5/31(金)に朝の情報番組「ZIP!」にてB'zの特集がオンエアされました。朝の準備でバタバタしながらもしっかり見ることができました。いや~素晴らしかった!ありがとう!ZIP!!(ポーズ付き)思ったよりもがっちり特集してくれたので嬉しかったです。

そのZIPの感想を書いてみます。

まずは過去のヒット曲を振り返る。ナレーションで「お二人の特徴的な服装にも注目」伝説の短パン衣装についてもいじられてます。「今夜月の見える丘に」が流れるとDAIGOさんと枡さんが「あ~!!」という「懐かしい!」みたいなリアクションが何気に嬉しかったです。ちなみに今、私がこれ書きながら「丘に」だっけ?「丘で」だっけ?と迷ってググったことは内緒の方向で。

TAKUROさんの好きな曲を聞く前に、「B'zファンに好きな曲を聞くと有名曲をあげることが多い中…」ってナレーションがあったけど、いやいや!ファンだからこそマニアックな曲もあげるでしょう!オンエアしなかっただけでしょっ!私だったらLOVE IS DEADって答えるけどねっ!!なんて思ったりなんかして。まぁファンになったきっかけの曲=好きな曲、の人も多いから必然的に有名曲になるのかもしれないけどね。

TAKUROさんの好きな曲は「MOTEL」だそうで。特に「勢いないぬるいシャワーで体を洗い流して」のところが好きで「稲葉さんは絶対勢いのあるシャワーででっかいバスタブに浸かってるはずなのに、どうしてこういう普遍的な感情をうまく表現できるんだろう」と思ったんだとか。なるほど~。確かに言われてみればそうですね。さすが作詞されてるTAKUROさんだからこそ気づくポイントかもしれませんね。
余談ですが、私は「根雪のような思い出が夢に出て」って歌詞が好きです。「根雪のような」という絶妙な比喩表現がたまりません。この歌詞を29とか30の年齢で書いたんでしょ?今の私だったら年下の子が書いた歌詞なんて信じられない。そしてこの男くさい雰囲気は女性では絶対表現できない世界観で、めちゃくちゃかっこいいなって思います。

T.M.Revolutionの西川貴教さんは「イチブトゼンブ」をあげてました。のちにツイッターで「スイマーよ!!」も言ったんだけどな~って呟いてました。「スイマーよ!!」も聞きたかったな~。
「イチブトゼンブ」は「愛しぬけるポイントがひとつありゃいいのに」のフレーズがお気に入りだそうです。ブラマヨ小杉さんも同じところが好きだって言ってましたよね。今の奥さんと結婚するきっかけにもなったフレーズだって。このフレーズは名言ですよね。「ひとつありゃいい」だったらそこまで私は好きじゃなかったかもしれません。「ひとつありゃいいのに」と、「ひとつありゃいいのに(でもできない)」みたいな反語的な意味を含むようなこの「のに」がすごく好き。

ZIPの話から脱線しちゃった。
B'zと言えば「ライブ」ということで、TAKUROさんがこんな話。「ドームで見てたらバイクが飛んでるんです!曲に関係あんのかな!?」と度肝を抜かれたそうで。BIG MACHINEツアーで「アラクレ」を演奏したときの演出ですね。ナレーションで「歌詞には一度も『バイク』は出てこないんです」というツッコミに笑いましたwおっしゃるとおりです。バイクの演出に驚いたのと「なぜバイク!?」という矛盾に二人を見てなかったのはおろか、私は曲も聴いてなかったです。大好きな曲なのに…。

CIRCLE OF ROCKの高速回転ステージの演出も流れて、スタジオで「うわ!すごい!!」というリアクションが聞こえると「ね?うちのB'z凄いでしょ?」と、マネージャーでもなんでもないのになぜか鼻高々になります。アメトーーク!でもそうでしたが、B'zを知らない人がB'zを見たときの新鮮なリアクションを見ると、この人たちのファンであることを誇らしく思いますね。

「B'z二人の信頼関係」について語るとき、映像が恋心の振りを間違えて照れ笑いする稲葉さんの姿が。グッジョブです。

最後は「Brotherhood」の「どこかであいつがべそかいて」からが流れます。ここのフレーズをチョイスするなんてすばらしい!!分ってらっしゃる!!

VTRからスタジオに戻り、B'zについてDAIGOさんが「進化してる」と言った言葉を拾って枡さんが「あ。『変わらない』じゃなくて『進化してる』ということですね」と言っていました。そう!進化し続けているB'zのニューアルバムが発売されました!!「NEW LOVE」ぜひみなさんも聴いてください!このアルバムの感想もあとで書きたいと思います。


【Amazon.co.jp限定】NEW LOVE (初回生産限定盤) (CD+オリジナルTシャツ) (特典: オリジナルクリアチケットホルダー)