この前、朝日新聞でこんな記事がありました。

「鼻濁音」来世紀ほぼ消滅? もともと使わない地域も…

鼻濁音って聞き慣れない方もいるかもしれませんが、「がぎぐげご」を鼻から抜けるように発音する、「んが」みたいな音です。
鼻濁音-Wikipedia

四国や九州地方ではもともと使われていなかったようなので、鼻濁音が日本語から消滅したって別にいいじゃん、って思うかもしれませんが、アナウンサーの方はきちんと使い分けているようで。鼻濁音のいいところは、まぁこれも感じ方は人それぞれですけど、言葉がすこし柔らかい感じになります。

さて。これをふまえて、doaの「はるかぜ」聴いてください。



静かな春てく

と、徳ちゃんって結構きれいな鼻濁音を発音してると思うんです。この鼻濁音が柔らかい雰囲気になってメロディと歌詞とマッチしてるような気がします。「はるかぜ」だけでなく、最近だと「Goodbye Girl」なんかも顕著に表れてるかな。
ずっとつなってる
君をねってる

とか。徳ちゃんは神奈川出身だから地域的にはそんなに鼻濁音は普及してないと思うんですけどね。どちらかというと歌い方の癖なのかな?大田さんも吉本くんも西日本出身だからここまではっきりした鼻濁音はないんじゃないかな。…って思ってたけどありました(笑)。「WANTED」のサビ、吉本くんが「だれか君を」と、「が」を鼻濁音で歌ってますね。これはそういう指示があったのかな?なんて妄想してます。ただ、別に鼻濁音の方が優れてるとか、そういうわけじゃないですよ。「日本人が鼻濁音を使えないなんて!プンプン!!」って怒ってるわけじゃないです。ただ、日本語の中に柔らかい印象になるこの鼻濁音がこのまま消滅してしまうのはなんだか悲しいな~と思っています。

鼻濁音を使ってる日本人が減っているということは、日本の歌でも鼻濁音を使ってる歌手が少なくなってきてることですよね。だからこの徳ちゃんの歌い方は貴重というか、私と同じように鼻濁音がなくなってしまうのは悲しいと思ってる人にとっては愛すべき歌手じゃないでしょうか。

私、前にもこのブログで鼻濁音のことを書いて、で、最近新聞にこの鼻濁音の話題がのってたので「鼻濁音」で検索してこのブログに来られた方が増えてきてます。なので、doaを知らない「鼻濁音」で検索してきたあなた!徳ちゃんのきれいな鼻濁音をぜひ、ニューアルバム「FLY HIGH」を買って聴いてみてください!

FLY HIGHFLY HIGH
(2015/01/28)
doa

商品詳細を見る