7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1518ページ
ナイス数:17ナイス

ママの狙撃銃 (双葉文庫)ママの狙撃銃 (双葉文庫)
最近読んだ「母恋旅烏」は私的にはハズレだったのでこれもそんなに期待せずに読んだんですが、こっちは面白かった。曜子の迷いと緊張が伝わってきてつい私まで「ゴッド・ブレス・ユー」を一緒にやってました(笑)。「学校のお友達のことが今のあなたにとってとても大切なのはわかる。でもきっとあとになって思うわ。なんであんな小さなことに悩んでいたんだろうって。それは大人が唯一自信を持って子供に言えること」って言葉が好き。本当そうだなって思います。
読了日:07月31日 著者:荻原 浩


チヨ子 (光文社文庫)チヨ子 (光文社文庫)
くくりとしてはホラーになるようだけど、そんなに怖くないです。同じ短編集の「とり残されて」の方が私は怖かったなぁ。でも「聖痕」はゾッとしました。まさかそんなオチとは。最後の解説にも書いてありましたが「英雄の書」ともつながってる感じがあって、併せて読むと面白いかもしれません。
読了日:07月23日 著者:宮部 みゆき


母恋旅烏 (双葉文庫)母恋旅烏 (双葉文庫)
うーん、ちょっとイマイチでした。思わずくすっと笑ってしまう場面も多々ありますが、読み終わった後何か心に残るものがあるかというと…という感じです。
読了日:07月17日 著者:荻原 浩


オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
最後は「あ~なるほどここがこうつながるのか!」となっていくんだけど、謎が多すぎて読み終わった後もなんかもやもやするような…。結局コンビニ強盗した理由ってなんだったのかな?私が読み飛ばしてしまったかな?最後のオチ、私は好きです。「だからこの会話で日比野はこういうリアクションだったのか!つまんないって意味じゃないのか!」って合点がいきました。
読了日:07月02日 著者:伊坂 幸太郎

読書メーター