アルバム「DINOSAUR」の発売からしばらく経ちましたが、いいっすね!アルバム全体の感想としては「B'zにまだこんな引き出しがあったのか!」って感じ。B'zらしさを残しつつ、お互いのソロで得たものを加えつつ、みたいな。運転しながら聴いていて、歌詞をじっくり読みながら聴いてはいないのですが、とりあえずそれぞれの曲の感想を書いてみました。

Dinosaur
稲葉さんがガニ股で吠えまくってるMVがまずかっこいいです。で、アルバム発売前に見たMVでは「まだできんだろう」だと思って聴いてたんですが、歌詞カードを見たら「マネできんだろう」なんですよね。このフレーズが意外な言葉だったし、自虐的にも聞こえてすごく好きです。30年続けてるからこそ厚みのある曲です。全体的に歌詞は攻撃的なんだけど、その中でふっと「微笑んでくれるキミが好きさ」と歌う歌詞の緩急が良いです。INABA/SALAS「OVERDRIVE」の「覚えてるかい いつだったろう 海辺のベンチの上で」のそれみたいな、攻撃的な歌詞の中にふわりと柔らかいフレーズを入れてくるな~って思いました。

CHAMP
最初の「バックミラーはいらない 振り向くつもりもない」というフレーズから心持ってかれました。かっこいいんだけど、トップにいる人だからこその孤独感みたいなのが切ないです。

ハルカ
タイトルが「ハルカカナタ」ではなく、「ハルカ」で止めてるところが女の人の名前にも見えていいな~って思います。「君ははるか彼方の星 ひとりじめにしちゃいけない」って歌詞がなんか切なくて好き。

それでもやっぱり
タイトルだけだともっとダメダメな歌詞かと思っていたんですが、なんとも切ない歌詞でした。「仲が良い時代」じゃなくて「仲良しな時代」っていうのがなんかかわいい。

Queen Of The Night
「ただひたすら汗かいて」の「て」の稲葉さんの声が好き。

SKYROCKET
ライブで聞きたいな~って思う曲です。

ルーフトップ
派手な曲ではないけど結構存在感のある曲です。

弱い男
タイトルを知った時点でこの曲に期待していましたが、期待以上だった!大好きな曲です。「弱い」の稲葉さんの歌い方が絶妙。本当に情けない感じが好き。ラジオで福山雅治さんが稲葉さんのことを「今まであった人の中で一番いい人」と言っていたけど、心の中では「見せかけの優しさ 評判だけは結構いいみたい」と思っていたのでしょうか。そしてなんと言ってもこの曲はサックスがめちゃくちゃいい!!誰が吹いてるんだろう?って思ってクレジットを見たら「GREG VAIL」、松本さんのソロの方で参加された方ですね。このサックスソロがあるかないかで曲が全然違いますね。

愛しき幽霊
「きっとあなたが聞きたがっていた言葉もかけられず」という歌詞が結構キュンときました。「幻」ではなく「幽霊」としたのはなんでなのかな~と意味を深読みしてしまいます。

King Of The Street
これは何と言っても「そこらじゅうで始まってる工事はいつ終わるのでしょう 教えてくれ知事」という歌詞に賞をあげたい。歌詞の中に「知事」という単語をはめられる稲葉さんって天才。そしてドラムのトミー・クラフェトス。声明のドラムもかっこいいと思いましたが(イントロがめちゃくちゃかっこいいですよね)、この曲のドラムも好き。ハイハットオープンってやつですか?合間にシャン!って入るあれがかっこいい。

Purple Pink Orange
タイトルだけでは意味が分からなかったんですが、最後のフレーズを聞いたときに「あ!夕暮れの空の色を表してるのか!」と気づいてゾワッと鳥肌が立ちました。最初と最後は同じフレーズだから最初で気づいてもいいはずなんだけど、歌詞カード読まないで聞いたらなんか最後に気づきました。この曲もライブで聞きたいです。


そうか。ライブももう始まるのか。今回は1公演しか行けないけど楽しみたいと思います。あとで、特典のロッキンの映像の感想もぜひ書きたい!

DINOSAUR (初回限定盤)(Blu-ray付)
B'z
バーミリオンレコード
2017-11-29