Coccoさんの新しい曲がYou Tubeにアップされてました。
メロディも歌詞もとてもシンプルなのに、どうしてこんなに胸にくるんだろう。

余計な説明などない歌詞です。風景などを表すフレーズいえば「花明り」「月明り」ぐらいで、あとは全部「~して」「~したい」という言葉の羅列です。だけど単なるわがままな願望じゃなく、「祈りに近い願望」に聞こえます。

知ってるよ
何もかも
最後は空へと
還るまでだろ


このフレーズになんだか涙が出ました。
すべてを知っている。何もかも知っていて、
だから叶わない願いだと分かっていながら願わずにはいられないこと。

そばにいて
行かないで



何もかもわかっている聡明な脳みそと、それとは無関係に溢れる感情が矛盾しながら混ざり合って。温かくてやわらかくて、それでいて切なくて痛々しくて。いい曲だぁ…。好きです、この曲。