てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

音楽一般

真夏の通り雨

NHKのSONGSという番組で宇多田ヒカルさんが出演したとき、小田和正さんがVTRで宇多田ヒカルさんの「真夏の通り雨」という曲について次のようにコメントをしていました。

最後にそのすべてを象徴するように、
突然『止まない真夏の通り雨』と歌います。
息をのむようでした。
そうか。通り雨なのに止まないのか。
何度聴いてもそう思いました。


それについて宇多田さんはこう言っていました。

「私がもしその瞬間死んじゃったら私にとってはそれは「降りやまなかった雨」になるんで。次の瞬間があるという前提がないということですね。」

この二人の話を聞いてぶわっと鳥肌が立ちました。
なぜか「映画ドラゴンボールZ 神と神」というタイトルを思い出しました。

真夏の通り雨の歌詞

「真夏の通り雨」という曲はイントロなしに次の歌詞から曲が始まります。

夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまで鮮明だった世界 もう幻


夢は、夢を見ている間はそれは夢とは認識しておらず、夢から覚めて初めて「今のは夢だった」と認識します。それは、通り雨は雨が通り過ぎてからようやく「通り雨」と認識できるのと同じように。冒頭の歌詞と後半の歌詞はこのようにつながっていたんですね。


「降り止まぬ」と「通り雨」というのは矛盾します。「通り雨」と認識しながらもそれが「降り止まない」と思っています。その瞬間死んでしまうかもしれない「私」の主観的な視点であれば「降り止まない真夏の雨」となっていたでしょう。これは、客観的な時間軸(未来を思っていつかこの雨はやむだろうと思う人の時間軸)と、主観的な時間軸(次の瞬間があるという前提がない「私」の時間軸)にずれが生じる自己矛盾みたいなものを「降り止まぬ 真夏の通り雨」と表しているんじゃないか、と。それは、月日は次々と変わっていくのに思い出にしがみついて悲しみから抜けられない私。夢から覚めたにもかかわらず、再び瞼を閉じて夢に戻ろうとする感情ともリンクすると思います。

ざっくり言うと「君の名は。」のトリックを歌詞に取り入れた、みたいな。小説や漫画が好きな宇多田さんならではの歌詞なのかもしれません。よく読むとこの曲の歌詞には、そういう時間軸のずれがあるフレーズがいくつも出現しています。

さっきまであなたがいた未来

「未来」という言葉を過去形で修飾していたり、

揺れる若葉に手を伸ばし

木々が芽吹く 月日巡る

「真夏の通り雨」というタイトルでありながら、「若葉」や「芽吹く」と初夏に使うような季語が出てきます。また、「初夏」と「真夏」のずれというのが絶妙だと思うんですよ。春、夏、秋、冬、それぞれ1cm間隔だとすると初夏と真夏は2.8mmぐらいの職人技。気づく人は気づくけど、気づかない人は気づかない微妙で繊細なずれ。

複雑になればなるほど説明を加えたくなって言葉を足してしまいそうですが、歌詞って文字数が制限されています。こんなにも複雑な感情を短いフレーズに当てはめていくのは本当に匠の技です。もはや「天才」という言葉が陳腐になってしまうくらいの才能をお持ちの方だな~と番組を見て思いました。


Fantôme

Cocco 20周年記念Special Live at 日本武道館~一の巻~


image

行ってきました。久々の日本武道館。この前日辺りから体調が悪くて当日もぎりぎりまで行くかどうか迷っていました。でももう何か月も前から楽しみにしていたライブなので、なんとかありったけの体力を使ってライブに行きました。行ってよかった…☆もう最高でした。そして体調も治りました(笑)。

WOWOWでも放送されるようなのでこの記事でもし興味がわいた方がいたなら、ぜひ見てみてください!


ここからレポですが、もし違っていたら鼻で笑ってください。それでは、どうぞ。





続きを読む

正しい やさしいであれ

エイプリルフールネタをずっと最新記事にしておくのもアレなんで、何か書きます(笑)。

今年はCoccoが20周年ということで、Mステに出たり、ラジオにも精力的に出演してます。いろいろ聞きましたが、私が一番面白かったのがマンボウやしろさんがラジオパーソナリティのTOKYO FMスカイロケットカンパニーという番組。

やしろさんがお笑いでデビューしたころ、Coccoさんもデビューで、歌っているのをたまたま見たらしいんですが、
や:「裸足で髪振り乱して、白いワンピースで胸とか見えちゃうんじゃないかって感じで。この人やばいんじゃないか!?って思いましたもん。」
C:「20歳までノーブラだったから。CDの特典のフォトブックにも乳首透けてるのもあるよ。」
と言って、その写真を見せようとするCocco。
促されるままやしろさんも見ようとするんだけど
や:「……ちょっと待って。これ、本人目の前にして見ていいのか?
C:「あっはははは!大丈夫!かわいいよ♪
や:「いやっ!無理無理無理!!」
C:「かわいい奴だな

っていうやり取りが面白くて一人で爆笑してました(笑)。

で、やしろさんが本当にCoccoさんの大ファンみたいで、活動中止前の武道館ライブでのMCを完コピできるぐらいのファンで。企画をすっ飛ばしていろいろ熱く語っていました。やしろさんは「ジュゴンの見える丘」が好きで、「正しい やさしいであれ」という言葉、この二つだけを持っていればいいんだ、といつも心にとどめているそうです。

そこで、改めてこの言葉を考えてみると、すごくシンプルな言葉なんだけど、とても深いなぁって思ったんです。「正しい」と「やさしい」の二つを同時に叶えるのって実はすごく難しいことなんですよね。

ジュゴンの見える丘のCDにはこんな言葉が書いてあります。

日本における約70%以上の米軍基地を抱え今なお揺れ続ける島、沖縄。
でも「YES」か「NO」かを問われるのは残酷だということを知ってほしい。
ただ「I LOVE YOU」のために。
世界よ、正しいやさしいであれ


米軍基地がなくなることが仮に「正しい」ことだとしても、それは「やさしい」なのだろうか。誰かを傷つけることになるのではないか。こういうことって沖縄の米軍基地問題だけじゃなく、誰もがあると思うんです。正しいことをしたり、正しいことを言うと誰かを傷つけてしまうということ。

でも、やしろさんのように「この二つだけでいいんだ」という考えもあるんですよね。「アレが足りない」「何になれない」と、いろんなことを求めて悩んでしまうけど、「正しい」「やさしい」だけでいいんだ、と。私もこの二つだけは忘れずに生きていきたいと思います。

Sensation LIVE Image 〜Axis〜 in 目黒Blues Alley

Sensationライブに行ってきました。

B'zのライブではエレキギターを持ちながらアコギを弾いて、目をハートにして松本さんを見つめてる大賀さんの演奏を一度間近で見てみたいとずっと思っていました。Route109でも大賀さんは何回かゲストに出ていて、それに行きたいと思っていたんですがどうもスケジュールが合わなくて叶いませんでした。が、Sensationのライブでようやく叶いました。もちろん、大賀さんだけじゃなくメンバー全員かっこいい演奏でした。

このあと、一応隠しておきますが、曲に関しては一切レポしてません。やっぱりインストの曲を私のつたない文章では説明できないので。MC中心です。しかも意味不明だと思います。私の覚書みたいな感じです。それでもいいという方はつづきをどうぞ。







続きを読む

【ネタバレ】Cocco Live Tour 2016 "Adan Ballet" in 仙台PIT

Coccoさんのライブに行ってきました。

まずはライブとは関係ない話。
ライブには今まで何回も行ってますが、今回初めてマイカーでライブに行きました。茨城から仙台に高速で約3時間。電車で茨城から行くと一回栃木に入ってそこから新幹線に乗らなきゃいけなくて、よく調べてみると車のほうがちょっとだけ早いので「じゃあ車のほうがいいじゃん!安いし♪」と思って車にしたんだけど、結構疲れた(笑)。それにガソリン代のこと考えてなかったらそこまで安くないかも^^;高速下りてから一般道で車線が多くてビビったし。茨城であんなに車線多い道路はないと思う。都会だな~仙台って。けど、荷物はトランクに積めるから、荷物が重くなっても問題ないのがいいですね。また仙台でライブがあったら車で行くかも。

今回、「親子席」というのが設けられてて、小さなお子さんを連れた人が多かったです。開場まで並んでたら私の後ろの親子の会話がかわいくて。たぶん5歳くらいの女の子なんだけど、開場時間になってドアが開くと「もうすぐだねー!歌楽しみだねー!!」って言ってるのがもう可愛くて可愛くて。抱きしめたくなりました(笑)。

ここからネタバレになりますが、いつもの通りあんまり多くは期待しないでね。あとで付け足せたら付け足すかも。
それでは、どうぞ。






続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ