Motion Blue Yokohamaへ行ってきました。
ここから先ネタバレになりますので、見たくない人は見ないでね。



image






まずは座席選びです。お店の方にどんな席が希望かと聞かれたので、なるべく前の方がいいと伝えました。

「それでしたらあちらか…もしくはピアノに近いほう…」

ピアノ!!

徳ちゃんのピアノ弾いてる姿を間近で見たい!と思ってピアノに近い席に座りました。
席に着いてメニューを選んでいると、お店の方が

「かばんはテーブル下のフックにかけるところがございます。こちらは(私の後ろは)アーティストさんが通られるのでなるべく広くお空けください。」



えぇーーーーー!!アーティストさん通るのーーーー!!!


そこまでは全然期待してませんでした。去年もちょうど私の後ろが通り道になってハイタッチできたけど、今回は去年とは反対側だったのでまったくそんなこと考えてもいませんでした。やったー!2年連続でタッチできるーー!!そんなこんなでステージが始まります。

メンバー登場。やっぱり私の後ろを通ります!タッチした!タッチした!!うれしー♪特に北田君は流れ作業的にタッチするわけじゃなく、しっかりと一人一人ペタッとタッチしてくれました。

いつもはSensationの車谷さんがドラムですが、この日だけはドラムは稲ソロでも活躍したSATOKOさんです。女性ドラマーというだけでもかっこいいのに、左利きというのがさらにかっこよくて、誰にもまねできないスタイルが素敵だと思うんですが、以前ネタバレを指摘されたことに逆ギレなさって以来、あんまちょっとアレでした。でも今回でちょっと印象が変わったという話はまた後程。

a:Route109 Vol.7へようこそー!早いものでもう7回目です。みんな飲んでる??今日はゆっくり楽しんでってください。まずはいつものこの曲。

1.Route109

a:そう!今回は、この日だけですよ!SATOKOちゃんに来ていただきました!
S:(立ち上がってみんなにお辞儀)
a:稲葉さんのソロで一緒にやってたけど、実は結構前から知ってたんだよね?
そして女性の皆様、お待たせいたしました。ギター北田慧くんです!…じゃあやっぱこれ聞いちゃう?北田君。今いくつだっけ?

北:23歳です。
a:ふぅ~♪ね、若いエキスをいっぱい吸って…。俺が23歳のときって何してたかな~?たぶんそのころロン毛だったんですよ。この辺の背中あたりまで伸ばしてて。それに比べたらしっかりしてます(笑)。
今年、上海に行きまして。…遊びじゃないよ(笑)。仕事で。倉木麻衣さんのコンサートで上海に行って、まーいろんなことがあって話すと尽きないんですが。そこでの1曲目が僕が作曲した曲でした。ので、それをやりたいと思います。


2.Stand up (倉木麻衣)

a:今回、ツイッターでやってほしい曲をリクエストしたんです。リクエストしたって人います?うわ~結構いますね。ありがとうございます。そこで1位になった曲をやりたいと思います。(おもむろにピアノを弾きながら)僕がまだ作曲家として駆け出しのころ、このアーティストの方が僕のデモテープを見つけてくださって。なので僕にとってもとても思い入れのある曲です。

3.永遠 (ZARD)

a:今この曲を聴いてみると永遠というのはないもの、「永遠は見えるのかな」と言っていますが、永遠というのはないものだから、すべてに終わりがあるものだから「今」を大事に生きよう、と歌ってる歌なのかなと思います。

a:次の曲は、リクエスト全体で1位は「永遠」だったんですが、じゃあdoaの曲の1位って何かな?って思ったんです。doaって知ってますか?(笑)僕、doaというバンドをやってるんですけど(笑)。doaは3人がボーカルで、曲によってリードボーカルが違うんですけど。次のこの曲は(と、言って両手で楽譜の方を指さす)
route109_vol7

…僕がリードボーカルじゃないんです(笑)。ないのに1位なんです。この曲は最初、僕がリードボーカルで歌ってみたんですけど、「…なんかこの曲、徳永君が歌うと…ストーカーっぽく聞こえるね」って言われまして(笑)。で、吉本君がこんな、ふん♪ふん♪(吉本君の歌い方のものまね)って歌ってそっちが採用になったんですけど。今回は僕がリードボーカルで歌います。あの、今回は気持ち悪くならないようにみんなでいっぱい練習したんで大丈夫だと思います!

4.見つめていたい (doa)

5.New Kid in Town (Eagles)

a:今年イーグルスのグレン・フライが亡くなって、追悼の意味を込めて歌いました。
ここからゲストの方をお呼びしたいと思います。ゲストは、女性の方々期待してください!僕よりも身長が高いイケメンです!大黒摩季さんのツアーでご一緒させていただいたんですけど、俺がベースでこう弾いてるでしょ。そうすると後ろから甘~い声が聴こえてくるの(笑)。うわぁなんだこの甘い声は…って思って。だからもう僕のライブに来てくれませんかってオファーしたら快くオーケーしてくれた、もうナイスガイです。それではお呼びいたしましょう。光永泰一朗さんです!

光永さん登場。やはり私の後ろが通路だったのでタッチできたんですけど、光永さんの手、分厚くてでかいです!

光:いや、ちょっとハードル上げ過ぎじゃないですか!?
a:いや、やっぱグンとハードル上げてあとでどんどん落とした方が…(笑)
光:あ。なるほどね(笑)。
a:あんまこれぐらいの身長の人って少ないから、そういう人と出会うと「おっ!」って思わない?(笑)
光:なりますね(笑)。
a:とりあえずもう歌ってもらっちゃいましょう。
光:そうですね。いいイメージのまま。本性がばれる前に。
a:(笑)。それでは、ビリージョエルの「Just the way you are」。

6.Just the way you are (Billiy Joel)
ワンフレーズ歌い終わると自然と拍手が起こってました。本当に甘い声で、しかもマイクを口元から離しててもずんごい響きます。

光:いや~ワンフレーズ歌った後拍手が来るとNHKホールで歌ってるような、NHK歌謡ショーのようで気持ちいいですね。うれしいです。ありがとうございます。

光:次はみなさんも歌って参加していただきたいんですけれどいいですか?
a:お。いいね^^
光:トゥットゥ・トゥルットゥー♪です。今回性格別に分けて歌ってみましょう。まずは几帳面だと言われているA型。几帳面な歌声を聴かせてください。せーのっ!
A型:トゥットゥ・トゥルットゥー♪(結構きれいにそろってる)
光:おっ!さすが几帳面ですね。きれいです!次はマイペースと言われ、なにかと嫌われがちなB型。せーのっ!
B型:トゥットゥ・トゥルットゥー♪(B型少ないのか結構バラバラ)
光:ほらっ!マイペースだからっ!次は二重人格だとか言われてますが、実は天才肌で素晴らしい才能を授かっている…a:自分がAB型だからって!(笑)AB型。せーのっ!
AB型:トゥットゥ・トゥルットゥー♪
光:B型がマイペースと言われていますが、実は一番マイペースなO型。せーのっ!
SATOKO:トゥットゥ・トゥルットゥー♪
光:あー!ほらっ!マイペースが出た!!(笑)
O型:トゥットゥ・トゥルットゥー♪

7.Sing your song

a:ここで、もう一人スペシャルな人が今日来ております…。
客:???

…つづく。