B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- (BD) (「HINOTORI」CD収録) [Blu-ray]


ドキュメンタリーの方を見ました。
とても素晴らしかったです。

まず、私が行った日産スタジアムの「love me, I love you」の映像。野外ライブって、その時の空の色ってよく覚えてるんですよ。開演前のちょっと暇なとき、何の気なしにぼんやり空を見てるんですよね。だから日産の映像でまず「あ!そうそう!この日ってこんな空の色してた!!」って思いました。

イントロのところでお尻ペンペンしながらリズムをとる稲葉さんがかわいい。この表情もなんとも言えない。なんでそんな顔してお尻を叩いてリズムとってるんでしょう?シャツの裾が片っぽだけズボンから出てるのもなんか稲葉さんらしい。

ライブ映像の方には収録されていない曲らも素晴らしいのですが、やっぱり福岡公演のドキュメンタリーがもう…素晴らしいのです。

声が絶不調の稲葉さん
「BLOWIN'」では水を飲みながら必死に声を絞り出して、動揺しているのかテンポもずれています。「ミエナイチカラ」ではさらに辛そうになっています。「良い部分」だけじゃなく、こういう部分も映像化してさらけ出すのがすごいですね。

一旦中断からの観客の拍手
裏のスタッフの声が生々しいですね。おそらく内心ハラハラしていると思うんですが、とっても冷静です。千秋楽では稲葉さんが「プロフェッショナルな仕事をしてくれた最高のクルーに拍手」と言うけど、そう言ってる意味がこのほんのちょっとの会話だけでも理解できるような気がします。
「申し訳ございませんが…」のアナウンスに「え!?」とどよめく観客。からの「いったん中断させていただきます」のアナウンスに観客から拍手が沸いていました。「中止じゃなくてよかった」という拍手だと思いますが、なんかこの拍手が温かくてちょっとうるっときました。待っている間も煽るわけでもなくただ静かに待っているところが、福岡のファンはなんてお行儀がいいのでしょう…。素敵です。

「じゃあ俺弾いておくよ」
バックステージのメンバーの声。メンバーもとても冷静です。「音がないと歌えない」という稲葉さんに「じゃあ俺弾いておくよ」という増田さんがめちゃくちゃかっこいい…。その声のトーンからは心配してるような素振りはなく、でも「俺がバックで支えてるから」みたいな頼もしさや優しさが含まれていてすごくグッときました。

「皆さんに頼るつもりはありません」
こうきっぱりと言い切る稲葉さん。稲葉さんの体は心配だけど、何万人のいうファンが遠くから来て、一つのライブにたくさんのスタッフが携わっていて、この日のためにたくさんの練習を積んできたメンバーがいて、そんな中「体調が悪ければ休んでもいいよ」なんて言う方が逆に酷かもな、って思いました。そのときの精神的ダメージって想像絶するものなんじゃないかって思います。だれにも頼らず、一人で闘う姿が寂しくもかっこいいです。こういう人が歌う歌だから説得力があるんだなって改めて思います。

裸足の女神からの復活
まさに火の鳥の如く復活してる!!なぜ!?すごすぎる!!歌いだしのところではめっちゃ鳥肌が立ちました。たぶんB'z史上最も感動的な裸足の女神だったんじゃないでしょうか。

「恋心」のあとの松本さん
会報でも言っていた稲葉さんが惚れ直した瞬間ですね。ちゃんと親指グッ!と立ててるところも見れてよかったです。

「みなさん凄いや!」
いやお前だよ!!と、たぶん見てる人全員心の中でツッコんだでしょう。なんと謙虚な方なんでしょう。こんなすごい復活劇を見せておきながら、ここまで復活したのはみんなのおかげだとおっしゃるのでしょうか。けれどあのガラガラ声からあそこまで回復したのはやっぱりみんなのサポートのおかげなのかな。復活できた理由が他にないですもんね。

「すいません」
終演後、松本さんの顔を見るや否やそう言う稲葉さん。なんだか切ないなぁ…。申し訳なさとか、悔しさとか、いろんな感情があったんだろうなぁ。それに対して松本さんが「いえいえ。また明日!」と言う優しさが素敵。次の日、稲葉さんが「すいません、セットリスト」と言うと、「いえいえ。現場でも全然対応していくんで」と言うのが優しくて頼もしい。松本さんの下で働きたい、と思いました。


稲葉さんも言ってたけど、この福岡公演はB'zの歴史に伝説として刻まれる出来事でしたね。このこともアメトーーク!で話してほしいわ。小杉さん、このドキュメンタリー見て泣いてるかな?