この前「コンビニ人間」という本を読みました。


コンビニ人間 (文春文庫)


とてもおもしろかったです。
あまりネタバレはしたくないので詳しい内容は書きませんが、主人公は大学を卒業してから正社員で働いたことがなく、ずっとコンビニでバイトをしている36歳の独身女性。この主人公の女性を通して「普通ってなんだろう?」と考えさせられる本です。

最近、「○○じゃないと幸せじゃない」みたいなことが多い気がします。
正社員じゃなきゃダメ
結婚しなきゃダメ
子供を産まなきゃダメ
多数派を善、少数派を悪として多様性を認めないこの世の中に疑問を感じている方はぜひともおすすめしたい一冊です。

この小説の中で、主人公が「普通」になろうとし、その様子に主人公の妹や友達が安心する場面があります。その場面を読んで、なんか既視感があって。そう。われらが稲葉さんの歌詞です。


波風なしで暮らせば 親戚中も安心するし
フツーなことにこしたことはない
そんなの承知してる してるけどだけど (灼熱の人/稲葉浩志)



マグマ

この曲が収録されているアルバム「マグマ」は、「一般的にこうするものだから」とか「周りがこう言うから」ではなく自分の心に従った生き方をする、という歌詞がたくさんあるような気がします。


自由とは僕だけに都合いいことでしょう (冷血)


僕の魂は僕の 君の魂は君のいうことしか聞かない (Soul Station)


どこまでも楽しんでいける 自分の道ならば
ときにはげしいさみしさと戦いながら (愛なき道)


「コンビニ人間」を読んで、「マグマ」の曲を思い出したりして、無理して多数派のやり方をしなくても、自分の思うとおりに生きればいいんじゃないか、と。そう思ったんです。

自分の思うとおりに生きる、というのは「自由」ともつながっていくと思うんです。最近の嵐大野君の決断を見て思ったんです。会社が作ったレールの上で生きるのではなく、自分が選んだレールで生きる、という決断を。


自分の中にある選んだレールの上にしかないもの
それこそが自由 (Freedom Train/B'z)


自由とは長く、さびしく、そして険しいのです!と言っていますがそれでもやはり憧れて、そこに行こうとしてしまうのかもしれません。


話がだいぶ飛躍してしまいましたが、一般論で誰かを縛ることなく、そして一般論で自分自身の首をしめることなく、誰もが自分らしく生きられる世の中になればいいな、と思うのです。