俗に言うライブビューイングってやつです。
ライブビューイングは稲ソロで体験したことあるので2回目なんですけど、すごく臨場感があってライブの感じと同じように楽しむことができました。ライブでじっくり見ることができなかったことをじっくり見たかったので座って鑑賞しましたが、途中立ち上がろうかなと思うこともしばしば。

そしてなにより、ファンクラブ限定だからなのでしょうね。セットリストが素晴らしい!!めちゃくちゃ楽しかったです!!

当日は超大型の台風が日本に接近していて、大阪辺りでは中止になったそうで…。茨城では夜中に一番接近して、そのときは家が揺れるくらいものすごい風と雨だったので、この状態で外出たらたぶん怪我すると思いました。だから中止の判断は正しかったと思います。けれど、ビーパさんの方で払い戻しだけじゃなく、何かしらの救済措置があったらいいな~と切に願っております。

では、レポります。いつものように間違ってると思いますが、怒らないでね。

定刻、スクリーンにはヤシの木と青い空。いいな~ハワイ…。台風が接近している日本とは違い、穏やかな感じと座り心地の良い椅子にちょっとだけ眠くなる(笑)。青い空からカメラを下のほうに映す。そこにはライブをやる会場が。そして会場の中の映像、となります。

1. ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~
松本さんはピンクのミュージックマン。最後の「I never say die」のところで松本さんの肩に手を置いて歌う稲葉さん。

2. BLOWIN'

3. 裸足の女神
イントロのところを、たぶんキーボードとかは演奏してたような気もしますが、ほぼアカペラみたいな感じで稲葉さんが歌います。この状態ではまだ何の曲を歌うのかわからないんですが、「NaNaNaNa~」と歌いだすと、観客から歓声が聞こえます。この「NaNaNaNa~」の歌い方もだいぶ崩した歌い方でした。この「NaNaNaNa~」を歌い終わった後、
稲:B'zのPleasure in Hawaiiへようこそーーー!!
だった気がします。

4. Wonderful Opportunity
「シンパイナイモンダイナイ」の振り付けは、稲葉さんはやったりやらなかったり。結構適当でした。

-MC-
稲:よく考えたら昨日みなさんと会ってるんですよね?昨日来てた人が全員ここに来てるんですよね。どうりでアットホームな感じがしてました。今日はここだけではなくてですね、日本でも映画館でこのライブを見に来てるみたいですよ。じゃ、日本に届くようにみなさんで盛り上げましょうか!
客:わーーーーーーーー!!!

客:わーー稲:はい。もういいです。
稲:今日はゆっくり、のんびりと、だらだらした感じでいきたいと思います。
このときに「レアな曲もやる」みたいなことを言ったんだったかな?ちょっと忘れちゃいました。

5. STARDUST TRAIN
イントロで何の曲かわからなかったわ。まさかこの曲を聴ける日が来るとは!!CDよりもロックな感じに仕上がってました。

アコギを持って稲葉さんが登場。
稲:次も結構久しぶりかな?知らない曲があったら、まぁいつも言ってますけど、(腰をゆらゆら揺らしながら)曲に合わせて、こう、揺れててください。

6. Blue Sunshine
この曲も大好きです。ハワイに合ってますね。

7. 消えない虹
イントロを増田さんが弾いた瞬間、映画館の方でも大きな歓声と拍手が沸いてました。

-MC-
稲:ファンクラブで事前に、ハワイのライブで聴きたい曲というのをアンケートに書いてもらったんですけど。なんか…(小指から数える)空とか海とか風とか青とか虹とか…なんか似たような歌詞ばっかり書いてんだなって思ったんですけど(笑)。その中でも一つだけテイストが違う。「STARDUST TRAIN」は、じめっとした歌詞で。他はカラッとしてるのにこれだけ湿度を帯びているというか。この曲だけ異色でしたね。

稲:今年全国でみんなが踊り狂ったという。あの曲をやろうかな、と。でもせっかくやるなら…
客:やりたーーい!!
稲:え?うん。ちょっと待って。今段取り通り喋ってるんで。
(本当に段取り通り喋る)
…で!ここですよ!皆さんもぜひ振り付けを覚えていただきたいな、と。そう思っております!

ここで振り付けのレクチャー。日産の時はみんな一生懸命覚えようとしてるので会場はしーーんとして、稲葉さんの「♪チャーンチャチャ…」という静かな歌声だけが響き渡ってたんですが、ここではみんな振り付けも完璧にマスターしてるので「♪チャーンチャチャ」のところもお客さんが一緒に歌ってました。

稲:これって日本の映画館でもやってくれてるのかな?…届いてるといいな♪
hawaii-01

ちゃんとやってましたよ!
8. 恋心(KOI-GOKORO)
「何かな?」のところでブレーク。松本さんがアップで映される。
松:………。
客:………。
稲:………。
松……あ。俺?いや、なんか…段取り違うのかなと思って(照)。…なんだよぉ!
松本さん、可愛すぎる!!!

9. OH! GIRL
アウトロのところでシェーンがスティックをふっとばす。シェーンってよくスティック飛ばすよね。スタッフが急いでそのスティックを拾いに行く。その様子を稲葉さんが楽しそうに見ている。そのあと大賀さんと松本さんがステージ中央へ。その後ろで稲葉さんがスティックを使ってシェーンのドラムのクラッシュシンバルをちょこちょこ叩く。バシバシ叩くわけじゃなく、あくまでもシェーンの邪魔にならないように叩いているので、なんかその様子が可愛かった。いたずらしてる子供のようで。

10. イチブトゼンブ
イントロが流れると観客から大きな歓声。イントロの音に合わせてぴょんぴょん飛び跳ねる大賀さん。この曲で一番喜んでるのが大賀さんみたい(笑)。

ここでマイクスタンドが赤から、青と白が混ざった色のスタンドに変わる。
稲:(マイクスタンドを見ながら小さい声で)お?これかっこいいなぁ…。次は僕らの一番新しい曲。まだどこでも演奏していない曲をやろうかな、と思います。皆さん、聴いてくれました?
客:ポッキー!!
稲:曲のタイトル、ポッキーじゃないですよ。でもいいですね。B'z New Single「ポッキー」。斬新ですね。これでも良かったかもしれないですね。ほんと、30年経ってもまだまだ皆さんにはいろんなことに気づかされます!!では、ゆったり、のんびりと…さっきからこればっかりですけど(笑)。たゆたうように、聴いてください。
「たゆたうように」って日常会話で使ったことないから、MCでぽんっと出てくるのが稲葉さんってば斬新。

11. マジェスティック
本当にたゆたうような、素敵な曲でした。

12. OCEAN
再びハワイに合うような曲をやってくれたのでしょうか。改めて聴くとOCEANもいい曲ですね。

-MC-
稲:ねー。皆さん、ハワイではどんなことしてるんですか?
客:セグウェイ!!
稲:セグウェイ!!いいですね!僕らまだやったことないんですけど、どうでしたか?
客:楽しかったーー!!
稲:(心を込めて)それは良かったですねー!他、皆さんは何したんですか?
客:サーフィン!
稲:サーフィンもいいですね!
客:@!☆◇●?!!
稲:ん?ん?
客:¥%&*@☆!!!
稲:皆さん、楽しんでるということで。(←適当)

ここでメンバー紹介です。
増田さん:ハワイまで連れて頂いて本当にありがとうございます(笑)。
大賀さん:あの…ハワイまで連れて頂いて本当にありがとうございます(笑)。
稲:大賀君は練習大好きだから、この後も残って練習するんですか?この後ビーチでギターの練習してる人を見かけたらきっとそれは大賀君なので、その時は皆さん一緒に歌ってあげると喜ぶと思います。
バリーは英語で話したので、そのあと稲葉さんが翻訳。
稲:ハワイは本当にファンタスティックだ!マジェスティックだ!…とは言っていませんが。
「ファンタスティック」までは本当に言ってました(笑)。
シェーン;メッチャ、メッチャ、メッチャタノシイデス!

松:昨日俺のハワイに対する熱い思いを十分語ったでしょ?あ、でも日本で見てくれてるみなさんのためにももう一度言っておかないとですね。
稲:お!!さすがですね!
松:そ。俺、リーダーだから!このハワイの気候がそうさせるんですかね。ここにいる間も新しい曲とかできてますからね。
稲:マジですか(笑)。働き者ですね。休まない男。TAK MATSUMOTO!!

13. Brotherhood
歌いだす前、稲葉さんと松本さんはステージの中央へ出る。けれど中央へのポジションには「どうぞ。どうぞ。」とお互い譲り合う(笑)。

14. ultra soul
このとき、椅子から立ち上がって「ハイ!」ってやろうか迷った(笑)。

15. 愛のバクダン
アレンジがめっちゃ激しくなってます。「君のボイス」のところは「やっぱりハワイのボイスでしょ!」となってました。

ここで短めのMC。
稲:日本では台風が近づいて今大変になっていることも僕ら知っています。日本で映画館で見てる人も、予定が狂ってしまって来ようと思っていた人も、僕らを応援してくださったすべての方々に厚く御礼申し上げます。
ここで結構じーんときたのですが、そのあと
稲:ハワイまでえっちらおっちらやってきて…
って言ってちょっと笑っちゃいました。えっちらおっちらって稲葉さん…言い方!(笑)。でも全体的にいいこと言ってましたよ!

16. Pleasure 2018~人生の快楽~

-ENCORE-
ハワイのウェーブに合わせて映画館でもやんわりウェーブを起こしてました(笑)。

EN1. HEAT
この曲って明るい曲なんだけど、切ないんだよね。「二度と戻らぬシーズン」。そうなんだよ。B'zのアニバーサリーイヤー、めちゃくちゃ楽しかったけど、このハワイ公演が最後なんだよな~。寂しいな~。って思いました。この曲をアンコールに持ってくるなんて、みんなの気持ちを分かってるのね。

EN2. GLORY DAYS
わーーー!!この曲をまたやってくれるなんて!!この曲を20周年の時だけなんてもったいないな~と、NHKの再放送を見てて思ったので、やってくれて嬉しかったです。

~終わっちゃいます~
稲:かっこいいステージをしっかりと支えてくれた最高のクルーに拍手!ライブをマネジメントしてくれたスタッフに拍手!!そして、僕が「あら?」ってときも冷静にしっかりと演奏を支えてくれたバンドのメンバーに拍手!!
そのあと、隣にいた増田さんとしっかりとハグします。
サポメンたちがはけたあと、
稲:松本さんも何か言った方がいいんじゃないですか?
と言って松本さんに何かを耳打ちする稲葉さん。それを聞いて松本さんが「ハハッ!」と笑う。
松:俺たちにとってみんなが最高のPleasureである、Treasureなんだよ!!
客:きゃーーーー!!
おいしいところを松本さんに譲るなんて、素敵です。

耳打ちしたとき、もちろん何て言ったか分からないけどたぶんこんな感じかな?
hawaii-02


あと、どこだったか忘れましたが、曲が終わって暗転中に男性ファンから「松っちゃん愛してるーーー!!」って声がして。そうしたら松本さんがマイクを通さない生声で「俺も愛してるーーー!!」って応えてました!!珍しい!!

本当にライブビューイングながらすごくいいライブを体験できました。レアな曲もあり、そしてリラックスした感じのMCもまた良かったです。ハワイ申し込めばよかったかな~なんて思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました☆