少し前ですが、ヒトデさんのブログ「今日は社畜祭りだぞ!」に寄稿させていただきました。

↓これが私の記事です
退職を申請した時点で有休が消滅!? ブラック企業を退職するときに揉めた話

もしよければ読んでみてください。

寄稿したきっかけなんですが、ヒトデさんのブログは好きでよく読んでいたんですが、その記事の中に「今日は社畜祭りだぞ!」というサイトを始めた、とありました。社畜祭りとは、会社で過酷で理不尽な労働をさせられた人たちの体験談、それに対する対処法などを記事にしたサイトです。ブラック企業で働いている人はもちろん、転職活動中の人も勉強になるサイトです。

体験談…どうしよう。超いいネタあるんですけど。

ブラック企業体験記
↑これは私がブラック企業を退社した直後に、憎しみの趣くままに書き連ねた記事です。これをもとに記事が書けるかも…と思っていたんですが、寄稿なんてしたことないし、どうしよう…と逡巡しておりました。けれど、実際寄稿したブロガーさんの話を読むと難しい知識は必要なく、修正などもヒトデさんが優しく教えてくれるとのこと。そこでヒトデさんにメールを送ってみました。ブログのリンクを貼って「このブログの記事をもとに書こうと思っています。こういう話を中心に書きたいです。」と。するとヒトデさんから返信が。「なかなかのクソ会社ですね(笑)」とお墨付き(?)をいただき、寄稿させていただくことになりました。

書き出してみると再び憎しみが込み上げてきて、予定文字数の倍以上書いてしまったんですが(笑)ヒトデさんがうまくまとめてくださいました。本当にありがとうございました。

嫌な体験って隠したいとか忘れたいと思っていたけど、それよりも活かした方が面白いなって思いました。人生に無駄なことなんてない、いや、無駄にしない生き方をすると人生楽しいような気がします。だからそういう体験がある方はこちらに寄稿してみるのもいいと思いますよ。謝礼ももらえるし。


さて、私がいたブラック企業。現在どうなっているのか、たまたま知る機会がありました。
私が在籍していた時、従業員は30人ほどいました。
私が退職して約1年半たった現在の従業員数は…









8人だそうです。

たった1年半で8人にまで減ってしまったそうです。
なぜこんなことになったかと言うと。
このブラック企業にはA社という取引先がありました。ブラック企業の主な収入源はこのA社から得た利益でした。ところがこのA社、他の会社に買収され下請けが必要なくなり、ブラック企業との契約は打ち切られたのです。そこで社長らはA社に関わる業務を行っていたパート社員を全員解雇。正社員は残しましたが、自ら退職を願い出た社員もいたようです。

A社の業務はなくなりましたが、他の業務は鬼のようにあります。技術者も専門外の事務作業(データ入力、電話対応)をやらされ、事務員も重い製品の梱包をやらされ。専門外の業務なのでできない、時間がかかる。そうなるとクレームになる。けど逃げ道がない。フォローがない。そんな状態で精神的に追い詰められ、さらに社員は辞めていき、結果8人が残ったようです。そんな状態で逆によく8人残ってるなって気もしますが…。

今改めて思います。
本当に辞めてよかった。
あのままズルズル残ってしまったら危うく地獄を見るところだった…。

寄稿した記事にも書きましたが、ブラック企業には辛い仕事を乗り越えた先に明るい未来への希望はありません。ブラック企業は、「これぐらいの業務量なら人員は〇人。だから仕事の単価は×円で交渉」という計算ができていないから従業員は毎日残業、休みがない、有給がとれない、となっていると思うんです。とどのつまり、経営者として無能です。そんな人がどうして会社が大きくできようか。

ブラック企業に勤めているみなさん。そこに頑張って耐えて働いても、そこの会社は将来きっとこんなことになってしまいます。突然解雇となってしまうかもしれません。だから精神を壊す前に辞めましょう。

どうかブラック企業がこの世からいなくなりますように…。