てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

浅田真央引退

ついにこの日が来てしまったか、という感じです…。

浅田真央が活躍し始めたころは、私は地元に戻って社会人になったころです。辛いときも浅田真央の演技や頑張りを見て「私も頑張ろう」と何度も励まされました。だからなんだが心にぽっかり穴が開いたようなそんな感じです。

光を求め歩き続ける
君の情熱がいつの日か
だれかにとっての光となるでしょう
だれかにとっての兆しとなるでしょう/光芒(B'z)

自分の結果を出すために努力するんだけど、その努力が、その情熱が、ここまで多くの人を突き動かせる人ってなかなかいないと思うんですよね。フィギュアスケートって、広いリンクにたった一人、多くの観客の前に出されて。どんなに不調でも、どんなに転んでも、誰も助けてくれないある意味酷なスポーツです。でもそれが魅力だったりします。転んでも転んでも、誰のせいにもせず、言い訳もせず、何度も立ち上がり光を求め歩き続けるその姿に世界中の人が魅了されたのかもしれませんね。技術とか得点だけじゃなく、もっと奥の深いところだと思います。

やっぱり一番印象に残っているのはソチオリンピックのフリーの演技です。夜中に起きて泣きながら見てました。世界中が感動して、みんなの心に深く刻まれた演技、これは金メダル以上のことだと思います。引退前にあの素晴らしい演技を見せてくれて本当にありがとう、と言いたいです。

浅田真央ちゃん、お疲れさまでした。

正しい やさしいであれ

エイプリルフールネタをずっと最新記事にしておくのもアレなんで、何か書きます(笑)。

今年はCoccoが20周年ということで、Mステに出たり、ラジオにも精力的に出演してます。いろいろ聞きましたが、私が一番面白かったのがマンボウやしろさんがラジオパーソナリティのTOKYO FMスカイロケットカンパニーという番組。

やしろさんがお笑いでデビューしたころ、Coccoさんもデビューで、歌っているのをたまたま見たらしいんですが、
や:「裸足で髪振り乱して、白いワンピースで胸とか見えちゃうんじゃないかって感じで。この人やばいんじゃないか!?って思いましたもん。」
C:「20歳までノーブラだったから。CDの特典のフォトブックにも乳首透けてるのもあるよ。」
と言って、その写真を見せようとするCocco。
促されるままやしろさんも見ようとするんだけど
や:「……ちょっと待って。これ、本人目の前にして見ていいのか?
C:「あっはははは!大丈夫!かわいいよ♪
や:「いやっ!無理無理無理!!」
C:「かわいい奴だな

っていうやり取りが面白くて一人で爆笑してました(笑)。

で、やしろさんが本当にCoccoさんの大ファンみたいで、活動中止前の武道館ライブでのMCを完コピできるぐらいのファンで。企画をすっ飛ばしていろいろ熱く語っていました。やしろさんは「ジュゴンの見える丘」が好きで、「正しい やさしいであれ」という言葉、この二つだけを持っていればいいんだ、といつも心にとどめているそうです。

そこで、改めてこの言葉を考えてみると、すごくシンプルな言葉なんだけど、とても深いなぁって思ったんです。「正しい」と「やさしい」の二つを同時に叶えるのって実はすごく難しいことなんですよね。

ジュゴンの見える丘のCDにはこんな言葉が書いてあります。

日本における約70%以上の米軍基地を抱え今なお揺れ続ける島、沖縄。
でも「YES」か「NO」かを問われるのは残酷だということを知ってほしい。
ただ「I LOVE YOU」のために。
世界よ、正しいやさしいであれ


米軍基地がなくなることが仮に「正しい」ことだとしても、それは「やさしい」なのだろうか。誰かを傷つけることになるのではないか。こういうことって沖縄の米軍基地問題だけじゃなく、誰もがあると思うんです。正しいことをしたり、正しいことを言うと誰かを傷つけてしまうということ。

でも、やしろさんのように「この二つだけでいいんだ」という考えもあるんですよね。「アレが足りない」「何になれない」と、いろんなことを求めて悩んでしまうけど、「正しい」「やさしい」だけでいいんだ、と。私もこの二つだけは忘れずに生きていきたいと思います。

B'z解散

人気ロックバンドB'zが解散することを本日事務所が発表した。

解散の理由について関係者は、
松本は稲葉に対して相当不満が溜まっていたことを語った。
解散が決定的となった事件が起きたのはリハーサル中であった。
稲葉が鉛筆を落とし、それを見ていたにもかかわらず拾わないことに
松本は「拾えよ!」と激怒。
その事件がきっかけで解散に至ったという。

そのほかにも松本は
「稲葉が影絵で遊んでいるせいで撮影が押した」
「また雨か…。稲葉がいなければ晴れるのに」
など、スタッフに稲葉への愚痴を漏らしていたという。

一方稲葉は
「解散なんて絶対嫌だ!You're my heroだ!!」
と泣きながら解散に反対したが、最後は松本の意見に押される形となった。

記者会見や解散ライブなどを行うかについては現在のところ未定とのこと。

そして本日は4月1日です。



続きを読む

AISHI-AISARE

久々のブログ更新です。特別忙しかったわけではありません。稲葉さん、松本さん両方ともチケットが取れなかったので拗ねてました。

そんな中で買いました。「CHUBBY GROOVE」。

CHUBBY GROOVE(初回限定盤)(DVD付)
INABA / SALAS
バーミリオンレコード
2017-01-18



ここを読んでる方で「買おうかな~どうしようかな~」と思っている方がいるかどうか分かりませんが、もし迷っている方がいたら、これはiTunesとかではなく是非CDで購入していただきたいです。歌詞カードを読みながら聴くとまたさらに楽しめるアルバムです。「SAYONARA RIVER」の「雄風」とかね。英語かと思いきや実は日本語だったっているのも面白いです。あと「WABISABI」も私の中では結構センセーショナルな歌詞です。「詫びて」と「身から出た錆」で「WABISABI」かぁ~。それに「詫びて詫びてさ頭下げて じっと耐えるしかない 身から出た錆…」なんて言葉を、こんな内容を歌詞にすることがすごいなぁと思いました。聞いてるかー!?狩野英孝ー!!

今のところ「AISHI-AISARE」が私の中ではお気に入りかな。こういう跳ねた歌い方って稲葉さんは合わないと思ってたけど、また新しい稲葉さんの歌声に出会えたなという感じです。特に「自分勝手ならごめんなさい」の歌い方が好きです。「自分勝手な/ら」という区切り方がなんか良いです。ありがとう、サラス。歌詞では、一番インパクトがあったのがこのフレーズです。

春の陽のように優しい
夏の雨のように優しい
秋の予感のように優しい
ゆずれない感触


これ、「あれ?冬は?」って思いますよね。稲葉さん、絶対、敢えて不完全にしてると思うんですよ。敢えて空白を作ることによって、聴き手側にその空白を埋めさせてる気がします。この計算の仕方が、しかもサラスから細かい注文を受けながらの(笑)コレは巧妙だなって思いました。

なんで冬はないんだろう?っていろいろ考えちゃいますよね。「取り戻したい」と言ってるんだから、今は「君」はいないってことですよね。だから春、夏、秋と一緒にいたけど、冬にはいなくなってしまったのかな~なんて想像してます。

痛いほどわかってるんだよ
何が1番悲しいのか


というフレーズも好き。「わかったんだよ」じゃなく「わかってるんだよ」っていう現在進行形なのがすごく切ない。こういう細かいところが絶妙なんだよな~。

もっと聴き込みたいと思います。

はぁ…。ライブ行きたい…。

Sensation LIVE Image 〜Axis〜 in 目黒Blues Alley

Sensationライブに行ってきました。

B'zのライブではエレキギターを持ちながらアコギを弾いて、目をハートにして松本さんを見つめてる大賀さんの演奏を一度間近で見てみたいとずっと思っていました。Route109でも大賀さんは何回かゲストに出ていて、それに行きたいと思っていたんですがどうもスケジュールが合わなくて叶いませんでした。が、Sensationのライブでようやく叶いました。もちろん、大賀さんだけじゃなくメンバー全員かっこいい演奏でした。

このあと、一応隠しておきますが、曲に関しては一切レポしてません。やっぱりインストの曲を私のつたない文章では説明できないので。MC中心です。しかも意味不明だと思います。私の覚書みたいな感じです。それでもいいという方はつづきをどうぞ。







続きを読む

Route109 Vol.7 in 横浜 1st Stage -その2-

その1からのつづきです。
あの人登場です。


続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ