨てないというしっかりとしたものがあると思います。神様に責任転嫁せず全部自分のせいにできる稲葉さんだからこそ「人はみんなバラバラ」という答えを肯定したとしてもしっかり前を向いていけるんじゃないでしょうか。

…とはいえ、「みんなひとり」というのが正しく、「みんなつながってる」っていうのが間違い、と言っているのではなく。かろうじて繋がろうとしてるんですよね。こんだけ長いこと書いておいて結局一周しちゃったみたいな結論ですが(笑)。でも、こういう一般論を否定するようなものの見方とか、それゆえの矛盾、みたいな歌詞がとても好きなんです。とっても深い歌詞ですが
旅にでも出ればいいじゃん
っていう軽い言い方がかなりツボです。稲葉さんは天才だ~。


2nd beatの綺麗な涙

ぶるぶる震えてなぜか止まらない なにも寒いわけじゃない
そのままでいいよ 止めなくてもいいよ きっと体が正しい


って歌詞に鳥肌が立ちました。寒さではない体の震えを稲葉さんも体験してきたのでしょうか。うん、あるに違いない。稲葉ソロのライブのときだっけ?インタビューで「ステージに出る前は久々に体が震えた」みたいに言ってたような気がする。チャラチャラやってない稲葉さんだからこそこんな歌詞が書けて、説得力もあるんですよね。で、「そのままでいいよ」って言葉がすごく優しいですね。稲葉さんらしい優しい言葉です。

イチブトゼンブのバラードバージョンは、なんか全然違う雰囲気になってて意外に好き。たいていバージョン違いって好きにならないんですが、「ひとつありゃいいのに」っていう反語的な言葉がバラードバージョンになってさらに切なく聴こえます。


もっと何度も聴き込んでみよっと。
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ