てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

音楽一般

アインシュタインよりディアナ・アグロン

HKT48の歌詞が女性蔑視だと話題になりました。どうやら「どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない」とか「何も知らなくてもメイク上手ならいい」みたいな歌詞がそうらしいです。ということで、全体的にどんな歌詞なんだろう?と興味をもって歌詞を見てみました。

アインシュタインよりディアナ・アグロン


…想像以上に嫌いだ。この歌詞。


でもね、歌詞に反論するのはいいと思うんです。けれど、その歌を排除しようとする動きが私は好きじゃありません。たぶんこの歌詞って、「うん!わかるわかる!」という人ももしかしたらいるかもしれないけど、同調を求めるというより「うわっ!こんな友達いたらイラッとする!でもいるいる!」とか、もうちょい上の世代の人だと「まったくこの娘ったら!」みたいな、ちょっとイラッとさせるのも狙いだと思います。正論だけじゃなく、聞き手に反論させる表現方法はとても面白いと思います。

批判の声にこの曲を作詞した秋元康さんはノーコメントだったようですが、歌詞にいちいち説明しなきゃいけないなんてアホらしい、とでも思ったのかな?だとしたらちょっと理解できるような気がします。
例えば、石川さゆりの「天城越え」の

誰かに盗られるくらいなら
あなたを殺していいですか

だって、真に受けたら「だめに決まってるじゃん!」だけど、それぐらいの燃えたぎる情みたいなのが読み取れますよね。

尾崎豊の「15の夜」の

盗んだバイクで走り出す

も、やってはいけないと頭ではわかってるのにどうしようもないやるせなさというか、そういうのを表してると思います。

これらの歌詞に、バラエティでよく出てくる「※このあとスタッフがおいしくいただきました」というテロップのように

誰かに盗られるくらいなら
あなたを殺していいですか
※人殺しは犯罪です。絶対にやってはいけません。

とか


盗んだバイクで走り出す
※このあと尾崎はバイクを返しました。

なんて言ったら冷めるじゃん。

歌詞に説明求めるってそういうことじゃない?今は冗談で書いてるけど、歌詞を批判して拡散するとそのうち本当に歌詞カードにこういう但し書きが出てくるかもしれないよ?歌詞に関してはその言葉通り受け止めて批判するのはどうかな~って思います。批判し、発売中止にする動きが増えると、裏の意味とか、逆説的な表現方法が使いにくくなってしまうと思います。それに個人的には正論だけの歌詞はつまんないです。ちょっとひねくれた、意表を突く言葉が面白いと思います。

歌詞とは違うんですが、報道ステーションを降板した古舘伊知郎さんが、「偏った意見ばかりするな!」みたいな批判を浴びた、ということをインタビューなどで言っていました。いろいろ考え方はあると思いますが、私は偏った意見も賛成です。視聴者はそれを見て「いやいや、古舘さん!それは違うよ!」と反論することによって自分の考えが明確になると思うからです。常に正しいことを言っていると、視聴者は全部鵜呑みにして考える力が弱くなってしまうんじゃないかな。確かに「ニュース」という番組で偏った意見でいいのか?、難しい問題ではあるけれど、そういう「テレビ番組」は必要だと思います。「確かにそれは同意見」とか、「いやいや、それは間違ってる」とか、各々考えを持つことで多様性が生まれるんじゃないでしょうか。

ちょっと真面目なことを書きましたが、どうしても言いたくなって書いてみました。

彼らの音楽を愛するわたし達

最初そのニュースを聞いたときは信じられなくて、今でも正直信じられません。けれど、少し気持ちが落ち着いてきました。

何をどう言ったらいいか分からないけど、間違いないのは、私は彼らの音楽を愛していること。中学生の頃、辛いことがあったとき「PRIDE」を聴いて気持ちが救われたことをよく覚えています。日本武道館で聴いた、抜群の歌唱力で圧倒された「けれど空は青」は素晴らしかった。alive in liveでの代々木で聴いた「RED HILL」はすごかった。あれに勝る音楽はいまだに出会っていません。

今まで、芸能人が薬物で捕まって、そのあとすぐに芸能活動復帰するのを見ると「まったく。芸能界は甘いな~」なんて思ってたよ?確かに。でも…あまりにももったいない。

彼らの音楽を愛するたくさんのファンがいる。そして何より、あんな騒動になりながらもコンサートを中止にせず、本人の代わりに謝罪した素敵な相棒がいる。だから、きっと、きっと、立ち直れる。立ち直ってくれ。

どれだけ時間がかかってもいいから、薬からは一切断ち切った姿で「待たせたね~!」が聞きたい。いつか会えることを信じています。

ASKA CONCERT TOUR 12>>13 ROCKET in 桐生市市民文化会館(その3)

その1

その2

からのつづきです。
14.Kicks Street

15.LOVE SONG
この曲からみんな立ち上がります。(それまで座って聴いてました)やっぱりこの曲いいな~。好きだ♪

16.L&R

17.バーガーショップで逢いましょう
この曲も懐かしい。そう言えばちょっとだけ振り付けがありました。

18.晴天を誉めるなら夕暮れを待て
この曲では歌詞が飛んだのか、体力的にきつかったのか分からなかったんですが、サビの一部をちょっと飛ばして歌ってました。サビのところはみんな両手を上に手拍子。これもまた盛り上がります。

-MC-
A:「厚生年金会館」というのがなくなっていって、僕も思い入れのある会場なんだけど。何かやってほしいこととかありますか?ってそこの館長さんに聞いてみたら、昔チャゲアスでやった10daysをやってほしいって言われたの。でもその時ソロ活動中だったから(笑)。ソロとして10daysをやって。そしたら思いがけずアンコールなんか来ちゃって。「ごめん!歌用意してなくて、新曲あるんだけどまだ歌詞付いてないからラララで!」って全部ラララで歌ったの。…ようやく完成しましたので今回はちゃんと歌詞が付いた状態で聴いてください^^

19.僕の来た道
ASKAさん、ギターを持ってるんだけど、サビでは両手を広げて歌ってるからほとんど弾いてません(笑)。ギターいる?^^;「からだ中にフルーツがいっぱい」とか「先の丸い鉛筆があると悪いことをしてるみたいで」みたいな歌詞がかわいらしいんだけど、かわいらしい中にも力強いというか。いつ歌詞を書いたのか分からないけど、震災後の日本の人たちに当てはまるようなそんな歌詞なんだよね。「君はとても頑張ったと思う 僕はとても耐えたと思う」って歌詞が好きです。

20.いろんな人が歌ってきたように
SCRAMBLEのアルバムの中で一番好きなのはこの曲です。ASKAさんの伸びやかなヴォーカルもさることながら、歌詞がまたいいんです。そもそもタイトルの「いろんな人が歌ってきたように」って、結構すごくないですか?いろんな人が歌ってきたことをあえてなぞる必要ないと思うんです。ASKAさんもいろんな人が歌ってきたことをあえて外した時期もあったと思うんです。けれど結局「すべては愛だってこと」に辿り着いた。35年近く歌い続けてきたASKAさんが歌うからこそ重みのある言葉です。

-ENCORE-
いったんメンバーたちは引っ込んで、再びステージへ。ステージ上手下手へ移動し、お客さんにお辞儀をしに行く時、ASKAさん、スピーカーを蹴っ飛ばしてしまいおろおろしながらスタッフさんと一緒に定位置に直していました(笑)。
A:ごめんね~一回引っ込んだりして(←この言い方がめちゃくちゃかわいかった)すぐ出てくるのにね~。一応形だけ!アンコールありがとうございます。
アンコールは今まではね、(「あの鐘を鳴らすのはあなた」の最初のフレーズをものまねを入れて)「♪あなたに会え~て~…」なんて歌ってましたが

客:歌ってー!
客:歌って~!!
A:いやっ!ごめん!反省してる!やりすぎた!You Tubeでカウンターが上がるたびにすごく複雑な気持ちになってた。

↑またみんなでカウンターあげようぜ(笑)

A:僕らの時代ってかわいい曲が流行ったんだよね。この曲も僕らが学生時代、同世代の男子はみんなこの曲に胸をキュンキュンさせていました。太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」。

21.木綿のハンカチーフ

-MC-
A:どう言ったらいいのかな…。3月11日、あの東日本大震災が起きて、その日を境にこの国は大変なことが今でも続いています。震災の後、いろんなミュージシャンとかが被災された地域に行って皆を元気づけて、それは素晴らしいことで、僕もすごいなぁと思っていました。けど僕の場合、そのとき何も動けなかった。現地…現地って言うか、被災された場所に行って人を集めて歌うってことは、僕にもできたと思うんだよ。だけど中には「歌を聴くどころじゃない」って人もいるって思うと、動けなかった。ただ、テレビにかじりついて涙を流しながら見てるだけだった。今ではそのことを少し後悔してます。
自分に今できることをやろうと思って、最初は配信って形だったんだけど、「いま歌う」というシリーズで最初に「廃墟の鳩」というのを配信しました。そうやって曲を歌っていったのが12曲になったから、じゃあアルバムを出そうってことになって、3月27日「僕にできること」というタイトルで発売されますが、会場ではいち早く発売しております。この収益は「セーブチルドレンジャパン」を通じて復興に活用されます。今でも福島とかではああいう状況で問題が山積みで、まだまだ支援が必要です。僕はこういうことは絶対言わないんだけど、今回のアルバムに限っては言わせてください。みなさん、このアルバムをよかったら買ってください。


僕にできること いま歌うシリーズ [CD]

↑私ももちろん会場で買いました。

震災の時は「なにも動けなかった」という人は多かったと思うんです。そしてそのことを後悔してる人もまたいると思います。私もそうです。ASKAさんもやっぱり普通の、一人の人間であって、やっぱり私たちと同じように動けずにいて、しかもASKAさんの場合は多くの人を集めることができる人だからこそその後悔も大きいのかもしれません。けれど、「自分にできることをやる」っていうASKAさんの気持ちが伝わったMCでした。私のこの拙いレポではうまく伝わってないかもしれませんが、ちょっとでも何か伝わればいいなと思います。アルバムもいいですよ。昭和の曲のカバーだからチャゲアスファンじゃなくても楽しめるアルバムだと思います^^
22.同じ時代を
「震災よりずっと前に作った曲なんだけど、今に当てはまる」とASKAさん自身も言っていましたが、ほんとそう思います。


-------------------------------------------------
チャゲアス解散騒動や、震災で被災した方々への想いやら、いろんな話が聞けて良かったです。もちろん歌もよかった♪新旧まんべんなくやってくれるのが嬉しいですね。夏のチャゲアスのライブも見に行きたいな~。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

ASKA CONCERT TOUR 12>>13 ROCKET in 桐生市市民文化会館(その2)

つづきです。

以下、ネタばれ。



-MC-
A:ソロの最中なのに、追加公演も決まったのに、(チャゲアスの)再始動が決まりました(笑)。
客:拍手^^
A:もう4年もたってるんですよね~。あのシッタモンダ…シッタモンダじゃない(笑)。あの騒動から(苦笑)。ついこないだのような気がしてたんだけど、もう4年もたってるんですね。
「もうソロとしてやっていこう」って決めたのは実はアンプラグトライブをやってる時でした。もともと僕らはソロとしてやっていくつもりで出てきて、デビューするために組んだ二人だから最初からソロ意識っていうのはお互い強かったんだよね。長くやってると…なんだろうな~…。二人の色が出すぎたのかな。二人でやる楽しさみたいなのが分からなくなってきたんだよね。
このまま楽しくないと思いながら続けることはできなくて、お互いソロでやっていこうって決めたのがそのアンプラグトライブのとき。だからアンプラグトライブでは一曲一曲「これが最後だ…これが最後だ…」って思いながら歌っていました。だからあの時の曲はどれも強く印象に残っています。
ソロでやるって決めて、そのためのミーティングを繰り返し開いて。その中で…他に言い方がないからしょうがないけど、僕らのファンクラブ、ね。本当にありがたいことです。僕らのことを応援してくれてる人たちが集まったこのファンクラブをどうしようって話になって。僕らソロでやっていくのにファンクラブだけ二人の名前じゃおかしい、違和感があるからそれだけはやりたくない。これも一度ゼロにリセットしようって思ったの。
そんな話し合いが続いて「解散」ってことがもう決定になって、いつ発表するかとか発表の方法とかを打ち合わせする、本当の最後の最後になって、なんか景色が見えたんだよね。その景色っていうのが、客席から楽しんでくれてるお客さんの顔がまず見えて、俺の隣に…ヤツがいた。もうソロでやるって決めてたのに、そこに見えた景色は俺一人じゃなかった。あいつが隣にいたんだよね。そこで、もう決定だったはずなのに初めて迷いが生じてね。それじゃここは、お客さんに、オーディエンスに甘えようじゃないかということで…。ちょうどその前の年に、サザンが活動休止を宣言していて、なんか僕らもなぞってるみたいで本当は嫌だったんだけど、でもしょうがない。「活動休止」という形を取らせていただきました。

僕ら二人でデビューしたころからソロって言う意識が強かったんだよね。最初俺が一人で歌って、そのあとあいつが「嘘」っていう曲で一人で、この曲がまたいい曲でね、カチンとくるんですよ。僕が最初にソロでやるために作った曲を聴いてください。

客:拍手
A:(小さい声で)……一週間空くとうまく話まとまんないなぁ…。

もう本当に解散しようとしていたこと、知ってはいたけどやっぱり本人の口から直接聞くと重みが違います。けれどそれを思いとどまらせたファンの力ってすごいなぁとも思いました。「俺の隣にはヤツがいた」と言ったときはゾクッときました。なんか…う~ん、私もうまく話まとめられないや(笑)。とにかく、ソロ活動もありつつでいいから、これからも解散だけはせず続けていってほしいな、と思います。

11.冬の夜

12.水ゆるく流れ

13.けれど空は青~close friend~
この曲は相変わらずいい曲だ…。間奏でASKAさんは後ろに下がり水を飲み、一気に気持ちをためてからの「残らずに 残さずに」と歌い、最後の「信じればいつもの空」のあの伸び。やっぱりここがカッコイイ。

-MC-
客:ASKAさーん!@*#$%???
A:うん、よくわからないけどありがとう!
客:ASKAさん大好きー!
客:大好きー!!
A:うん、一緒一緒

A:最近、情報を取り込むってことをしなくなったんですよ。昔はいろんな音楽を聴いて、「こんな曲を作りたい」ってイメージを膨らませていたんですけど、最近はギターとかピアノでコードを弾いて作っちゃうだけだからね。情報を入れなくなっちゃったんだけど、最近映画を見に行ったの。「レ・ミゼラブル」見た?面白いよねー!舞台では見たの。ロンドンにいたときに見てすごいなーって思って。だからこれが映画になったらものすごい壮大な感じなんだろうなって思って…。…壮大は壮大なんだよ。でも…あれミュージカルになってるの。ずーっと歌ってるの!だから最初「あれ~?ちょっと思ってたのとは違ったかな~…」って思ったんだけど、どんどん映画の世界に引き込まれていって。最後のジャン・ヴァイジャンが死んだところなんてよかったね~。ねー。
だから……いいものはいいって話ドラムス江口信夫!

と、突然メンバー紹介(笑)。
A:いいものはいい。ドラムは江口信夫。
ドラムの江口さんとベースの「メッケン」こと荻原基文さんは、初めて会ったのは学生時代のようで。学生のとき江口さんの家にいたのかな?お店にいたんだったかな?そしたら突然荻原さんはアイスクリームを食べたくなったようで、荻:「すいません!僕、アイスクリームを食べたくなりました!」江:「うん?アイス?いいよいいよ~買ってきな~」と、荻原さんは外へ。けれど当時はコンビニとかもなかったからアイスを売っているところがなくて、気が付いたら自分の家の近くまできてしまったからそのまま家に帰ってしまったそうです。アイスを買いに出て行ったまま、次に会ったのが15年後だったそうです(笑)。江:「どう?アイス見つかった?」なんて言って再会したそうです。

コーラスの藤田真由美さんは、もともとOLさんだったそうです。けれどたまたま見たドリカムのコーラス募集の広告を見て、応募してみて、見事合格して現在も歌を続けているそうです。

もう一人のコーラス、一木弘行さんは現在は福岡でボイストレーナーをやっているそうです。有名なCM曲も歌ってきたそうで、それをちょっと歌ってもらいました。まずはピアノの澤近泰輔さんにキーをとってもらって歌い出すんだけど…

一:……フリーダッ…ちょっ、キーが高い(笑)
これに、会場爆笑!
一木さんの指示が間違えたのか、澤近さんが指示を読みとり間違えたのか、それとも澤近さんは意図的に高いコードを弾いたのか、真相は闇の中(笑)。
で、やり直しするとジャパネットたかたのフリーダイヤルを歌ってるのが一木さんのようです。ここでASKAさんは高田社長のものまねをしてました(笑)。

ピアノの澤近さんを紹介する時A:そして、さっき意地悪をした…と、紹介されちゃいました(笑)。
A:「澤近泰輔」っていう名前はクレジットでよく見ると思うけど、アレンジャーというよりは僕らにとってはもう「プロデューサー」。さっきも言ったけど、アンプラグトライブでは一曲一曲「これが最後だ」って思いながら演奏して歌ってたからどの曲も印象に残ってるんだけど、その中でも一番印象に残ってるのが「RED HILL」って曲なんだよね。彼のアイディアですごくいい曲に生まれ変わって。次の曲も彼のアイディアで生まれ変わった曲です。
みたいな感じで次の曲へいきます。

-------------------------------------------
ここからは余談なので読み飛ばしてもらっていいんですが、この2007年「alive in live」で演奏した「RED HILL」。私も幸運なことにこのライブを見に行けました。で、やっぱり私もこの「RED HILL」は印象に残っています。今まで行ったすべてのライブを総括しても、この日の「RED HILL」が一番、強烈なインパクトだと断言していいです。映像的なことはほとんどと言っていいくらい覚えていないんです。けど、この曲を聴いたときの自分の感覚だけが強烈に残っているんです。なんて言うのかな…。うまくたとえられないんですが、自分の身体が気体になって音楽の中へ吸い込まれていっちゃうような、なんかそんな不思議な感覚。不思議なんだけど心地よい感覚で。だから私もこの曲のことはよく覚えてましたが、「これが最後…」と思いながら演奏してたとは夢にも思いませんでした。



----------------------------------------------

あ、でも次の曲はRED HILLじゃないよ(笑)。
つづきます。

ASKA CONCERT TOUR 12>>13 ROCKET in 桐生市市民文化会館(その1)

ASKAさんのコンサートに行ってきました!

ここに見に来てる人はチャゲアスにはあまり興味のない方もいらっしゃると思います。スルーしてもかまわないんですが、今回はチャゲアスファン以外の方もASKAさんが考えてることとかあのときどう思っていたとか。そういうのも知ってほしいな~と思ってるので、もしよければ読んでくれると嬉しいです。とはいえ、結構長くなりそうです^^;少なくともこの「その1」編には、その知ってほしいことにはたどり着いておりません(笑)。まぁもしよろしければお付き合いください^^

まだ、ツアー中なので隠しておきます。

以下、ネタばれです。
続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ