てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

日常の出来事

ブラック企業体験記~揺らぐ決意編~

ブラック企業体験記~面接、入社編~
ブラック企業体験記~人物紹介編~
ブラック企業体験記~繁忙期編~
ブラック企業体験記~決意編~

からのつづき。


祖母のお葬式事件が起きた翌日、即、転職サイトや派遣会社に登録しました。さすがに繁忙期に辞めるのは会社に迷惑がかかると思ったので閑散期になったら辞めよう、と思っていました。

が、閑散期になるとその決心が揺らぎます。
その理由の一つは、1年目はわからないことばっかりだったけど、2年目は慣れてちょっとはましになるんじゃないか?という淡い希望があったこと。

2つ目は他の社員に迷惑をかけたくない。なんか気まずい。

3つ目に次の仕事が見つかるかどうか不安。

辞めようかどうか迷っていました。けれど、退職するきっかけになったこと…まぁいっぱいあるんですけど(笑)。

閑散期に入ると続々と人が辞めていきました。やっぱりみんな、繁忙期に辞めるのは気が引けたのでしょう。事務所にいたパート社員の方も辞めていきました。この方、とても優しくて忙しくて電話に出られない時には、その方も忙しいはずなのに電話に出てもらったりしてました。その方も含め、多くの社員が辞めていったにもかかわらず社員を補充しようとしません。今の人数で回していこうとします。土方(仮名)いわく、「仕事をきちんと分散できれば俺の計算上では20%のゆとりはある」と。土方(仮名)は本当に頭のいい人なんですけど、この計算だけは信用できない。絶対間違ってると思う。いったいどういう計算をしたんだ。そんなわけで、私の「2年目になれば少しはましになる」という淡い希望は壊れていきました。

さらに決定づけたことが。登録している派遣会社から仕事の紹介をいただいたんです。これが結構大きなきっかけでした。
例のキム社長(仮名)の朝礼でもう一つよく言われていたことが「みんな、給料が支払われてるだけでここはまだ良いほうなんだよ!ほかの中小企業では給与が支払われていないところが多いんだから!」と。「んなわけあるかい」と思いながらもこういう言葉で「退職したとしても次雇ってくれるところはないんじゃないか…」と洗脳されてたのかもしれません。事実、ほかの事務所の二人、その二人は私よりも全然若いにも関わらずやはり「ほかの仕事が見つからないかも」とか「給与がまだましだし」とか言ってました。冷静に考えれば月100万はもらわないといけないぐらいの待遇の悪さなんですけど、どこかマヒしてしまったのか、洗脳されてしまったのか。
私も「この年齢じゃ次見つけるの大変だよなぁ…」と思っていたときの、仕事の紹介でした。私でも必要としてくれる会社は絶対にある。洗脳が解けた瞬間です。

今度こそ、揺るがない覚悟で「退職願」を書き上げたのです。入社して1年4か月目のことです。

つづく。

ブラック企業体験記~決意編~

ブラック企業体験記~面接、入社編~
ブラック企業体験記~人物紹介編~
ブラック企業体験記~繁忙期編~

からのつづき。


そんな繁忙期のある日。
私の祖母が亡くなりました。少し認知症も入り、施設に入っていました。自分の子供の名前も出てこなくなっていましたが、私が最後に会ったときは「あら~○○ちゃん(私の名前)じゃないの~!」と。私が「分かる?」って聞くと「分かるでしょ~よ~!」と嬉しそうに答えてくれて。いよいよ危ないかも…という話もちらほら出てきていました。亡くなる前日、その日は休日で私の両親は祖母の施設に行ったのですが、私は連日の仕事で疲れ果てていたので家にいました。そしてその翌日に亡くなったのです。最後にもう一度会っておけばよかったと、後悔しています。

祖母が亡くなったことを課長、課長代理に報告し、休みを申請しました。しかし、会社から香典がもらえなかったんです。私の兄やいとこの会社からは香典や花が届いているのに、私の会社からは何も届かない…。これは結構恥ずかしかったです。事務所の人にそのことを話すと「それはおかしい。私のおじいちゃんがなくなったときは香典もらえたよ。しかも忌引き休暇が3日くらいもらえるはずだよ。あいつのことだからちゃんと社長に言ってないのかも。確認した方がいいよ!」と。そこでまずキム社長(仮名)のお母様、経理を管理してる方に「私の祖母が亡くなったんですけど…」と伝えたところ、「まぁ!何にも聞いてなかった!」とびっくりした様子。(ちなみにこの社長のお母様は事務所の私たちのことは信頼してるようだけど、課長、課長代理に対しては結構ディスってます(笑)。)つまり私の祖母が亡くなったことだけでなく、私が休んだことすら社長に伝えていなかったんです。「ごめんなさいね~何も聞いてなくて知らなかったの~」と、とても恐縮した様子。
キム社長(仮名)もワンマン経営だけど、そういう礼儀的なことに関してはシビアなようで、そのときばかりは「すいません、知らなくて」と言って香典を持ってきてくれました。その直後、キム社長(仮名)は課長を事務所の外に連れて行き「お前なぁ!忘れていいことと悪いことがあるんだよ!!!」という罵声が聞こえてきました。

その月の末に課長は解雇されました。

しかしながら、忌引き休暇のことを聞くと、祖母であっても同居人でないと忌引き休暇は申請できないとのこと。(就業規則には祖父母の場合3日忌引き休暇が取得できると書いてあり、同居してるかどうかなんて書いてありません)つまり、休んだ日は有給扱いになり、しかも1日しか休みは取れず、お葬式があった翌日には仕事に戻るはめに。祖母が亡くなって精神的にもきてるのに、すぐ翌日にクレームの電話を受けるというのはものすごく辛かったです。そして相変わらず誰も助けてくれず…。会社でどんな無茶ぶりをされても、どんなクレームを浴びても泣くことはなかったけれど、この日はさすがに帰りの車の中で号泣しました。

この時に決意しました。もうこの会社辞めよう、と。今まで忙しすぎて気付かなかったけど、泣いて初めて気づきました。精神的にボロボロになってる自分に。限界はとっくに超えていたんです。入社して10カ月目のときです。

つづく。

ブラック企業体験記~繁忙期編~

ブラック企業体験記~面接、入社編~
ブラック企業体験記~人物紹介編~

からのつづき。

繁忙期に突入します。そのころは毎週土曜も出勤になり、週6勤になります。事務所の電話は鳴りっぱなしです。ほとんどクレームです。事務所の人間は4人なのに電話は12回線あります(爆)。課長と課長代理も事務所にいるんですが、全員が電話でふさがってても絶対電話に出ません。

そんなとき、事務所の人間では対処しきれないクレーム案件も出てきます。クレーム対応をしているとそれに時間を取られ、ほかの事務作業ができなくなってしまいます。課長と課長代理があまりにもほったらかしなのにしびれを切らし、土方(仮名)の指示で「課長に報告して、その案件はすべて課長にエスカレーションして」となりました。なので課長にエスカレーションすると、一体どんな対応をしたのか、クレームが倍以上になってこっちに戻ってくるという不可解な現象が。取引先から「●●さん(課長)からは電話はかけさせないでください!」となってしまいました。

入社前の企業の特徴、皆さん覚えてますか?「サービス残業を低減する努力」。これ、一人一人の負担を減らすとかじゃないんです。仕事量は一人で定時で終わらせることなんて絶対無理!!って量です。残業をするには残業申請をしなければいけません。なので「今日4時間残業します」と申請すると、「なんで?どんな仕事残ってるの?」と聞いてきます。「これとこれとこれと…」というと、「これとこれは明日に回しても大丈夫だよね?今日中にやらなきゃいけない仕事じゃないよね?」と、無理やり2時間にしてきます。確かに残業を低減する取り組みはしています。けれど、明日に回したって明日の仕事の負担が増えるだけで何の解決にもなってません。残業代は2時間しか出ませんが、結局夜10時まで残り、それでも仕事は終わらないという状況でした。(ちなみに10時以降残っているとセコムが来てしまうので帰らなければいけません)
キム社長(仮名)は「毎日そんなに残業代は出せない!」と言って、それに課長らもビビって2時間までしか申請しません。(お前らの管理がなってないんだ!と怒られるから)土方(仮名)は「ちゃんと他の人にも仕事を回せば絶対定時に終わらせられる。」と言って仕事量を減らそうとはしません。

私は入社半年で新しい取引先との業務提携があり、その仕事を任されました。入社半年で、しかも新しい業務ですからいろいろサポートが必要なわけです。何のフォローもサポートもなし。何のマニュアルもないまま、不完全なシステムのまま、あちこち電話をかけクレームを毎日浴びせられます。クレームが来ても課長はすぐ近くにいるのに、ぼっさ~とパソコンをいじってるだけ。他の事務所の社員も他の業務で忙しすぎて誰も助けてくれません。社内の人間は誰も助けてくれませんでした。唯一助けをくれたのが取引先の方。実際にお会いしたことはなく、電話やFAXだけのやり取りです。それだけでひどい状況下に追いやられていることを察してくれたようです。そもそも一人でやる業務量ではないんです。それなのに、「え?いつも同じ人からしかFAX来ないけど他にやってる人いないの!?」と思ったようです(笑)。「ひどいクレームの時にはこっちに回してくださいね」と、わざわざ電話で言ってくれた取引先の方もいました。自分で言うのもなんですが、取引先の方からは信頼を得ていました。どんな案件にも真面目に取り組んだ姿勢を評価されたのかもしれません。…っていうか普通そうなんですけどね。会社内では真面目に働くと、いいようにこき使われてどんどん負担を増やしていくだけです。

繁忙期はいろんな事件が起こりました。
私の担当していた部門の上司(課長補佐)がいきなり「本日退職することになりました。」と言ってきました。月末のクソ忙しい時期に。月末は請求書のチェックなどが入る、月の中でも一番忙しい日です。そんなときにその上司のやっていた仕事の引き継ぎを請け負うことに。私、入社して一年未満ですよ!?早く教えてほしいのにその上司は「いや、本当は前々から辞めるって言ってたんだけどね。社長から辞めるなって言われててね…」みたいな愚痴を聞かされる。いやっ!そんなことどうでもいいから早く教えろよ!!と心の中で毒づく。結局引き継ぎ時間は約20分。その後はわからないながらもどうにかこうにかやりました。あまりに忙しすぎて自分でもどうやって乗り越えたのか覚えていません(笑)。

つづく。

ブラック企業体験記~人物紹介編~

ブラック企業体験記~面接、入社編~

からのつづき。

人物の紹介をしていきます。家族経営の会社で前社長は現社長の父親で、父親の後継者として3年ほど前に社長に就任したそうです。社長のお母様は会社の経理関係をやっていて現役です。社長と社長の弟も会社を継いでいます。

社長はいわゆるお坊ちゃんで、大したことできないくせに自分は大企業の社長のようなふるまいをしている。何にもできないくせに偉ぶってる。たとえて言うなら北朝鮮の金正日の三男である後継者、金 正恩のような人。ということで、ここではキム社長(仮名)としておきます。

毎週月曜日には全体朝礼があります。これがすっごい無駄。キム社長(仮名)がまず、最近話題になってるニュースなんかを話します。どーでもいいです。そのあと社員の叱責。よく言っていたのが「ダラダラ仕事するな!みんなの頑張りがみんなの給料になるんだぞ!」と。そして「仕事中にトイレに行くなんて考えられない!時間の無駄だ!」とのたまうのです。

いやっ!この朝礼が一番時間の無駄だから!!

そして、「休憩時間以外にトイレに行くこと禁止令」が新たに発令されたのです。いやいや。男の人はまだいい。女の人はそれだけじゃ間に合わないこともあるでしょ、と。月に一回は頻繁に行かなきゃいけないこともあるでしょ。そこが分かってない!何の配慮もされてない!だから私は無視して勤務中でもトイレ行ってました(笑)。


キム社長の弟は頭脳明晰、頭はキレッキレなんですけど、社員に対して愛情とか優しさがないというか。「俺の理論上では1時間に10件はいける。そこまでできないのはなまけてるか能力がないだけ」みたいなことを言ってくる人です。たとえて言うなら新選組の鬼の副長と呼ばれた土方歳三のような人。隊規を破るもの、脱走する者、即切腹、みたいな。ということで、ここでは弟の方を土方(仮名)としておきます。

その下に課長がいます。この課長は昔からいたわけではなく、私が入社した後管理職として入ってきました。つまり入社当初から課長職となるのです。どうやらそこそこ有名な会社の管理職をやっていたとのことで、入社当初は周りの社員も期待していました。もしかしたらこの人が会社の救世主になるかも?と。しかしながら、部下がやっている仕事内容を覚えようとしません。土方(仮名)やキム社長(仮名)がいくら言っても「いや。私には考えがある。」と言って全く把握しようとはしませんでした。ある日、新しく入った派遣社員の方に仕事を教えるように土方(仮名)から課長に言ったところ、「教えるって言ってもわからないんで」と言い、土方(仮名)がブチ切れて課長にボールペンを投げつけた事件も起こりました。
繁忙期の時、私が何本も電話をかけなければいけなくて手が離せないため、1件取引先へ電話をするようお願いすると、「それはあなたが電話で受けたことなんだからあなたが電話して。」と言われました。また同じように手が離せない時に「この2件だけ電話をお願いします。」と、もう半泣きで訴えかけてもただ苦笑いするだけ。(笑い事じゃねぇんだよ!)2時間後くらいに突然忙しそうなふりをして「これ無理!」と言って仕事を突き返してきました。課長どうこうというより、人間としてどうかと思います。普通、大変そうな人を見たら「大丈夫?何か手伝う?」と、手助けするのが普通だと思います。ちなみにこの課長はあまりにも使えないため入社半年後に即日解雇されます。

その下に「課長代理」「課長補佐」と、そこまで課長をサポートしなくていいだろうというくらい管理職が無駄にいます。ちなみに「課長補佐」は繁忙期の月末という、最も忙しい時期に突然「本日退職することになりました。」と自主退職していきました。このことについてはまた後程。

課長代理は長年会社にいるものの全く仕事ができません。そもそも「電話が苦手」なんです。とある件で取引先の人に電話を入れるよう土方(仮名)に言われました。しかし「電話つながりませんでした」とのこと。次の日も、その次の日も「つながらなかった」と言うので、試しに事務所の人がかけてみたところ一発でつながる。「弊社から何回か着信残ってましたか?」と聞くと、「いや。この電話が初めてですよ。」の答え。




引くわ~…。


そんなやつです。ほかにも「仕事を覚えない」「責任をすべて部下になすり付けようとする」「言葉遣いができてない」など、汚点ならいっぱいある人です。

そして、事務所の中は正社員3人、パート社員1人、繁忙期だけ派遣社員2人いました。


つづく。

ブラック企業体験記~面接、入社編~

自分の日常のことをあまりブログでは書かない方ですが、今回は少しでも被害者が減ればいいという思いで書きます。私は約1年半いわゆるブラック企業に勤めていました。このブラック企業での体験談をいろいろ書きたいと思います。大丈夫だと思うけれど念のため退職後にアップしようと思ってここまであたためてきました(笑)。

-仕事紹介-
私はそれまでは派遣社員として働いてきましたが、支店を移転するとかで契約を解除されることになりました。「やっぱり派遣社員は雇用が不安定だから正社員として仕事を探すか…」と、転職活動を始めました。すると、派遣担当者からいい転職コンサルタントを紹介すると言われ、そのコンサルタントからとある企業を紹介されました。そのコンサルタント曰く、「その企業を紹介して面接を受けた人が何人かいたけど、自宅から遠いとかで断られてるんだよね」と。はい。まずここで気づくべきでした(笑)。そして、企業の特徴として「サービス残業を低減するための取り組みも積極的に進めている」の記載。これを読んで私は「そっか~そうしたら残業は少ないのか~」と思っていました。しかしここにも罠が。「サービス残業を低減する取り組みも進めている」だけであって、 それが実現できてるとは書いていない。

っていうかサービス残業は"低減"じゃなくて"0"にしろよ。
少しでもあったら違法だろうが。


よく読んでみるとツッコミどころ満載だったな~。

-面接-
ブラックとは知らず、面接を受けることになりました。小論文の筆記試験と面接。わりとちゃんとした面接でした。鋭い質問は時折ありましたが、圧迫面接というほどでもなく、なごやかな部分もありました。無事に終わったんですけどここでちょっとした違和感もありました。それはこちらからの質問する機会がなかったこと。コンサルタントからもらった仕事内容の情報があいまいだったので、面接の最後の「何かご質問はありますか?」がたぶんあるだろうと思って、そのときに聞こうと思っていました。また、職場も見学できたら見学しようと思っていました。質問をするだけしてあとは「ありがとうございました」だったんです。これに違和感を感じたものの「まぁ、忙しかったのかな?」と思っていました。今考えるとこれって結構一方的でしたよね。

-入社当日-
その企業から採用の連絡が来ました。違和感は多少あったけど、いろんなところと面接するのももう疲れたし、早く決めたかったのでそこに就職することになりました。入社当日、まずは就業規則について社長から説明があります。有給休暇の説明のとき。「年次有給休暇は雇入れの日から起算して、6ヶ月間継続勤務し…云々…継続または分割した10日の有給休暇を付与する…とありますが、うちは中小企業なので、有休は使わないように(にっこり)」




…パードゥン?


い、いや…中小企業だって有休は義務付けられてるはず…。しかもにっこり笑いながら言ってるってことは罪の意識などない。

そして仕事場へ案内されます。「ここが事務所です」と案内された場所…


き…汚ったねぇ…

そして


暗い…



そして



寒い…


一個一個説明していきます(笑)。まず、「汚い」。古い工場の一角に事務所の部屋があります。清掃時間があり社員が仕事場を清掃します。それはまだいい。のちに分かるんですが清掃時間も電話が鳴りっぱなしで清掃できない。

「暗い」は、まず社員がみんなどこか沈んでいる。疲れてます。雰囲気の暗さもありますが、物理的に暗いんです。「すべて蛍光灯をつけると電気代が無駄だから」と言って、社長の方針で何箇所か蛍光灯を取り外しています。けれど日の当らない部屋なので日中でも暗い。パソコンの文字も見えにくくて、結果もともと悪かった目がさらに悪くなりました。

「寒い」は、このときは4月で外はぽかぽか陽気。にもかかわらず寒い!冷暖房ルールというものが存在してました。事務所だけでなく何箇所かエアコンが設置されてるんですが、これを一気に付けると電気代がかかる、無駄だ、という社長命令で一か所つけたらそこから40分おいて2か所目でつける。その結果事務所は10時前にエアコンをつけては駄目というルールなんです。夏場は蒸し暑い中1時間耐えなければいけません。また、クーラーをつけても古いエアコンなのであまり効かない^^;28度設定でそれよりも室温設定を下げる場合は上長に相談、というルールまであります。
冬場はエアコンの暖房では効かないのでファンヒーターをつけます。が、小さいファンヒーター一つだけ。部屋も広いし天井も高いのでまったく効かない!なので冬場は下はタイツ、靴下、レッグウォーマー、足用カイロ、ジーンズ。上はヒートテック2枚、セーター、パーカーという姿になります。全体的にもっこもこです(笑)。いや、笑い事じゃない!!寒くて寒くて仕事環境は最悪。ちなみに私が入社した4月は、4月からは寒かろうななんだろうが強制的にファンヒーターは撤去です。「社員が働きやすい環境」なんて配慮は一切ない。ただ単に損得しか考えておらず社員への愛情は一切感じられない。

昼休み、事務所の人たちと一緒にご飯を食べながら話を聴いてると「今は閑散期だけど、繁忙期は毎日残業。夜10時まで残っててもまだ終わらない」等々の話。「やばいところに入っちゃったな…」とここでようやく気付くのです。

つづく。
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ