てるてるBo'z

B'z、doaが大好き。お絵描きも大好きです。

「今日は社畜祭りだぞ!」に寄稿した話&ブラック企業のその後の話

少し前ですが、ヒトデさんのブログ「今日は社畜祭りだぞ!」に寄稿させていただきました。

↓これが私の記事です
退職を申請した時点で有休が消滅!? ブラック企業を退職するときに揉めた話

もしよければ読んでみてください。

寄稿したきっかけなんですが、ヒトデさんのブログは好きでよく読んでいたんですが、その記事の中に「今日は社畜祭りだぞ!」というサイトを始めた、とありました。社畜祭りとは、会社で過酷で理不尽な労働をさせられた人たちの体験談、それに対する対処法などを記事にしたサイトです。ブラック企業で働いている人はもちろん、転職活動中の人も勉強になるサイトです。

体験談…どうしよう。超いいネタあるんですけど。

ブラック企業体験記
↑これは私がブラック企業を退社した直後に、憎しみの趣くままに書き連ねた記事です。これをもとに記事が書けるかも…と思っていたんですが、寄稿なんてしたことないし、どうしよう…と逡巡しておりました。けれど、実際寄稿したブロガーさんの話を読むと難しい知識は必要なく、修正などもヒトデさんが優しく教えてくれるとのこと。そこでヒトデさんにメールを送ってみました。ブログのリンクを貼って「このブログの記事をもとに書こうと思っています。こういう話を中心に書きたいです。」と。するとヒトデさんから返信が。「なかなかのクソ会社ですね(笑)」とお墨付き(?)をいただき、寄稿させていただくことになりました。

書き出してみると再び憎しみが込み上げてきて、予定文字数の倍以上書いてしまったんですが(笑)ヒトデさんがうまくまとめてくださいました。本当にありがとうございました。

嫌な体験って隠したいとか忘れたいと思っていたけど、それよりも活かした方が面白いなって思いました。人生に無駄なことなんてない、いや、無駄にしない生き方をすると人生楽しいような気がします。だからそういう体験がある方はこちらに寄稿してみるのもいいと思いますよ。謝礼ももらえるし。


さて、私がいたブラック企業。現在どうなっているのか、たまたま知る機会がありました。
私が在籍していた時、従業員は30人ほどいました。
私が退職して約1年半たった現在の従業員数は…









8人だそうです。

たった1年半で8人にまで減ってしまったそうです。
なぜこんなことになったかと言うと。
このブラック企業にはA社という取引先がありました。ブラック企業の主な収入源はこのA社から得た利益でした。ところがこのA社、他の会社に買収され下請けが必要なくなり、ブラック企業との契約は打ち切られたのです。そこで社長らはA社に関わる業務を行っていたパート社員を全員解雇。正社員は残しましたが、自ら退職を願い出た社員もいたようです。

A社の業務はなくなりましたが、他の業務は鬼のようにあります。技術者も専門外の事務作業(データ入力、電話対応)をやらされ、事務員も重い製品の梱包をやらされ。専門外の業務なのでできない、時間がかかる。そうなるとクレームになる。けど逃げ道がない。フォローがない。そんな状態で精神的に追い詰められ、さらに社員は辞めていき、結果8人が残ったようです。そんな状態で逆によく8人残ってるなって気もしますが…。

今改めて思います。
本当に辞めてよかった。
あのままズルズル残ってしまったら危うく地獄を見るところだった…。

寄稿した記事にも書きましたが、ブラック企業には辛い仕事を乗り越えた先に明るい未来への希望はありません。ブラック企業は、「これぐらいの業務量なら人員は〇人。だから仕事の単価は×円で交渉」という計算ができていないから従業員は毎日残業、休みがない、有給がとれない、となっていると思うんです。とどのつまり、経営者として無能です。そんな人がどうして会社が大きくできようか。

ブラック企業に勤めているみなさん。そこに頑張って耐えて働いても、そこの会社は将来きっとこんなことになってしまいます。突然解雇となってしまうかもしれません。だから精神を壊す前に辞めましょう。

どうかブラック企業がこの世からいなくなりますように…。

【ネタバレ】doa "3WAY STREET" 2017 in 茨城!!

ついにdoaが茨城に来ました!3WAY STREETが始まった6年前からずっとずっと待っておりました!ここからネタバレしてますので、ネタバレだめな人は見ないでね。











続きを読む

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 B'z出演決定

B'zがーー!!



茨城にーーー!!




23年ぶりにーーー!!





来ーーーるーーー!!!





うぉぉおおお!!
祭りじゃ!!赤飯じゃ!!



ル~ルル~♪
ラ~ララ~イ♪
謎の鼻歌が止まらない~♪


フェスとは言え、B'zが茨城に来るのは23年ぶりですよ?
23年前と言ったら稲葉さんが20代よ?
23年と言ったら、赤ちゃんだった子が大卒で社会人になってる歳月よ?
そりゃテンションも上がるでしょ!
ツアーで茨城に来るよりもロッキンフェスに来る方が絶対あり得ないと思ってた。

公式サイトのカウントダウン方式で発表するニュース、第一弾のライジングサンのときは、正直「…ふ、ふ~ん…」って拍子抜けだったんです。あれだけ期待をあおってフェス出演ってそれほどでも、と思っていました。

でも、今ならわかるわ。
そう。ようやく気付いたの。



地元のフェスに好きなアーティストが来てくれるって超うれしいーー!!


カウントダウン方式で発表してくれると嬉しいね。


ただ、これだけテンション上がって
チケット取れなかったらどうしようΣ( ̄ロ ̄lll)

私はイナサラも、TAKダニエルも、In Your Townも落選してるから、せめてこのロッキンだけは当選したいです。いや、むしろIn Your Townとかどうでもいいかも。だって私にとってのIn My Townはココ(茨城)だから!

ロッキンのチケット、無事に取れますように…。
あと、もし可能であればIn Your Townも取れますように(笑)。

大田紳一郎 Acoustic Live “I am a singin' man” 2017

image

行ってきました、Singin' man!やっぱり大田さんってかわいいな~って思えたライブです楽しかった!
ここから私の覚書みたいなものです。レポとは呼べません。曲順もMCの順番もめちゃくちゃですが、なんかこんなこと喋ったな~みたいな感じで書きました。1st ステージです。

終わらないYesterday
o:こんばんは!
客:…こんばんは??(現在午後3時半)
o:…あ。こんにちは、ですね…(早速間違える)

o:昨日発表になったんですよね?Singin' man's the bandwagonという、今度は僕のソロのバンドでのライブの日程が決まりました。今回記念日が2回入っているんですね。7月14日、この日はdoaのデビュー記念日で。doaのデビュー日なのに僕のソロのライブをやっていいのかって感じなんですけど。あと、8月2日僕の誕生日、パンツの日にやりますので、みなさんもパンツを履いて来てください。僕の区切りの年になるんですよ。ね~…38歳になるんです。…なんかいつも38、38って言ってたらこの前ニュースで60なん歳の人が自称38歳と言って、悪いことして捕まってましたよね。だからもう言うのやめようかなって思ってるんですけど。

o:doa初のライブDVDが発売されます。なぜ今まで出さなかったのかわかりませんが。ちなみにブルーレイはないそうです。VHSもないです。

o:3WAY STREETの日程も決まりました。鹿児島、福岡って。鹿児島は1日しかいられないのか~って。で、そのあとすぐ茨城、千葉、と。スケジュールもスマホで入れてるんですよ。
客:えー!?
o:それ見ると、うわ~ここ中一日しか空いてないのか~って分かるんですよね。
それと、僕もLINEを始めたんですよ。

客:えー!?
o:でもスタンプはまだ買ってないから使えないんですけど。いろんな人に送って。でもdoaのメンバーにはまだ教えていない、という。3WAY STREETが始まる前までには教えたいと思っています。

o:doaの曲をセルフカバーしたいと思います。「真冬の冬」…違う(笑)真冬の冬じゃおかしいですね。「真冬の花」です(笑)。

真冬の花

o:ゴールデンウイークはみなさん、どこかに出かけるんですか?
客:ここ、ここ(笑)
o:あ、ここに出かけたんですね。…なんか徳永君、あの人渋滞につかまってましたね。真庭市ってところに行くみたいなんですけど…まにわわない(間に合わない)んじゃないの?

o:僕は東横線MY LOVEで、ちょうどこの学芸大学駅に住んでいたんですよ。こことは反対側の西口側の商店街の方だったんですけど。窓開けると隣のマンションの窓が目の前で、お互い窓を開けると簡単に飛び移れるぐらい近かったんです。で、そのお隣は家族で住んでいたんですけど、どうやら熱狂的な巨人ファンで。
客:よかったじゃん。
o:僕以上にうわーーー!!って絶叫してましたね。昨日は菅野投手がいい記録出しましたね。…ね。(小さい声で)みんな興味ないですよね。
学芸大に7年、祐天寺に4年住んで、そのあと大阪に引っ越して。アート引越センターで。いや、サカイだ。7年前に代官山でI am singin' manライブやって、そのときに「東横線MY LOVE」という曲をやったので、今回もそれやろうと思ったんですけど。…どんなメロディだったっけ?って(笑)。なんか思い出そうとすると「(AMEMIYAの)冷やし中華~始めました~」になっちゃう。スタッフの人にそのときのライブとかリハの音源とか残ってない?って聞いたんですけど、ないみたいで。

客:えー!?
o:あ。毎回こういう音源って録ってると思った?違うんですよ~。ないんです。だから今回こんな感じだったかな~?って。歌詞は残ってたから新たな歌詞を追加して、「東横線MY LOVE2017」として歌いたいと思います。

東横線MY LOVE2017
マイナーコードの、ほんと「冷やし中華始めました」と同じようなコードでしたが、7年前のはメジャーコードのもっと明るい感じだった気がするんですが、どうだったかな?「学芸大学7年、祐天寺4年住んでて(だったっけ?)レコーディングで終電逃したときは六本木から頑張って歩いた。けれどだいたい中目黒でバテてラーメン屋さんに入ってラーメン食べて。次の日胃がもたれた」みたいな内容でした。

o:稲葉さんのソロツアーを徳永君と一緒に参加して、そのときの曲を久々にやりたいと思います。やっぱりこの曲歌ってみると高いですね。でも一生懸命練習してきたのでがんばります。聴いてください。

I AM YOUR BABY

どの曲をやろうかなって考えた時、一回しか歌ったことがない曲があって。徳島のビアガーデンで僕と徳永君と一緒にやったライブ。お酒飲んで、浴衣着て。そこで歌った曲です。

LOVE LOVE LOVE

o:ここからゲストの方をお呼びしたいと思います。なおけんバンドのお二人です。どうぞ!
なおけんバンドの二人が登場するとき「笑っていいとも」のテレホンショッキングのジングルが流れる。
o:…髪切った?(タモリさん風に)
岩水:…え、あ、はい(笑)
o:登場するときのジングルがね
藤田:ジングルベル?
o:「ジングル」。「ベル」いらない(笑)
藤田君とはもう30年ぐらいからの仲、親友です。藤田君は普段はサラリーマンの仕事しながらこういうバンドもやってるんだよね?僕がまだB'zともZARDとも仕事をする前に、ギターとコーラスの仕事をさせていただいたのが藤田君だったんです。

藤:あ!そうだったの?いや~それじゃあお仕事にだいぶ貢献したね(笑)。
o:その頃はまだギターもいいやつ持ってなくて、藤田君のギターをお借りしました(笑)。

o:で、(岩水さんの方を向いて)実は今日初めて会ったんですけど。
岩:そうなんですよ、実は。いや~むっちゃ緊張してます、はい。
o:今は台湾の方で活躍してるんだよね?
岩:いや、まぁ。そうなんです。最初はみんな僕にめっちゃお金かけてデビューさせてくれたんですけど、全く売れず、それならもう台湾になら仕事があるって言うから台湾に行って。そこでなんとか…
o:台湾で人気が出た?
岩:いや、人気って言ってもちょこ~っと!ほんとにちょ~っとだけ、まぁ、はい。

岩:最初僕がラジオのホストで、こっち(藤田さん)は隔週のパーソナリティー。
o:ホストだったら客じゃないの?
藤:…うん、まぁ客で(笑)。そこで出会って、じゃあちょっと組んでみない?ってバンドを組んでみました。

Standard
初めて聴いたんですが、すごくいい曲でした。歌詞も「だからスタンダードなのか!そういう意味か!」みたいな感じがすごく好きです。

藤:この曲の上をハモるってなかなか新鮮ですね。
岩:上の上をいってる。
藤:もともと主線の上をメインで歌ってもらって、元のメロディを僕が下でハモるみたいな形なんですよ。だから上の上!
岩:上の上!
o:あ、そうなんだ!

o:曲作りってどんな風にやってるの?
岩:3パターンあって。まず、どっちかが作詞作曲したものを持ち寄るパターン。2つ目が作詞か作曲か、どっちかをしてあとは相手に曲か詞を任せるパターン。
藤:3パターン?3つ目って何?
岩:3つ目は、行き詰ってどうにもならないことあるじゃないですか。そのどうにもならない曲を相手に投げるパターン。「あとよろしく」って。だいたいその3パターンでアルバムできてますね。

岩:僕が小さい頃三重に引っ越して、そのとき生まれて初めてトンビを見たんです。その時の衝撃と、僕が失恋したときの衝撃が、同じぐらいだったんです。そこを繋げて歌詞にしました。この曲はみなさんも一緒に歌ってください。サビは簡単に歌えるところなんで。まず僕が歌いますね。♪Oh~yeah~oh yeah~チキチキチキチキ、はいっ!
客:♪Oh yeah~oh yeah~チキチキチキチキ(笑)
岩:(ゆったりとした口調で)トンビが、虫を、捕まえるとき、「チキチキチキチキ」って鳴くんです。

トンビ

o:ここからもう一人のゲスト、鶴屋君にも来てもらいたいと思います。どうぞ!
鶴屋君、「ツルヤ屋」と書かれた画用紙を持って登場。
鶴:それでは、本日水曜日のトピックスはこちら!
o:いや~僕、もうそろそろこのネタ飽きてきてるんですけど。
藤:何?彼、いじめられてるの?大丈夫!?(笑)
o:鶴屋君がツアー中に髪を坊主にしてきたことがあって。そのとき誰かに似てるな~って。あ!宮根誠司に似てる!って思ったらツボにはまっちゃって。その日はドラムの方見れなかった。
鶴:…さみしかったです。
o:そこから僕の宮根誠司いじりが始まりました。

o:なおけんバンドと何か一緒にできる曲ないかな~って考えてメールでやり取りしてたんですけど。そこで思いついたのがザ・タイマーズって知ってる?
客:???
o:あ。じゃあ「デイ・ドリーム・ビリーバー」は知ってる?あのセブンイレブンの曲。この曲改めて歌詞を読むと切ない歌詞なんですね。
岩:これ、忌野清志郎さんのお母さんのことを書いた歌詞らしいですよ。忌野さんは3歳の時にお母さんが亡くなられて、写真を見ながらいろいろ想像したり思い出しながら書いたみたいです。
o:あ~そうなんだ。そう思いながら聴くと余計に…でもしんみりじゃなくて明るく聴いてくださいね(笑)。

デイ・ドリーム・ビリーバー
家に帰ってから改めて歌詞を読んでみたら、確かに切ないです。明るいメロディだから気づかなかったです。そう聴くといい曲だな~って好きになりました。

ここからなおけんバンドの二人は一旦はける。

最高の日々

君が好きだと叫びたい

酔っぱライアー

アコースティックバージョンも雰囲気が違ってかっこよかった。

o:次で最後の曲になります。
客:えー!?
o:次はセブンイレブン…じゃない!コンビニマドンナです。(←天然?)

コンビニマドンナ
鶴屋君の「ドンナ!ドンナ!」が可愛かった。

-ENCORE-
アンコールでなおけんバンドを呼ぶ。藤田さんが大田さんの後ろを通るとき、大田さんの肩をもみもみしながら入ってきました(笑)。
o:今回、告知があるんですよね。
岩:はい。台湾凱旋ライブということで、原宿のミュージックレストラン、ミュージックを食べるわけじゃないですよ?ミュージックを聞きながら食べれるレストランでライブをします。これがびっくりするほど余っていて。一人何席も使えるくらい余裕があります。
藤:川崎球場みたい。o:いや、みんなわかんないから(笑)

o:藤田君は僕と同じペースで飲める友達ですから。
藤:そうなんですよ。僕が「今日こっちのほう来たんで一緒に飲みませんか?」って誘うと絶対来てくれるんですよ。別に暇なわけじゃないですよ?忙しいはずなのに必ず来てくれる律儀な方なんです。お互い「今日は抑えておこう」って言いながら飲むときもあるんですよね。
o:そうそう。今日は抑えておこうって言って結局飲んじゃう。

Stand by me

曲が終わってみんなあいさつ。最後大田さんが残って手を振りながら去ろうとするとき、マイクにぶつかってしまう。一生懸命マイクを直して、直し終わると
o:チキチキチキチキ…
と言って去っていきました(笑)。

浅田真央引退

ついにこの日が来てしまったか、という感じです…。

浅田真央が活躍し始めたころは、私は地元に戻って社会人になったころです。辛いときも浅田真央の演技や頑張りを見て「私も頑張ろう」と何度も励まされました。だからなんだが心にぽっかり穴が開いたようなそんな感じです。

光を求め歩き続ける
君の情熱がいつの日か
だれかにとっての光となるでしょう
だれかにとっての兆しとなるでしょう/光芒(B'z)

自分の結果を出すために努力するんだけど、その努力が、その情熱が、ここまで多くの人を突き動かせる人ってなかなかいないと思うんですよね。フィギュアスケートって、広いリンクにたった一人、多くの観客の前に出されて。どんなに不調でも、どんなに転んでも、誰も助けてくれないある意味酷なスポーツです。でもそれが魅力だったりします。転んでも転んでも、誰のせいにもせず、言い訳もせず、何度も立ち上がり光を求め歩き続けるその姿に世界中の人が魅了されたのかもしれませんね。技術とか得点だけじゃなく、もっと奥の深いところだと思います。

やっぱり一番印象に残っているのはソチオリンピックのフリーの演技です。夜中に起きて泣きながら見てました。世界中が感動して、みんなの心に深く刻まれた演技、これは金メダル以上のことだと思います。引退前にあの素晴らしい演技を見せてくれて本当にありがとう、と言いたいです。

浅田真央ちゃん、お疲れさまでした。

正しい やさしいであれ

エイプリルフールネタをずっと最新記事にしておくのもアレなんで、何か書きます(笑)。

今年はCoccoが20周年ということで、Mステに出たり、ラジオにも精力的に出演してます。いろいろ聞きましたが、私が一番面白かったのがマンボウやしろさんがラジオパーソナリティのTOKYO FMスカイロケットカンパニーという番組。

やしろさんがお笑いでデビューしたころ、Coccoさんもデビューで、歌っているのをたまたま見たらしいんですが、
や:「裸足で髪振り乱して、白いワンピースで胸とか見えちゃうんじゃないかって感じで。この人やばいんじゃないか!?って思いましたもん。」
C:「20歳までノーブラだったから。CDの特典のフォトブックにも乳首透けてるのもあるよ。」
と言って、その写真を見せようとするCocco。
促されるままやしろさんも見ようとするんだけど
や:「……ちょっと待って。これ、本人目の前にして見ていいのか?
C:「あっはははは!大丈夫!かわいいよ♪
や:「いやっ!無理無理無理!!」
C:「かわいい奴だな

っていうやり取りが面白くて一人で爆笑してました(笑)。

で、やしろさんが本当にCoccoさんの大ファンみたいで、活動中止前の武道館ライブでのMCを完コピできるぐらいのファンで。企画をすっ飛ばしていろいろ熱く語っていました。やしろさんは「ジュゴンの見える丘」が好きで、「正しい やさしいであれ」という言葉、この二つだけを持っていればいいんだ、といつも心にとどめているそうです。

そこで、改めてこの言葉を考えてみると、すごくシンプルな言葉なんだけど、とても深いなぁって思ったんです。「正しい」と「やさしい」の二つを同時に叶えるのって実はすごく難しいことなんですよね。

ジュゴンの見える丘のCDにはこんな言葉が書いてあります。

日本における約70%以上の米軍基地を抱え今なお揺れ続ける島、沖縄。
でも「YES」か「NO」かを問われるのは残酷だということを知ってほしい。
ただ「I LOVE YOU」のために。
世界よ、正しいやさしいであれ


米軍基地がなくなることが仮に「正しい」ことだとしても、それは「やさしい」なのだろうか。誰かを傷つけることになるのではないか。こういうことって沖縄の米軍基地問題だけじゃなく、誰もがあると思うんです。正しいことをしたり、正しいことを言うと誰かを傷つけてしまうということ。

でも、やしろさんのように「この二つだけでいいんだ」という考えもあるんですよね。「アレが足りない」「何になれない」と、いろんなことを求めて悩んでしまうけど、「正しい」「やさしい」だけでいいんだ、と。私もこの二つだけは忘れずに生きていきたいと思います。
もう一つブログを作りました。よろしければそちらもご覧ください。
てるてる坊主の反撃
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

amazon
もったいない本舗
A8.net
  • ライブドアブログ