Coccoさんのライブに行ってきました。

まずはライブとは関係ない話。
ライブには今まで何回も行ってますが、今回初めてマイカーでライブに行きました。茨城から仙台に高速で約3時間。電車で茨城から行くと一回栃木に入ってそこから新幹線に乗らなきゃいけなくて、よく調べてみると車のほうがちょっとだけ早いので「じゃあ車のほうがいいじゃん!安いし♪」と思って車にしたんだけど、結構疲れた(笑)。それにガソリン代のこと考えてなかったらそこまで安くないかも^^;高速下りてから一般道で車線が多くてビビったし。茨城であんなに車線多い道路はないと思う。都会だな~仙台って。けど、荷物はトランクに積めるから、荷物が重くなっても問題ないのがいいですね。また仙台でライブがあったら車で行くかも。

今回、「親子席」というのが設けられてて、小さなお子さんを連れた人が多かったです。開場まで並んでたら私の後ろの親子の会話がかわいくて。たぶん5歳くらいの女の子なんだけど、開場時間になってドアが開くと「もうすぐだねー!歌楽しみだねー!!」って言ってるのがもう可愛くて可愛くて。抱きしめたくなりました(笑)。

ここからネタバレになりますが、いつもの通りあんまり多くは期待しないでね。あとで付け足せたら付け足すかも。
それでは、どうぞ。













1.愛しい人

歌いだしの瞬間から鳥肌が立って泣きそうになった。

2.希望の光
「灰になって」のファルセットがすごくきれいです。

3.樹海の糸

4.フレア

Coccoは歌とホイッスルです。ホイッスルは「ピー!」って音じゃなく「ピーヒョロロー」って鳴るホイッスル。名称がわかんないんだけど。若い人には伝わらないだろうけど、昔のインターネットをつなぐときのダイヤルアップ接続のときのような音のホイッスル。曲の終り頃、唾で詰まっちゃったのか、一生懸命ホイッスルを振ってました。

5.卯の花腐し

曲が終わると親子席にいた赤ちゃんが「うぇーーーーーん!!(泣)」って泣き出してしまって、それを聞いたCoccoが「あらーーー!(泣)」って言ってました(笑)。

6.Sleeping Beauty

7.影踏み

曲が終わると親子席にいた赤ちゃんの「うん♪うん♪うん♪」という声が聞こえる。するとCoccoさん、「赤ちゃんが歌ってるだろー!」って言っていました。たぶん、赤ちゃんも頭の中でメロディが残ってて、それを一生懸命歌ってたのかもしれないですね(笑)。

8.椿姫

この歌を歌ってるときのCoccoちゃんかわいい♪

この辺だったかな?
客:あっちゃーーーん!
C:は~い。
客:きゃーーー!
C:返事は一度だけだ。
みたいなやり取りがありました。この「返事は一度だけだ」っていう言い方、男らしいというか、まるで「言いたいことはそれだけか」と銃を突きつけるゴルゴ13のような言い方で、かっこよかったです(笑)。

9.Rosheen

スタッフが箱を持ってきてCoccoが箱の中から紙を取り出す。そこに書かれている曲名をバンドのメンバーにも見せる。C:これ、あっちゃん楽器弾かなくていいんだよな?
10.白い狂気
おぉ!!この曲が聴けるとは思わなかった!!この曲の歌詞って

あなたを飾る 銀色の釘 打ち付けて
骨も皮も剝ぎ取って甘く甘く滴れば
骨も皮も剥ぎ取って毎日見つめて接吻を

と、「カウントダウン」よりもグロテスクな歌詞なんですが、歌い方がとってもかわいらしいんです。そのギャップがたまんないです。

11.花も咲いたよな

ここでメンバーたちは一旦はけて、映像が流れます。Coccoが踊っている映像なんだけど、これが沖縄のウタ拝の踊りかな?とてもきれいでした。脚とか背中の筋肉がすごくきれいだった。今でも毎日踊っているのでしょうか?じゃないとあの筋肉はキープできないよなって思ったり。

12.強く儚い者たち
Coccoのライブでは珍しく衣装チェンジです。肩ひもがずれてるのが気になってあまり歌に集中できなかった(笑)。

13.遺書。
最後の「ラ・ラララ…」のところはほとんど泣いてました。歌い終わると、長い、温かな拍手に包まれてました。

14.コスモロジー
「だから今だけ」のロングトーンは良かったです。さっきまで泣いていた赤ちゃんもこのときには静かになってました。赤ちゃんも聞き入っていたのかな?

15.楽園
後ろのスクリーンに沖縄の基地や機動隊の姿が映し出されながら演奏を聴いて涙が止まらなかった。

16.すみれ色

17.BEAUTIFUL DAYS
この曲にも泣かされました。

愛すること決めたから 永遠に行くと決めた

このフレーズがとても好きです。ありふれた言葉かもしれないけど、本当に覚悟を決めたような歌い方がグッとくるんです。

18.眠れる森の王子様~春・夏・秋・冬~

19.蝶の舞う
この曲やってくれると思わなかった!うれしい!!あの細い体からどうしてこんな歌が歌えるのだろう?

20.有終の美
メロディはどちらかというとゆったりしてるんですが、椎野さんのドラムが結構激しくてかっこよかったです。

C:こんばんございます。Coccoです。(手を振りながら客席を眺める)今日男が多くない!?赤ちゃんも来てて…。なんかよ、あっちゃん、なぜか広島ではモテて。他のところでは「あっちゃーん!」って黄色い声援が飛び交うのに、広島では「(低い声で)あっちゃ~ん!」ってなって。でも、ここでもイケるみたいです(笑)。
ライブ前に手紙読んでたら「ここの人は感動すると静かになってしまいますが気にしないでください」って書いてあって(笑)。なんかすごい心配されてるけど、大丈夫です(笑)。

客:あっちゃん愛してるーーー!!
C:……そんな…こんな人前で…(照)。そういうことは手紙にしたためなさい(笑)。
今までのことを、今まであったことを話すと取り留めがなくなってしまうから、今のことを話します。このマニキュアは、去年のクリスマスによ、クリスマス限定の色ですって、クリスマス当日に行ったらもう売り切れてて。でもどうしてもほしかったから闇のルートで手に入れた人から買ったのよ。倍ぐらいの値段で。そこまでして手に入れたのにつけたのこれで2回目(笑)。こうやってまた今年もハロウィーンがあって、それが終わったらまたクリスマスだろ。そしたらまた新しい限定のが出るって踊らされてしまうだろ。だから今のうちにやることを決めておかないとで、アッキーです(突然メンバー紹介)。アッキーはこのツアーが終わったら何がしたいですか?

藤田顕(Gt):白髪を染めたいです(笑)
C:あっはは!それ大事ね!
鹿島達也(Ba):息子と釣りに行きたい。
C:だから釣りの雑誌さっき見てたんだー!パパだー!パパー♪
椎野恭一(Dr):バーベキューに行きたい。
粂絢哉(Gt):料理がしたい。
C:バーベキューに行って料理してきなよ~。
Tomi Yo(Key):温泉に行きたい。…あれ?なんで俺だけ静かになるの?
C:この流れだと「あっちゃんは~?」ってなるから。あっちゃんは…(爪を見せて)今年中にもう一度つける(笑)。

ずっとほったらかしにしてたのに、ほったらかしにしたつもりはないんだけど(笑)やっぱほったらかしにしてもみんなこうやって集まって歌聴いてくれて本当にありがとう。なんかほんと、ありがとう。


21.ひばり

最後は一人一人の顔を見ながら手を振って名残惜しそうにステージを去っていきました。

久々のCoccoライブ、本当によかった。なんか心が浄化された感じ。なんでこの人の歌はこんなにも心に響くんだろう。本当に素敵でした。

最後まで読んでくれてありがとうございました☆