ついにこの日が来てしまったか、という感じです…。

浅田真央が活躍し始めたころは、私は地元に戻って社会人になったころです。辛いときも浅田真央の演技や頑張りを見て「私も頑張ろう」と何度も励まされました。だからなんだが心にぽっかり穴が開いたようなそんな感じです。

光を求め歩き続ける
君の情熱がいつの日か
だれかにとっての光となるでしょう
だれかにとっての兆しとなるでしょう/光芒(B'z)

自分の結果を出すために努力するんだけど、その努力が、その情熱が、ここまで多くの人を突き動かせる人ってなかなかいないと思うんですよね。フィギュアスケートって、広いリンクにたった一人、多くの観客の前に出されて。どんなに不調でも、どんなに転んでも、誰も助けてくれないある意味酷なスポーツです。でもそれが魅力だったりします。転んでも転んでも、誰のせいにもせず、言い訳もせず、何度も立ち上がり光を求め歩き続けるその姿に世界中の人が魅了されたのかもしれませんね。技術とか得点だけじゃなく、もっと奥の深いところだと思います。

やっぱり一番印象に残っているのはソチオリンピックのフリーの演技です。夜中に起きて泣きながら見てました。世界中が感動して、みんなの心に深く刻まれた演技、これは金メダル以上のことだと思います。引退前にあの素晴らしい演技を見せてくれて本当にありがとう、と言いたいです。

浅田真央ちゃん、お疲れさまでした。