ASKAさんのコンサートに行ってきました!

ここに見に来てる人はチャゲアスにはあまり興味のない方もいらっしゃると思います。スルーしてもかまわないんですが、今回はチャゲアスファン以外の方もASKAさんが考えてることとかあのときどう思っていたとか。そういうのも知ってほしいな~と思ってるので、もしよければ読んでくれると嬉しいです。とはいえ、結構長くなりそうです^^;少なくともこの「その1」編には、その知ってほしいことにはたどり着いておりません(笑)。まぁもしよろしければお付き合いください^^

まだ、ツアー中なので隠しておきます。

以下、ネタばれです。
A:今日は素敵な夜にしましょう。待たせたね~!

1.UNI-VERSE
「アトムみたいだ」のところで右手を突き上げてアトムのマネをするASKAさん。

2.SCRAMBLE
最後のサビのところで上からと横から、それぞれ一直線にライトが照らされて十字の光の筋ができてました。SCRAMBLE=交錯する、混ざり合う、にかかってこういう照明にしたのかな~って思いました。いつもチャゲアスとかのライブは照明が素敵です。歌詞にかかったちょっと遊び心のあるライトだあったりするし。

3.朝をありがとう
この曲には振り付けがありました。私はわかんなかったのでやらなかったんですが。私の座席の前は通路だったので私を遮るものはなく、ASKAさん側から「あれ、あいつ知らねぇんだな」とか思われてるんじゃないかと思ってなんかちょっと恥ずかしかったです(笑)。

A:ここで頑張りすぎると後半辛いよ(笑)?いったん座ろうか。
と言って、みんな着席。前半はずっと座りながら聴いてました。

4.Girl

5.歌の中には不自由がない

6.birth

7.Far Away
この曲、むちゃくちゃかっこよかったです!ここでもまた照明がいい味出してたんです。まるで何かの警告のような真っ赤なライトが四方八方を照らして、それがこの曲の意味深な歌詞との相乗効果を生み出していて、曲全体を引き立てていました。相変わらずものすごい声量で、ASKAさんの声量はホールクラスの広さじゃ足りないです。マイク壊れるんじゃないかなって思ったもん(笑)。

-MC-
A:今回ツアーパンフレットを作るのに初めて…初めてかな?前に一回やったような気もするんだけど、エッセイを寄稿、載せるにあたって、みんなにどうしても伝えたいことがあるんだよね。どうしても伝えたい。…大したことじゃないよ(笑)。大したことじゃないんだけど…。……ミミズ…の話なんだけど。まぁ嫌いな方もいらっしゃるかもしれないけど、「タイホウミミズ」って知ってる?すんごい、これぐらいの、ほんとに大きくなると45cmくらいにもなるミミズでね。
僕が5歳で保育園に行ってた時、友達と土を掘って遊んでたの。そしたらそのタイホウミミズが出てきて、「うわっ!タイホウミミズだ!」って僕は言ったの。そしたらその友達も「うわっ!ほんとだ!タイホウミミズだ!」って言ったんだけど…。でも俺が勝手に「タイホウミミズ」って呼んでるだけで、「タイホウミミズ」って俺が勝手につけた名前のはずなのに「うわっ!ほんとだ!」はおかしいだろって思ったんだけど。で、僕が小学生に上がって、小学生になるといろんな地区から人が集まってきます。全然知らない子とかもいます。昼休みになるとご本を読むグループと外に遊びに行くグループがあって。僕は当然外に遊びに行く方でした。で、外で遊んでたら砂場の後ろの方から、僕の知らない男の子が「…@*$#???だ!」って。…どうも「@*$…ウミミズだ!」って。確かに「タイホウミミズ」って言ったと思うんだよね!でも全然俺の知らない子が、俺がつけた「タイホウミミズ」を知ってたんだよね。で、それから中学、高校と上がってそんなこともあり。大人になってから「そういえば…」と思ってインターネットで「タイホウミミズ」で検索してみたら…あったの!ちゃんと「タイホウミミズ」って!Wikipediaに!

客:拍手!^^
A:しかも「一部の地域でそう呼ばれてる」って。本当はヤマミミズとかシーボルトミミズとか言うらしいんだけど。だから福岡で「タイホウミミズ」って呼び方を一番最初に広めたのは俺だから!絶対に!でもね、エッセイを書くにあたってまたWikipediaで調べてみたら「一部の地域で」って言うところだけ削除されてるの。それが納得いかないんだよね~。だからね、全公演で言っておかなきゃいけないんだけど。いないと思うけどもし、お知り合いとかでWikipediaの「タイホウミミズ」の「一部の地域で」ってところを削除した方がいましたら、ぜひまた書き足していただきたいな、と。あれって何?誰でも削除とかできるの?
客:できるー
A:…そうなの!?
客:できるよー
A:……そんな簡単に…(笑)。なんだよ~そしたら意味ないじゃん!
客:書き足すこともできるよー
A:いや、いいんです。いいんですよ。別にね。いいんですけど…。「タイホウ」って相撲の大鵬じゃないよ。あの(肩に担いで撃つジェスチャー)ズドーン!の「大砲」だからね。
……続いては、スポーツです!

と言って、唐突に次の曲へ(笑)。いつも思うんですけど、こんなに唐突に次の曲へいっても他のメンバーはよく反応できるな~って思います。私はチャゲアスにしろASKAソロにしろ、そこまでの回数はライブに行っていないですけど、こういうフェイント気味の始まり、何回か見たことあります(笑)。が、ちゃんと対応できてるところがすごいです!

ちなみにこの「タイホウミミズ」、今はWikipediaにはその項目すら削除されちゃったかな?見当たらなかったです。けれど、シーボルトミミズで検索するとシーボルトミミズ(ヤマミミズ、タイホウミミズ)って記述があったものもありました。また、違う公演でしたけど、ASKAさんのコンサートに行った方のブログで、その人はASKAさんと同年代の方で福岡出身の方なんですが、「タイホウミミズ」を知っているみたいです。やっぱりASKAさんが広めたのかな?(笑)これを読んでる方で、「タイホウミミズ」を知っている、もしくは「一部の地域」を削除したのは私だ!って方がいましたらご一報ください(笑)。
あ、でもみなさんはこの「タイホウミミズ」とか「シーボルトミミズ」ってのを検索しない方がいいかも。うじゃうじゃいるミミズの写真とかいっぱいあって気持ち悪いから^^;


8.はるかな国から
前にも書いたけど、この歌詞、今の時代にも反映していて明るいメロディなのに聴いてると胸が痛みます。どうかこの歌がもっともっといろんなところに届くといいな。

9.you&me
コーラスの藤田真由美さんとのデュエット(でいいのかな?)。藤田さん、めちゃくちゃきれいな声でした^^

10.はじまりはいつも雨
やっぱりこの曲のイントロが始まると歓声と拍手がわきますね。何回聴いてもいい曲です。

…つづく。